真理との邂逅 高級霊のメッセージ    無限なる愛と無限なる叡智をあなたへ

永遠の愛の奇跡の言葉をあなたへ。親愛なる友よ、静穏の中、心奥の心の声で【霊読】御読みください。わたしが今あなたたちにしているこの話はあなたたちの心をあらゆる生命の本源に一層近づけつつあるのである。 十二話70   人は幾度も幾度も人によって傷つけられ、自分自身の愚行によって十字架につけられて始めて彼は、神の分霊を通してすべてのものが「大いなる一体」であることに開眼する。十四 話 34  

第六話 6~10 感官は物事を外側から示して見せるが、神のみ霊は真理を内側から啓示し給う。この真理を身につけていないと、人は無力である。

 

6

その本当の意味が解らなければ『吾、実在の中に在り』という言葉は出せない。”i am"

という言葉の意味が解って始めて、あなたたちは力の言葉を学び取ったことになるのである。『わたしは生命である』。神の生命がわたしの中で生き給うが故にわたしは生きている。生命は神であり、神は生命である。

 

7

故にわたしの霊はあなたたちの肉の身に生命を与え、感官という悪魔はあなたたちの(真我)に屈服するであろう。

 

 

8

自分の裡に宿り給うみ霊の内在力、という真理にあなたたちを盲目してきたのは、常にこの感官という悪魔であった。

 

9

感官は物事を外側から示して見せるが、神のみ霊は真理を内側から啓示し給う。この真理を身につけていないと、人は無力である。

 

10

肉の感官は物事を外から見るだけであり、しかも見たところのものの実相を知らない。ただ知能だけによって推理するのみである。それは霊感を受けない。もともと霊感は内部より来るものだからである。

 

 

              心身の神癒 : 主、再び語り給う                                             

                              M.マグドナルド・ベイン著 ; 仲里誠吉訳                                                                                   

                                                霞ケ関書房, 1972   

 

 

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain