真理との邂逅 高級霊のメッセージ    無限なる愛と無限なる叡智をあなたへ

永遠の愛の奇跡の言葉をあなたへ。親愛なる友よ、静穏の中、心奥の心の声で【霊読】御読みください。わたしが今あなたたちにしているこの話はあなたたちの心をあらゆる生命の本源に一層近づけつつあるのである。 十二話70   人は幾度も幾度も人によって傷つけられ、自分自身の愚行によって十字架につけられて始めて彼は、神の分霊を通してすべてのものが「大いなる一体」であることに開眼する。十四 話 34  

第七話 101~110 わたしが始めから父と一体であるように、あなたたちも父に於いてわたしと一体であるとの悟りによって、あなたたちはあなたたち自身の最高の富に入る。

                                   

                                    奇跡の言葉 

                                         心身の神癒

                                             第七話 109

 

 

いかなる分断もないことを悟らなければならない。

 

何処にも分離というもののないことを悟らなければならないーー

 

これが全能なる真理である。

 

これが天上天下の権能をわたしに与えてくれる真理である。

 

それはまたあなたたちにも同じ権能を与えるであろう。

 

 

 

  

101

 

誠にわたしはあなたたちに告げるが、上より生まれない限り神の国を見ることはできないのである。

 

102

霊より生まれる者は霊であるからである。生まれ乍らにして有する生命こそ真実かつ唯一の力である。

 

103

わたしが始めから父と一体であるように、あなたたちも父に於いてわたしと一体であるとの悟りによって、あなたたちはあなたたち自身の最高の富に入る。

 

104

このことを理解するのは、肉の感官がさまたげとなって、困難であろう。しかし「わたしは真理である。あなたたちが心を開くならば、わたしの思念伝達(テレパシー)による思念が、あなたちの意識を「無始なるもの」の世界へ高めるであろう。無始なるものは久遠に存続するものでなければならない。従って神にみ霊、あなたたちの中に在ます父のみ霊は久遠にして常在である。

 

105

この真理を認め知れば、あなたたちの視野は拡がり、もはや断絶という(誤った考え)はなくなり、制約はなくなる。そのような制約は融け去り、後には神がそのみ心の中に抱いておられるままの完全無欠なるあなたたちが残るだけである。

 

106

あなたたちの裡なる神我は、昨日も、今日も、そして永遠に同じである。あなたたちの中でわたしが語り、あなたたちを通して、わたしの思いを書きしるし、わたしの計画が、目的が実現しうるように、黙って待つがよい。

 

107

種々様々の教義に押し流されることなく、わたしの言葉をあなたたちの魂の中に揺曳させるがよい。そうすれば生命が感奮し、神の久遠なる子が奮起するのを感ずるであろう。

 

                   感奮=心に強く感じて奮起すること。

             奮起=ふるいたつこと。勇気をふるいおこすこと。               

        

               

108

もしもお互いに別々の存在だと思って暮すならば完全には父中生きることはできない。

 

109

いかなる分断もないことを悟らなければならない。何処にも分離というもののないことを悟らなければならないーーこれが全能なる真理である。これが天上天下の権能をわたしに与えてくれる真理である。それはまたあなたたちにも同じ権能を与えるであろう。

 

110

愛深き父よ、わたしは貴人と一体なるが故に、わたしは貴人によって生み出され、貴人の英知と貴人の愛と貴人の力とを生まれ乍らにして有つ貴人の子であることを知っています。この遺産を貴人は御自身のいたく喜び給う愛ぐし子としてわたしにお与えになられました。

 

 

 

 

                 心身の神癒 : 主、再び語り給う                                                                                       

                              M.マグドナルド・ベイン著 ; 仲里誠吉訳                                                                                                                                     

                                                霞ケ関書房, 1972   

 

 

 

 備考、

 揺曳=ようえい

① ゆらゆらとたなびくこと

 

 

奇跡を超えている、としか言いようがない・・・。

 あまりのバイブレイションに涙さえ流すのは私だけだろうか・・・。

                                                                                                

                                                                                                 蒼氓。

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain