真理との邂逅 高級霊のメッセージ    無限なる愛と無限なる叡智をあなたへ

汝、汝自身を知れ、知れば。吾は神なり(全ては神)。

第二話 101~第三話26

 

101

われわれは到る処でわれられの媒体をみつけては、今此処でしているように、秘められた方法で世界到る処で真理を説いている。それも物質界だけでなく、自分の存在の本性をまだ認識していない者のいる内界(霊界)においても又説いているのである。

 

102

わたしはあなたたち丈ではなく、あなたたちの俗眼では見えない人たちにも語っているのである。彼等が真理を会得した時、彼等は前途に待ち設けている栄光に向かって邁進するであろう。彼等はその意識が更により高き状態に高まりゆくにつれて自分がもはや地縛の存在ではなく、自分が心の中で勝手に造り出していた束縛より放たれ、無礙、自在であることに気付くであろう。わたしの言葉を受け容れるがよい。そうすればあなたたちも又無礙・自在となる。

 

103

あなたたちの胸(ハート)を、神と全人類とに対する愛で満たしつづけるがよい。そうすれば、わたしは多くのことをあなたたちに教えよう。

 

104

わたしはもともと単純であり、到達し易い(存在)であるから、たとえわたしの語る事が全部は解らないにしても、わたしの語ることをよく聞き、それに波調を合わして待つがよい。

 

105

すべての人が神について教えられるであろう、と予言書の中に書かれている。故に父なる神について聞いたことのある者、学んだことのある者はすべてわたしの許に来るがよい。

 

106

光り闇の中に輝きてあれ、と命じ給うた父なる神が、わたしの胸(ハート)の中に輝き給い、光りと神の栄光についての悟りとを与え給う。

 

 

第三話

キリストは汝の裡なる生命なり

 

 

1  神我の及ぶ処、それは広大である。それは遠く又近くに及ぶ。偏在するからであるいずちにある、父なる神のいます処わたしも又そこにいる。いずこにあるわたしのいる処、父なる神常にわたしとともにおわします。

2 全能なる神のみがおわします、それが全てである。存在するものにして神によざるものなく、又、その子、神我を経ざるものはない。これこそが大いなる真理である。

3  世界の平和は神我の中に宿っており、すべての人々の魂が神我なる生命に気づき、父なる神の愛と美と力と智と強さとを顕現することを待っている。

4  父なる神のみが生き給い、しかも神は愛であり、智であり、平和であり、唯一無二の実在であるというこの真理を認識し、把握することによって、それが自然と発露してそれ自身を顕現していくようにしさえするならば、あなたたち全員の裡には常に平安と霊とが変わることなく存在しつづけるであろう。

5 神我の力は、先ずそれに気づき、次にそのことを完全に把握し、静寂の時間を割いてその間に主たる汝の神の臨在を一層自覚するようになることによって、涵養される。

6  真理の把握とは、久遠の神が今、此処に実存し給うことを知ることである。『父なる神とわたしとは一つである』。父なる神はわたしより偉(すぐ)れて大きい、しかしわれわれは共に一体として働くのである。父なる神なくしてのわたしは何事をも為しえないが、父なる神と偕であれば、神の為し給うみ業はすべてわたしもそれを為すことができる。われわれは一体であるからである。

7  認識が先ず第一である。次に十分に把握をし、静寂の時間(複数)を置くようにすれば、わたしの力〔普遍なる神我の力〕があなたたち自身の意識の中で発達して行く。しかし意識は実は只ひとつあるのみであって、それが全宇宙にわたって具象化しつつあるのである。それが大生命自身の裡なる意識である。大生命がすべての形体(かたち)あるものを創造(つく)り給い、その形体の中に大生命がその栄光を意識的に顕現しうるようにし給うたのである。

8  大生命が大生命自身の意識の中に自己顕現することができるように人間の魂と体とを創造(つく)り給うたのである。このことを真に了得した時、あなたたちは神我(キリスト)の力を自分自身の生活の中に発動するようになる。

9  あなたたちは物質生活、商取引の生活から抜け出て、暫しのあいだ神の国に休らわねばならぬ。そして、常にあなたたちの生活の中に顕現しようとして待機している真の大生命と神我(キリスト)の力とを自分が着実に成長させかつ展開させつつあることを知るがよい。

10  神我(キリスト)がその儘顕現(ままあらわ)れ出ているという態度を持ち続け、その事が自分にとって意味するところのものをよく考え、ジッと沈黙したままで待つがよい。こういう生き方によって着実な成長が得られるのである。 

11  この状態は誰かが云うような「空白」状態でもなければ「空無」の状態でもない。又、意識が理解もしないうちにやみくもに認容することを強制されようとする際の緊張でもない。

12  あなたたちはこのような極端な生き方は避けなければならない。そして、自分と父なる神との間にはいかなる分離もあり得ないという正しい理解に満ちた静けさを、自分の胸の中に保ち続けることである。

13 胸(ハート)の中でこう云うがよい、「わたしの中に留まり給うのは父なる神である。この神こそがみ業を為し給いつつあるのである」と。これがあなたたちの個我意識を遍在している神意識に結びつけるのである。

14  あなたたちがわたしを認め、わたしの生命が久遠に活発として働いていることを認める時、わたしはわたしの神性を現す。わたしの生命の久遠なる特質を認めるのは、神我(キリスト)があなたたちの中で顕現しつつあるという事である。天上天下にこれ以上の大きな力はない。天上天下のあらゆる権能(ちから)がわたしに与えられているのである。これがわたしの本態であり、神の愛の現れである。わたしの生ける臨在が常に活気凛々(りん)としてあなたたちと偕にある以上、それがあなたたちにとってどういう事になるのかを胸(ハート)の中で考えるがよい。その事をよくよく了解することの中に栄光と平安とはある。

15 思い込んでいる者もあれば、まだ夢を見ているものもいる。しかしいづれは皆、生ける神があらゆるものの中に神御自身を永遠に顕現しつつある真理に目覚めるであろう。神の顕現は久遠であり、常在であり、あなたたちの裡なる神我として展開しつつある。

16 そういう風にして結果は、あなたたちや、あなたたちの接触する人々全部にとって極めて有益なものとなるであろう。なぜならば神我ーー裡なる神の力ーーは現れ出、すべての不調和は静かに融け去るからである。不調和なるものは、あなたたちがそれを信じ込まない限り、もはやあなたたちの上に力を及すことはなくなるからである。

17 あなたたちは、わたしを、あなたたちとは全く違ったものと心の中で考えている。聖書にある二千年前の歴史を読んで、あなたたちはわたしが過去の人物であると思っているが、しかしわたしは常にあなたたちと偕にるのである。各人一人々々の魂に同じ神のみ霊が宿っていることを銘記するがよい。わたしの父なる神の御意志を行う者が、わたしの母であり、姉妹であり、兄弟なのである。

18 わたしの中に生きてい給い、あなたたちの中に生きてい給うのは、同じ神のみ霊である。この真理を認容し了解することによってまた、同一の神我があなたたちの中に顕現する。なぜならあなたたちも又一切のものに対する主権を与えられているからである。わたしを信ずる者はわたい以上に大いなる事さえ為すであろう。

19 『神我』(*I am*)は最奥神霊意識である。神我の意識は神の意識であり、子の中に現れる父なる神である。

20 努めてこの真理を堅持することである。そうすればあなたたち一人々々の生活の中にこの真理の力が発揮されるであろう。あなたたちはすでに自覚しているのである。現に生きているのである。この事を自覚するがよい。かくして、あなたたちの生き方があなたたち一人々々の人生における最も支配的で最も重要な要因なのである。

21あなたたちは自分が久遠に生きるものであること、自分が生命そのものであること、大生命から離れては生きえないこと、を今迄に考えたことがあるだろうか。あなたたちの意識は大生命が肉体の中に自己顕現する媒体なのである。肉体も又大生命を離れては生きることはできない。意識は大生命それ自身の中にあり、裡にあって指図する力である。『わたしは生命である』 。

22この力は個我を通して現れる。従って外部のエネルギーはすべて障害であることを知るがよい。神我は常に活動しており、決して静止することはない。神我は常に内から働いている創造エネルギーであり、常に活動している沈黙であり、常にみ業を為し給う父である。静かに神我に待けば、神我の息は、無音の中に、秩序正しい働きによってあなたたちの肉体のあらゆる分子を更新する。

23わたしの教えは『吾は生命なり』である。あなたたちとわたしとは、神のおん前においては同じである。神のみ霊がわたしを造り、神の全能の力がわたしに宿ってい給う、そしてここの同じ神のみ霊があなたたちの中に留まってい給うのである。

24わたしは全人類を他所にして、自だけが神性であると宣言するために来たのではなく、わたしは全人類の中にあり、全人類はわたしの中にあること、わたしの言葉をよく理解することによって、あらゆる人々が神我こそ人類の救い主であることを主張するようになることを示すために来たのである。

25神の分霊がわれわれ各人の中における生ける神の臨在である。即ち、神が神御自身を現わしつつあるのである。それ以外にはあり得ない、なぜならば神のみが独在すからである。太初にそうであったように神のみが生きい給うのであり、また未来永劫に神のみが生き給うのである。神我は分離しているのではない。神我はあなたたちの中に、そして又わたしの中に等しく臨在している。神我とは御自身を表現し給う生ける神である。わたしが『吾は命なり』という所以がここに存するのである。父なる神は御自身の中に生命を持ち給い、その子が同じ神の生命をその子自身の中に持つことを許し給う。

26私は神の子であるから、わたしが知っている神の創造計画の中に、一定の地位を占め、かつ又それをわたしは自覚する。この創造の過程において求めたものはそれに対応する地位を占める。何故ならわたしは自分一切のものに主権を有っていることを証明したからである。あなたたちも又わたしを信じ、わたしの言葉に基いて行動をするならば、わたしと同様にその事を証明しうるであろう。