真理との邂逅 高級霊のメッセージ

親愛なる友よ、 シルバーバーチは言う。 いかなる分野の仕事にたずさわっていても同じことです。人に役立つことをするチャンスは決して見逃してはなりません。                                                                                           歩み入る者に、霊的真理を、去り行く人に幸せを、住まう者に霊性の進化を。   蒼氓。

「地上で死を悼んでいる時、こちらの世界ではそれを祝っていると思ってください。あなたがたにとっては〝お見送り〟であっても、私たちにとっては〝お迎え〟なのです」

 

その日の交霊会の終りに、最近一人娘を失ったばかりの母親からの手紙が読み上げられた。

 

その手紙の主要部分だけを紹介すると───  

 

〝私は十九歳のひとり娘を亡くしてしまいました。私も夫も諦めようにも諦めきれない気持ちです。

 

私たちにとってその娘が全てだったのです。

 

私たちはシルバーバーチの霊言を読みました。

 

シルバーバーチ霊はいつでも困った人を救ってくださるとおっしゃっています。

 

(肢体不自由だった)娘は十九年間一度も歩くことなく、酷しい地上人生を送りました。

 

その娘が霊界でぶじ向上しているかどうか、

 

シルバーバーチ霊からのメッセージがいただけないものでしょうか。

 

地上で苦しんだだけ、それだけあちらでは報われるのでしょうか。

 

私は悲しみに打ちひしがれ、途方に暮れた毎日を生きております。  

 

これを聞いたシルバーバーチは次のように語った。  

 

「その方にこう伝えてあげてください。

 

神は無限なる愛であり、この全宇宙における出来ごとの一つとして神のご存知でないものはありません。

 

すべての苦しみは魂に影響を及ぼして自動的に報いをもたらし、そうすることによって宇宙のより高い、より深い、より奥行きのある、側面についての理解を深めさせます。

 

娘さんもその理解力を得て、地上では得られなかった美しさと豊かさをいま目の前にされて、これからそれを味わって行かれることでしょう。  

 

また、こうも伝えてあげてください。

 

ご両親は大きなものを失われたかもしれませんが、

娘さん自身は大きなものを手にされています。

 

お二人の嘆きも悲しみも悼みも娘さんのためではなく

 

実はご自身のためでしかないのです。

 

ご本人は苦しみから解放されたのです。

 

死が鳥かごの入り口を開け、鳥を解き放ち、自由に羽ばたかせたことを理解なされば、嘆き悲しむことが少しも本人のためにならないことを知って涙を流されることもなくなるでしょう。

 

やがて時が来ればお二人も死が有難い解放者であることを理解され、娘さんの方もそのうち、死によって消えることのない愛に満ちた、輝ける存在となっていることを証明してあげることができるようになることでしょう」  

 

こう述べてから、次の言葉でその日の交霊会を結んだ。  

 

「地上で死を悼んでいる時、こちらの世界ではそれを祝っていると思ってください。あなたがたにとっては〝お見送り〟であっても、私たちにとっては〝お迎え〟なのです」

 

              

 

                   シルバーバーチの霊訓(六)  近藤千雄訳

 

                                       

****************************************************************************************************

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

 

 

知識は大切な財産です。なぜならば、生きるための、知恵が生まれるからです。判断力が生まれるからです。 silver birch(6)

 

 

お金は盗まれることがあっても知識は絶対に盗まれません。叡智も盗まれません。そうした貴重な真理は一端身についたら永遠にあなたのものとなります。

                           silver birch(2)

 

 

                                        

手にした霊的知識という杖が困難に際して支えになってくれます。その杖にすがることです霊的知識という杖です。それを失っては進化の旅は続けられません。

 

                           silver birch(6)

 

 

 

知識は、愛であり、光である。そして無限の想像力の源泉である。              

                                                                                                  ( ヘレン・ケラー

                                                                                                                                   

 

学べば学ぶほど、私は何にも知らないことがわかる。自分が無知であると知れば知るほど、私はより一層学びたくなる。                                                                              

                               (A.Einstcin.)        

 

 

**************************************************************************************************** 

 

備考、

 

ごらんのように、知識は大切な財産です。まず、知ることからはじまるのです。     

 

                                                                       蒼氓。

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

霊界での暮らしこそが我々にとって真の生活

生活

霊界での暮らしこそが我々にとって真の生活で、地上と同じように(といってもレベル・美質の点で段違いだが)家や庭園で暮らし、海や山などの大自然、動物や小鳥が存在する。

なぜなら元々こちらこそが実在の世界だからである(その感度はまるで違う)。

昼と夜の区別は無く、永遠の光に包まれている。上層階へ進歩するほど、目の当たりにする光景は、躍動的。触れた人の精神を高揚させる。仕事はあるが、地上と違って生きる為に働くのではなく、自分がやりたい仕事に携わる(いずれも奉仕に繋がる。職種は無限である)。

各々様々な理由で地上時代に才能を発揮できなかった者は、霊界の住民として存分に才能を発揮し、全体の豊かさの向上に寄付している。地上にある全ての物の複製品が霊界にも用意されている。芸術の全分野の資料が集められた巨大建造物が幾つも建っており、地上の複製品と霊界の名作を鑑賞できるという。コンサートや劇場は頻繁に開かれていて、その出来映えは地上のそれを遥かに凌駕する。霊界の人々は思念で通じ合えるため言語上の問題は発生しない。霊界には無限の種類の楽しみがある。

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

知は力なり

知は力なり

        『ルーミー詩撰』 メヴラーナ ジャラールッディーン・ルーミー

 

 

知は力なり 

 

1 知識こそは、ソロモンの王国へ通ずる鍵である。

世界は肉体であり、知識はその精神である。

 

 

2 世界という器を、知識という水が満たしている。

 

知識の探求とは、何たる美徳であろうか。

この美徳を捨て去らぬ限り、

海に棲むものも山に棲むものも地に棲むものも、 探求者の前には全て無力となる。

 

知識ある者の前に、獅子も豹も畏れて伏せる。

大河をわがものとする鰐が震える。

妖精も悪魔も、知識ある者を見れば怯えて、

それぞれの隠れ処へと逃げ去って行く。

 

世界には、未だ明かされていない数多くの知識がある。

秘された知識は、敵ともなれば味方ともなる。

隠されたものの中には、良いものもあれば悪いものもある。

隠されたそれらは、絶え間なく心めがけて吐息を吹きかける。

 

3 天使の霊感と悪魔の誘惑とが、ありとあらゆる方角からやって来る。

 

知識を体得する者とは、注意深く学び続ける者である。

感覚の全てを研ぎ澄ませて待て。

 

それは肉体の感覚を超えたところからやって来る。

 

捨て去るべきものを捨て去り、選び取るべきものを選び取れる、

もうひとつの感覚が育つのを、用心深く待て。

 

 ****************************************************************************************************

 

1. 『精神的マスナヴィー』1-1030.

2. 世界とは、その存在理由に被せられたヴェイルである。世界の本質はそれを支配する神的知識にある。肉体を支配し、動かし、生かしているのが実は精神であるのと同様である。この知識に達する力を、人間は潜在的に持っているのである。ソロモン王はジン(妖魔)、獣、鳥たちを自在に操ったが、彼が保持したとされる力の指輪とは、知識と、知識を学び取る人間の能力の象徴であると言える。

3. モスレムの信仰に従えば、心( qalb )とは常に悪魔と天使とがせめぎ合う眼には見えない戦場である。

 

*****************************************************************************************************

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

心配・不安・恐怖 明日のことを思い煩うな!

心配・不安・恐怖 (明日のことを思い煩うな)  

 

(霊界の先祖や肉親から守られるために)  

 

あなたが愛し、あなたを愛してくれた人々は、決してあなたを見捨てることはありません。

いわば愛情の届く距離を半径とした円の範囲内で常にあなたを見守っています。

時には近くもなり、時には遠くもなりましょう。

が決して去ってしまうことはありません。

その人たちの念があなたがたを動かしています。

必要な時は強く作用することもありますが、反対にあなたがたが恐怖や悩み、心配等の念で壁をこしらえてしまい、外部から近づけなくしていることがあります。

悲しみに涙を流せば、その涙が霊まで遠く流してしまいます。

穏やかな心、やすらかな気持、希望と信念と自信に満ちた明るい雰囲気に包まれている時は、そこにきっと多くの霊が寄ってまいります。

私たち霊界の者は出来るだけ人間との接触を求めて近づこうとするのですが、どれだけ接近できるかは、その人間の雰囲気、成長の度合、進化の程度にかかっています。

霊的なものに一切反応しない人間とは接触できません。

霊的自覚、悟り、ないしは霊的活気のある人とはすぐに接触がとれ、一体関係が保てます。そういう人はスピリチェアリストばかりとは限りません。

知識としてスピリチュアリズムのことを知らなくても、霊的なことを理解できる人であればそれでいいのです。

宗教の違い、民族の違い、主義主張の違い、そんなものはどうでもよろしい。

冷静で、穏やかで、明るい心を保つことです。それが霊界の愛する人々、先祖霊、高級霊からの援助を得る唯一の道です。

恐れ、悩み、心配、こうした念がいちばんいけません。

 

        『古代霊は語る』(近藤千雄訳編)潮文社、     p.251-252

 

 

 

  (明日のことを思い煩ってはいけない)  

 

明日のことを思い煩ってはいけません。大切なのは今日です。あなたのなすべきことに能力の限りを尽くしなさい。最善を尽くす―私たちはこれ以上のことは要求しません。

 

    『シルバー・バーチの霊訓 (12)』(近藤千雄訳編)     p144  

 

 

  (落胆や絶望の陰湿な感情は背後霊にとって厄介な障害となる)  

いつも明るく楽天的で愉快な気分を忘れないようにしてください。うなだれてはいけません。背後霊にとって最も働きかけやすい雰囲気は、陰うつさや落胆や絶望感の無い状態です。そうした陰湿な感情はあなたのオーラを包み込み、背後霊にとって厄介な障害となります。     

 

    『シルバー・バーチの霊訓 (12)』(近藤千雄訳編)     p149

  

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

物的なものはいずれ朽ち果てる

(物的なものはいずれ朽ち果てる)  

 

私にできることは永遠・不変の宇宙の原理・原則を指摘することだけです。

地上世界のことがすべて探求しつくされ、説明しつくされ、理解されつくしたあとに、なおかつ誰一人として完全に究めることも説明することもできない永遠の摂理があります。

それは構想においても適用性においても無限です。人間のすべてが、日々決断を迫られる問題に直面した時に、自分が霊的存在であること、大切なのは物的なもの----それはそれなりに存在意義はあっても----ではなくて、それがあなたの本性、永遠の霊的本性に与える霊的な意義であることを自覚することができるようになれば、どれだけ素晴らしいことでしょう。  

物的なものはいずれ朽ち果て、元のチリに帰ります。

野心、欲望、富の蓄積、こうしたものは何の役にも立ちません。

 

所詮はあなた方も霊的存在なのです。真の富はその本性に宿されているものだけであって、それ以上ではありえませんし、それ以下でもありえません。

そのことを生涯を通じて悟っていかなくてはいけません。

それを悟ったとき、あなたは真の自分を見出したことになり、自分を見出したということは神を見出したということになり、そうなった時のあなたこそ真の意味での賢者と言えるのです。  

私の目には、あれこれと”大事なこと″があって毎日あっちへ走りこっちへ走りして、忙しく暮しながらその実 “いちばん大事なこと″を見落し、なおざりにしているために、心が絶望的でヤケになっている大ぜいの人々の姿が見えます。このあたりに私どもが説く教えの核心があるのですが、お判りになりますか。その人たちが日々の生活の中に生きるよろこび---神の子として当然味わうべき充足感を見出してくれるようにと願って霊界から舞い戻ってくるそもそもの目的がそこにあることが判っていただけるでしょうか。  それはいわゆる宗教、教会、信条、教義といったものより大切です。人類を分裂させ戦争と混沌と騒乱の原因となってきた、その類のもののいずれにもまして大切です。

 

が、

 

それは自分という存在についての(霊的存在であるという)いたって単純な事実にすぎないのです。なのに、それを悟っているのはごく僅かな人たちだけで、大多数の人は知らずにおります。    

              

                『シルバー・バーチの霊訓(4)』(近藤千雄訳)    

                                          p94-96

 

***************************************

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

人間の善や悪の道徳性の根源はどこにあるのですか。

道徳的、知的能力

 

人間の善や悪の道徳性の根源はどこにあるのですか。

 

「それは、本人に宿った霊のもっている道徳性、それが根源である。その霊が清浄であればある程、その人間は善人の性質を示す」

 

 -では、善人には善霊が宿り、悪人は悪霊が宿ったのも、そう考えてよろしいですか。

 

「その通り。但し、悪霊と言わずに、未完成の霊と言った方がよい。でなければ、いわゆる悪魔のような、永久に悪に留まる霊がいるように受取れるから」

 

 軽薄で愚かな霊が宿ると、どういう人間になりますか。

 

「とんまで気まぐれで、時にはいたずらをする」

 

 霊には、人間性とは違った何か別の情がありますか。

 

「そんなものはない。もしあれば人間と通信しようと思わないだろう」

 

 本人の道徳性と知性、この二つは一つの霊から出るのですか。

 

「それはそのとおり、人間に二つの霊が宿ることはない」

 

 非常に知的で、相当進歩した霊が宿っているように思えるのに、道徳的には非常に劣っていることがあります。なぜこういうことがあるのですか。

 

「人間に受肉する霊は、未だ十分に浄化したわけでないから、そういうことがある。従って人間は自分よりもっと悪い霊の影響にすぐ負けてしまう。

霊の進歩は一歩一歩である、しかし、

 

その進歩はすべての面で同じ歩調で進むわけではない。ある時期には知性の面が、また他の時期には道徳面が進歩する」

 

 人間の知的能力及び道徳的能力は自己内に受肉している色々な霊の所産であって、各霊はそれぞれの資質を代表しているという説がありますが、どう考えたらよろしいですか。

 

「これが荒唐無稽の説であることは、ちょっと反省してみれば直ぐ明らかとなる。霊はいずれも可能なすべての資質がもてることになっている。しかし、進歩の為には、単一にして統一的な意志をもたねばならない。もし人間が色々な霊の混成物なら、この統一性は存在しないだろうし、また個性をもつこともあるまい。即ち、人間が死んだら、籠から逃げる小鳥のように、霊は四方へ飛び散ってしまうだろうから。人は何か理解できぬことがあるとぶつくさ言うが、実に巧妙に、目の前にある簡単明瞭な説明には目もくれず、わざわざ問題を難しい方へもっていってしまう。上記の質問は、諸君がよくやる、結果と原因を取り違えたものだ。異教徒が神について考えていることを、人間に適用したものだ。異教徒達は、宇宙に在る現象と同じ数だけの神があると思い込んでいる。しかし、彼等の中にさえ鋭い人間がいて、宇宙現象の中には、結果は無数にあっても、原因は一なる神と見ている者もおる」

 

                                           

                                                         霊の書上 10章地上への再生

                     道徳的・知的能力

                        361~366

***************************************

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain