真理との邂逅 高級霊のメッセージ

親愛なる友よ、 これまで多くの人達が人間は神の家の外にいるのであって、その中に入るには何か或る特別のことをしなければならない、と貴方達を信じ込ませてきた。貴方達は既に神の家の中に居るのである。   有り難き、吾神なり。 真理に戸は立てられません、リンクフリーです。

「雨ニモマケズ」は実在していた

 

「 現代の雨ニモマケズ

 

 

見返リナド考エズ

「ノルマ」デモ

義務デモナク

支エテクレタ

人の温カサニ感謝

恩返シデキル人ニ

ワタシワナリタイ

 

 

 

                                                                            尾畑春夫

****************************************************************************************************

 

最高の教えを実践している

 

霊界からの情報をしきりに求めながら、それを他人のために使わない人に、私たち霊はうんざりさせられます。

そういう人は、霊が言ったことなら何でも “高級な教え” として有難がります。 が、一人一人が魂の成長とともに、神の法則を理解していくのですから、教えそのものに高級も低級もありません。

もし、その人たちが自分が得た知識を活かして、地上をより良い世界、つまり食べ物に飢える人も喉を渇かす人もなく、神の光がふんだんに降り注ぐ家に住めるように何かをすれば、それこそ最高の教えを実践していることになるでしょう。

 

                                                                         シルバーバーチ霊訓4

  

 

 

*****************************************************************************************************

 

雨にも負けず 風にも負けず 

雪にも夏の暑さにも負けぬ

丈夫な体をもち 

欲はなく 決して怒らず いつも静かに笑ている 一日玄米四合と 味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを 自分を勘定にいれず よく見聞きし解り

そして忘れず 

野原の松の林の蔭の ちいさな藁葺きの小屋にいて 

東に病気の子供あらば 行って看病してやり

西に疲れた母あれば 行ってその稲の束を負い 

南に死にそうな人あらば行って怖がらなくて言いといい 

北に喧嘩や訴訟があればつまらないからやめろといい

日照りの時は涙を流し 寒さの夏はおろおろ歩き

みんなにデクノボウと呼ばれ 褒められもせず 

苦にもされず そうゆうものに私はなりたい。

 

 

                        宮沢賢治

 

**********************************************************************************************

 雨ニモマケズ」は実在していた 斉藤宗次郎 

**********************************************************************************************

 

1977年、斉藤宗次郎は岩手県花巻の禅宗の寺の三男として生まれました。彼はやがて小学校の先生となり、一時、国粋主義に傾くのですが、やがてふとしたきっかけで、聖書を読むようになりました。1900年、彼は洗礼を受けてクリスチャンなりました。

花巻で第一号のクリスチャです。しかし、これはキリスト教がまだ「阿蘇教」「国賊」などと呼ばれて、人々から激しい迫害を受けている時代のことです。

洗礼を受けたその日から、彼に対する迫害が強くなりました。町を歩いていると「ヤソ、ヤソ」とあざけられ、何度も石を投げられました。それでも彼は神を信じた喜びにあふれて、信仰を貫いていました。しかし、いわれのない中傷が相次ぎ、ついに彼は小学校の教職を辞めなければならないはめになってしまいます。また迫害は彼にだけにとどまらず、家庭にまで及んでいきました。長女の愛子ちゃんはある日、国粋主義思想が高まる中、ヤソの子供と言われて腹を蹴られ、腹膜炎を起こしてしまいます。数か月後、彼女はわずか九歳という若さで天国に帰って行きました。

葬儀の席上、讃美歌が歌われ、天国の希望のなか平安に彼女を見送りましたが、愛する子をこのようないわれなきことで失った斉藤宗次郎の心情は、察するに余りあります。彼はその後、新聞配達をして生計をたてるようになります。

朝三時に起き汽車が着くたびに何度も駅に新聞を取りに行き、雨の日も風の日も、大風呂敷を背負って駆け足で配達するという生活でした。新聞配達が終わった後に宮沢賢治が勤めていた花巻農学校に立ち寄り、賢治と話し合うようになりました。

斉藤宗次郎の新聞配達の方法はとても変わっていました。重い新聞紙を抱え、十歩進んでは神を賛美するという調子でした。ポケットにはあめ玉をたくさん入れていて、子供たちに会うとあめ玉をあげる。病気の人がいると、その病床まで行って慰め、小銭を置いてまた配達に戻る。そのようにして花巻の町全体を毎日走り回ったのです。

宗次郎と賢治は一緒にクラッシク音楽を聴いたり、文学の話をする密接な関係でした。宗次郎のこのような生き方が賢治の目にはどのように映っていたのでしょうか?

 

やがて1926年(大正15年)、宗次郎は住み慣れた故郷花巻を離れ、東京に移る日がやって来ました。

だれも見送りに来てくれないだろう」と思って駅に行きました。

ところが、そこには名残を惜しむ見送りの町の人々があふれていたのです。お寺の大勢の和尚さんや学校の先生たちも来ていました。昔は迫害した人々も今はすっかり尊敬と親愛の情に満ちた顔で見送りに来てくれたのです。

宗次郎がふだんからしてくれていたことを、彼らは見ていたのです。そして感謝を表しに来ていたのです。

身動きできないほどの多くの人々が集まったのです。

見送る人々の中に、宮沢賢治の姿もありました。宗次郎が東京に着いてから最初に手紙をくれたのは賢治でした。

その5年後賢治は「雨ニモマケズ」の詩を手帳に書きましたこの詩は「みんなにでくのぼうと呼ばれ、ほめられもせず苦にもされず。 そういう者に私はなりたい」という言葉で締めくくられています。

宮沢賢治は、斉藤宗次郎という人の生き方に接し、深い共感を覚えてこの詩を書いたのではないでしょうか

 

 備考、

 斉藤宗次郎さんは、無教会主義の内村鑑三さんの一番弟子です。

   

                                 蒼氓。

*****************************************************************************************************

 メモ、 

賢治の、雨ニモマケズの最後の文章のそうゆうものに私はなりたい。

という、

そうゆうものとは人の為、人助けの為。(サービス)

褒められもせず苦にもされず、賞賛を求めない無私の愛

何処かの教えですね、理想の求道者。バーチの教えそのものです。

 

*****************************************************************************************************

 

ラベルには用心しなければなりません

 

ラベルには用心しなければなりません。 なぜなら、そのうちそのラベルに象徴されていた中身に代わって、そのラベルそのものが大切にされるようになり、ついにはラベルだけを崇拝し、真理を忘れてしまうからです。

大切なのは真理です。 ラベルはどうでもよろしい。

 

 

                                  シルバーバーチ霊訓3

  

  

 ラベルは関係ありません

                                         シルバーバーチ

 

 

 参考↓


 

 

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

 

 

 

 

 

「人は神」である

 

「人は神」である  

 

まあこういうわけで、人間とは霊です。言い換えると、人間というものは、肉体というのは、80年間の借り物なんです。そして人間の本体、人間そのものというのは霊なんです。永遠不滅なんです。永遠不滅ということは何かというと、永遠不滅なるものはこの世の中に一つだけございます。神様でございます。全知全能にして不滅なるものは神様でございます。それと同じように永遠不滅なるものが人間の霊なんです。我々の本体なんです。ということは、霊というものは神の分身だと、神から分かれたものだと、神の部分だと、神の火花だということなんです。こういうことが心霊研究でわかっています。   要するに、人間というものは肉体じゃなくて霊なんだ、霊は永遠不滅であって、神様から分かれたものだ、神様の部分なんだ。言い換えますと、皆さんは霊であって皆さんは神様なんです。80年で焼き捨てられてなくなるような、吹けば飛ぶようなものじゃなくて、厳然たる神の分け御霊なんです。光り輝く全知全能と同じ性質をもっているものが我々なんだ、ということが分かってきます。

 

 

******************************************************************************

 

 

人間は霊と肉体の二面性 

 

  さて、神の子供にしては、光ってもいないし、悪い事も大分するし、神の子っていうのは嘘じゃあないかと、誰しも思います。それもその筈です。この地上に生きている私たち人間は、神の子供である霊魂プラス肉体というわけです。肉体が霊にプラスされて一緒になっているわけですね。そして、肉体というのはご承知のとおり欲望を持っております。  生きるためには物を食べなくちゃいけない、物を使わなくちゃいけない。だから物欲というものがございます。食欲、物欲がございます。それから子供を作っていくために性欲もございます。この性欲と食欲という本能は動物も持っております。

いわゆる動物的な欲望を持ったのが肉体なんです。その肉体と、神の分け御霊である霊とが一緒になったものが人間なんです。  

だから現実の人間は、肉体の動物的な面が表に出てしまいますと、動物的なものになる面があります。また時々素晴らしい発明をしたり、良心のひらめきがあったり、英知がひらめいたりして神の片鱗もあるということですね。こういうわけで現実の生きている人間というのは、神の子と動物的な肉体との二面性、つまり神の性質(神性)と動物性の二面の姿を持ったものなんです。

 

 

 

                    宮澤賢治とでくのぼうの生き方 話

                                        桑原啓善 でくのぼう出版 1995年刊

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

 

「自分自身の中に神仏がいる」 「この世で起きることは偶然ではない」

 

 

「自分自身の中に神仏がいる」 「この世で起きることは偶然ではない」

 

◇故“政木和三”が語る「神仏」より 

 

・人間の中にいる生命体神仏

・肉体人間は朽ちるが生命体は永遠

・新たな肉体を得たときに以前の肉体の特徴が継承

・自分の神仏を発露するには複式呼吸がポイント

・「神はわが身自身の中にいる

人間性が素晴らしい人は神仏がわかるひと

・神仏がわかると脳波の周波数が下がる

生命体は過去に生きていた記憶をすべて思い出す

・現在文明は生命を物質として捉える西洋文明

・生命体にも程度レベルがある。

龍神界の生命体は程度が低いレベル。

・高いレベルの生命体は人間性が高いひとである

・神仏とは生きている肉体の中にあるだけ

・神仏とは世間で言う宗教ではない

真の神仏は物・金は要求しない

正教か、邪教かの判断は、金品要求するか否か

・真の神仏は世の中をタダ幸福にするだけ

・神仏は人間の願いは一切受けつけない

・合掌することで脳波が下がる

・合掌することで体の中をエネルギーがめぐる

・神仏が発露されると時空を越えて分かる

・人間は万物の霊長

・今の物理・科学を主にした考え方がレベル低い

・レベルが低い脳波はβ波が出ている

・何かが起きる、これは偶然ではない

・偶然だと認識する脳波はレベルガ低い

・何かが起きて”不可思議”と思うことは偶然とした

人間性が低いヒトは思うことが出来ない

・思うことが出来ないのを”不可思議”という

・”不可思議”=偶然とするのは思考停止をつくる

・脳波がθ波に変わると不可思議は無くなる

θ波の状態で物事を観ると全部当たり前になる

・脳波が下がり、無欲となって、  肉体の中にいる生命体(神仏)と  同調することで  驚異的な事実

・奇跡などをつくり出す。

・因果応報もキチット来ている(顕れる)

・お金を残しても命は帰らない

・自分の起こした原因で自分が不幸になる

・物事は必然的に起る

・レベルが低いと思議に到らずだから、偶然と思う

・人生には身の周りに必然的な事がいっぱい

・例:アトランティス語を通訳無しで意味が分かる***

・人間脳波が下がると皆、必然的になってくる

 

 

******************************************************************************

 

備考、動画あり。

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

 

 

 

 

神は我が身にあり

 

 

神は我が身にあり

 

 政木先生の講演会開催の時は、いろんな講演テーマを考え て、その都度先生にお願いしておりましたが、先生は口ぐせの ように、

 

「本当に皆さんにお伝えしたいのは、この“神は我が身 にあり”ということなんですよ」

と、おっしゃっておられました。

 

そ の頃はまだ、先生の真意が十分に理解できていなかったので すが、今思い返してみれば、神=我が身(第一生命体)だった ようです。

古神道の言霊的な解釈によれば、自分とは、みずか ら(自ら)<神なるものから>わかれた(分かれた)ものだそう です。

 

研究所には、先生に書いていただいた

 

他人に 倖せを与えれば我が身に神宿という色紙が 飾ってあります。

このメッセージから受ける印象 としては、神は外から来る感じですが、神をよく 知らない人を意識して、理解しやすい表現をさ れたもので、この場合、周りに幸せを与えれば、 人間に宿っている本心の心第一生命体が輝き出しますよ、 とおっしゃられたものと思います。

また、先生は目先の欲望を 捨てれば、生命体のエネルギーが前面に出てきて、不可能は なくなるといわれています。

この場合も、欲望(自我の心=自 分の力を捨てれば、生命体のエネルギー(本心の心=神の 力が出てきて、不可能はなくなると理解することができます。

 

 いずれにしても、先生が最も伝えたかったことは、

 

人間は神 そのものですよ(人間=第一生命体=本心の心)、

だから、早 く神の存在に気づいた方がいいですよ」ということではなかっ たかと思います。

これも政木先生ご自身の体験(無神論から有 神論になって、かつ神に頼らない)からのメッセージだと思いま す。以上の解釈は、少し独断的すぎるかとは思いますが、たた き台のつもりで、少し切り口を変えてトライしてみました。こんな 理解の仕方もあるかな?、といった感じでお読みいただきたいです。

 

 

 

 

 

政木和三 出典: フリー百科事典

ウィキペディアWikipedia)』

 

 

  政木 和三(まさき かずみ、1916年5月26日 - 2002年8月6日)は、日本の発明家、スピリチュアリストである。 彼は自身の発明したほとんどの特許を手放し、技術の無償提供を行った。

 

 

発明家としての面

彼は発明の能力に優れ、発明品の数は1000件以上にのぼる(物的証拠のあるもので1000あまり、それ以外を含むと3000件近いという)。発明した具体的なものには、自動炊飯器、自動ドア、歯科用ドリル、魚群探知機などがある[2]。 また、彼の技術によって、カラーテレビの低価格化が実現された[3]。 政木は自身の特許の多くを手放した。これにより社会的に技術革新が進んだ。なぜなら、彼の技術の公開が一般人や企業の新製品開発につながったからである。 彼は発明品を創るにあたり、一瞬で設計図が頭にひらめくことがあったという

 

 

スピリチュアリストとしての面

政木はスピリチュアルな体験、経験を数多くした。 発明の際の特定のインスピレーションもその一つである。また彼は、「人々が幸せになる発明をしなさい」という啓示的信号を受けた。 政木は後年、これら自身のスピリチュアルな経験や、真理が自然の中にあることなどを、講演活動で伝えた。

 

 

 

***************************************

 

参考、

 

 

神はあなたの中にいる 神は無限であり、広大な果てしのない存在です。

神はすべてを包み込む存在です。

神はあなたの中にいます。 あなたの周りにいます。

あなたは神の中で生活し、神の中に存在しています。

 

 

 

           ホワイト・イーグル 故郷に帰る道

 

 

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

地上は無知だらけです

地上は無知だらけです

人間は、身体と精神と魂の三位一体として創造されています。

その三つは分けることが出来ません。

置きかえることは出来ません。

それらが一体になって、一つの個性を作っているのです。

健康とは、その三つの協調であり規則的リズムであり一体関係です。

健康を得る方法は、それ以外にはありません。

薬でも医学でもありません。

それは一時しのぎの手段です。

地上は無知だらけです。

死を恐ろしい怪物のように思って避けようとします。

死を恐怖とともに迎えていますが、死も自然法則の一つです。

地上はトレーニングセンターです。

間違いなく訪れる、次のより大きい世界に備えて、教訓を学ぶ学校です。

 

 

                                              シルバーバーチ霊訓9

 

 

*******************************************************************

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

 

霊の世界と物質の世界は実は一つの実在の二つの側面なのであり、お互いに影響し合っております。

 

 

 次に嗜好品などについてです。

 

これらも肉類摂取と同様に、常用、執着、依存する (中毒)とアストラル体の振動数が下がるとされています。

 

下記にシルバーバーチの霊訓から「アルコール」「タバコ」「麻薬」がキーワード となっている箇所を抜粋します。

 

-------------------------------------------------------------------------------

 

強引にあの世へ追いやられた霊による憑依現象があります。地上の波長に近いため すぐに戻ってきて誰かに憑依しようとするのも確かに事実です。

憑依される人間は それなりの弱点をもっているとも言えます。もともとその人間に潜在的な弱点があ る、つまりれいによって身体と精神と霊の関係が調和を欠いているのです

 

邪霊をひ きつける何らかの条件があるということです。

アルコールの摂りすぎである場合も ありましょう。薬物中毒である場合もありましょう。

 

度を越した虚栄心、ないしは 利己心が要因となることもあります。

 

そうした要素が媒体となって、地上世界の欲 望を今一度満たしたがっている霊を引きつけます。

意識的に取り憑く霊もいますし 、無意識のうちに憑っている場合もあります。

 

                        

                  (霊訓6 P151-2)

 

 

困ったことに、麻薬類は地上と接した幽界の最下層の波長に合った心霊中枢を開か せるのです。それに感応してやってくる霊はその若者と同程度のもの、往々にして 地上で麻薬中毒あるいはアルコール中毒だった者で、その状態から一歩も脱出でき ずに、相変わらずその種の満足を求めているのです。

地縛状態から解放されていな いのです。

 

                          (霊訓8 P175-6)

 

 

 

(霊能者がタバコを吸いすぎたりアルコールを飲みすぎたり、そのほか生活面で真 理に忠実ではなく品行に問題がある場合は、それが霊能にも悪い影響を及ぼすか)

 

もちろんです。

 

いかなる霊媒能力、とくに精神的霊能について言えることは、その 霊能者の質が高ければ高いほど通信の内容も質が高いということです。

 

身体と精神 の質を落とすようなことは霊にとっても同じ影響が及びます。

忘れてならないのは、身体と精神と霊とは一体関係にあることです。

緊密な相互関 係があり、絶えずエネルギーや感情が行き交じっております。

 

💮霊の世界と物質の世 界は実は一つの実在の二つの側面なのであり、お互いに影響し合っております。両 者は融合し合っていて、はっきりとした境界線というものはないのです。

 

そのことを理解なされば、物的身体に悪いものは霊的身体にも悪く、精神に良くな いものは霊にとっても良くなく、したがって霊の宮(からだ)を汚すようなことは 必ずその持ち主を通過して届けられる通信の質を汚すことになることがお分かりに なると思います。

 

理想を言えば完全であるに越したことはありません。そうすれば完全な通信が得ら れることでしょう。が、所詮、私たちが扱っているのは物質の世界に住む人間味た っぷりの道具です。アルコールもタバコもほどほどにたしなむのであれば大した害 にはなりません。

ただし、霊能者は常に理想を目指していなければなりません。

 

                       

   

                    

                    (霊訓9 P235-6)

****************************************************************************** 

 

備考、

 

💮最高のものは、最高の状態から、生まれる。

    

💮 実際に自分の肉体が真昼の太陽よりも遥かに強烈に輝くほどの強力な神の純白光   線を放つようになる。

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

この世もあの世もひとつの世界

第1章 人間は、霊界の支配下にあった  

 

この世もあの世もひとつの世界  

 

この世とあの世は別々な世界ではなく、ふたつをひとつにした大きな世界という1枚のコインの表と裏にすぎない。

 

私の30年の体験は、この世もあの世もひとつの世界のなかの、それぞれの部分だということを教えてくれる。  

世間の人びとのなかには、「あの世なんて存在しない。世界とはこの世だけだ」と考えている人も少なくないが、それは世界の片側、つまりコインの片側しか見えない人の言い分にすぎない。  

人には誰にでも必ず善い霊と悪い霊がついていて、毎日の生活に大きな影響を与えている。そう言われても、人には霊からの影響は見えないからピンとこないに違いない。このような関係は、私には樹木の種子と樹木との関係とそっくりに思える。  

樹木には、大きく育っている樹木も、よく育たないで曲がっている樹木もある。樹木の場合は、それが誰の目にも見えるのですぐに気づく。しかし、その樹木のもとが種子だということは、たいていの人は忘れている。樹木として発芽したあとでは、種子は影も形もなくなってしまうからだ。だが、その種子の生命は樹木の中に流れ続け、樹木の成長を支配している。  

だから、より根本的で本質的なものは、その姿が目に見える樹木よりも、姿が見えない種子のほうなのだ。人びとの毎日の生活を深いところから支配している霊の影響は目に見えないが、それは樹木と種子の関係だと思えばよく理解できるだろう。   私は30年の体験から、本当は目に見えないものこそが世界の根本であり、私たちはそれによって運命づけられ、支配されているのだと断言できる。  

「死の技術」によって、ふたつの世界を同時に見続けてきた私には、実はふたつに見える世界もそれぞれひとつに結び合わされた「全体(全世界)」の一部であるということがよくわかる。このような世界をつくっているものが「天の理」と言うべき、世界創造の根本原理だということもわかる。  

ときに人びとは、幽霊とか死の知らせとか憑依といった、いわゆる心霊現象を体験する。しかし、ほとんどの場合、体験した人自身が、その正体を深く極めることができない。そのため、人びとは霊界のことには気がつかないのだ。その結果、背後から自分たちを動かしている「種子」の働きには気づけなくなっている。  

だが、このようになっている理由は、「天の理」のなせる配慮なのだ。つまり、「天の理」は、この世もあの世もひとつの世界の一部としてつくりながら、この世の人間にはあの世のことをわかりにくくしているのだ。

 

 

 

 

 

 

       エマニュエル・スウェデンボルグの 霊界 ―― Ⅱ

  

          人間は、霊界に支配されている

       E・スウェデンボルグ・著 今村光一・訳

           中央アート出版社 2000年刊

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain