真理との邂逅 高級霊のメッセージ    無限なる愛と無限なる叡智をあなたへ

永遠の愛の奇跡の言葉をあなたへ。親愛なる友よ、静穏の中、心奥の心の声で【霊読】御読みください。わたしが今あなたたちにしているこの話はあなたたちの心をあらゆる生命の本源に一層近づけつつあるのである。 十二話70   人は幾度も幾度も人によって傷つけられ、自分自身の愚行によって十字架につけられて始めて彼は、神の分霊を通してすべてのものが「大いなる一体」であることに開眼する。十四 話 34  

第二話 71~75

 

 

71

今宵わたしが懸っているこの人体は、現にあなたたちが見ているように青年の姿であり、顔貌は活力に満ち、肢体はあらゆる細胞を再生す力で満ちている。それは私の意識が今彼の意識と一つになっているからである。わたしが彼に懸っているこの瞬間、愛するこの同胞の意識はわたしのそれと全く一つなのである。実在においてわたしたちの間には何の分離もない。分離とは心の幻影である。

 

 

72

この広大なる真理の何と偉大なることか。この力をあなたたちが今受け容れるならばあなたたちの肉体はすべて生命で満たされるのである。それは、父なる神があなたたちの中にも又いますからである。

 

 

 

73

わたしの父なる神によって一切がわたしに託されている。父を除いては誰がその子であるのか、何人も知らない。又子を除いては誰がその父であるのか、更に又、誰にその子は父を明かすのか何人も知らない。

 

 

 

74

このような話はあなたたちには奇異とも思えようが、深く考えればその内なる意識が明らかとなるであろう。

 

 

 

75

父は子を知り、子は父を知る。子はまた自分が明かしたいと思う人々に父を明かすこともできる。子は父を知り、父は子を知るからである。

 

 

 

            心身の神癒 : 主、再び語り給う                                                        

                         M.マグドナルド・ベイン著 ; 仲里誠吉訳                                                                                                   

                                          霞ケ関書房, 1972   

 

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain