真理との邂逅 高級霊のメッセージ

親愛なる友よ、 シルバーバーチは言う。 いかなる分野の仕事にたずさわっていても同じことです。人に役立つことをするチャンスは決して見逃してはなりません。                                                                                           歩み入る者に、霊的真理を、去り行く人に幸せを、住まう者に霊性の進化を。   蒼氓。

(霊能者がタバコを吸いすぎたりアルコールを飲みすぎたり、そのほか生活面で真 理に忠実ではなく品行に問題がある場合は、それが霊能にも悪い影響を及ぼすか)

(霊能者がタバコを吸いすぎたりアルコールを飲みすぎたり、そのほか生活面で真 理に忠実ではなく品行に問題がある場合は、それが霊能にも悪い影響を及ぼすか)

 

もちろんです。

 

いかなる霊媒能力、とくに精神的霊能について言えることは、

その 霊能者の質が高ければ高いほど通信の内容も質が高いということです。

身体と精神 の質を落とすようなことは霊にとっても同じ影響が及びます。

忘れてならないのは、

身体と精神と霊とは一体関係にあることです。

緊密な相互関 係があり、絶えずエネルギーや感情が行き交じっております。

霊の世界と物質の世 界は実は一つの実在の二つの側面なのであり、お互いに影響し合っております。

両 者は融合し合っていて、はっきりとした境界線というものはないのです。

そのことを理解なされば、

物的身体に悪いものは霊的身体にも悪く、

精神に良くな いものは霊にとっても良くなく、

したがって霊の宮(からだ)を汚すようなことは 必ずその持ち主を通過して届けられる通信の質を汚すことになることがお分かりに なると思います。

理想を言えば完全であるに越したことはありません。

そうすれば完全な通信が得ら れることでしょう。

が、所詮、私たちが扱っているのは物質の世界に住む人間味た っぷりの道具です。

アルコールもタバコもほどほどにたしなむのであれば大した害 にはなりません。 ただし、霊能者は常に理想を目指していなければなりません。

                                                                                                    

                                                                                

                                                                                        (霊訓9 P235-6)

 

****************************************************************************************************

参考

 

色心不二 

 

今日は、仏教の話から始めましょう。 「色心不二」とは、「しきしんふに」と読みます。  

「色」とは、仏教独特の用語の使い方で、 物質や肉体のことを意味します。  

この教えは、肉体と心は、二つにして二つではなく、 一体のものであるということです。  

たとえば、心が病めば、やがて肉体にも影響が出てきますし、 怪我で肉体が痛めば、心にも影響が出てきます。

このように、肉体と心(魂)は相互に影響する存在であるということです。

 最初に、巨大な魂がありました。 その魂が分裂を繰り返していき、やがて人間レベルの魂ができてきたのです。  

次は、その魂の入れ物、つまり肉体をどうするかという問題がありました。

最初から、人間のように均整の取れた美しい肉体を作ることは困難でした。

しかも、多くの惑星では、最初の頃、生命が生きるには、過酷な環境だったのです。  そこで、過酷な環境でも生きられる生命体、 つまり動物に近い肉体を魂の入れ物としたのです。 こうして、肉体の形は動物に近いけれど、高い知性を持った生命体が誕生し、 やがて、文明が高度に発達し、科学技術も最高水準のものとなりました。

 しかし、ここに、大きな問題が発生していくことになるのです。 それは、いくら高貴な魂でも、やはり肉体から影響を受けるのです。

ましてや、動物の肉体を使ったとなると、 動物的な属性が魂の方に移ってきてしまうのです。 よく言えば、高い戦闘能力や行動力、 悪く言えば、無慈悲な残忍性というものが、魂に移ってきたのです。

つまり、肉体と魂は、「色心不二」だからです。  肉体とは、魂の入れ物です。 本来の目的は、肉体というものを使って、 さらに魂の輝きを増やすことだったのです。  しかしながら、本来の目的を忘れ、 「肉体による文明」を高度化する方向に行ってしまったのです。  

これは、地球の話ではなく、別の惑星の話です。 しかし、地球の人たちにとっても、教訓となる話です。  

宇宙においても、キリスト教は、必要です。 「敵を愛しなさい」とまで言ったイエスキリストの教えが、 科学技術と残忍性の強い高度文明を変えていくでしょう。

「あなたがたも聞いているとおり、 『隣人を愛し、敵を憎め』と命じられている。  しかし、わたしは言っておく。 敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。

あなたがたの天の父の子となるためである。  父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、 正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからである。

 自分を愛してくれる人を愛したところで、 あなたがたに、どんな報いがあろうか。  あなたがたの天の父が完全であられるように、 あなたがたも完全な者となりなさい。」

 

****************************************************************************************************

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

*