真理との邂逅 高級霊のメッセージ    無限なる愛と無限なる叡智をあなたへ

光輝く愛の奇跡の言葉をあなたへ。親愛なる友よ、静穏の中、心奥の心の声で【霊読】御読みください。 愛はあらゆる力ではあるが、謙譲である。愛は空虚な誇示をすることなく、その業蹟を誇ることもない。第十三話 94  たとえあらゆる智識を得、どんなことでも為しうる信仰を行じようと、胸(ハート)に愛がなければ、あなたたちのなすことは何らあなたたちの為にはならない。  第十三話 90               慈悲深い神は、こんな私でも真理の光をさずけて下さる。      蒼氓。      吾は神なり

神には善とか悪とかいうものはなく神は今の今完全無欠に現れてい給う。

 

72

 

わたしは愛によってこそ神の子なのである。故にあなたたちも愛によって神の息子、娘とならねばならない。それ以外の方法で真の神の息子、娘となることはできない。

 

73

あなたたちは生まれ乍らにして神の子女である、神の霊たる神我があなたたちの中にあるからである。キリストを理解し尽くた時あなたたちは自分自身がキリストであることを知る。その時目覚めた胸(ハート)を通して愛の大いなる流れが注がれる。このことはまだ目覚めない人間の魂には理解しえないことである。

 

74

あなたたちは自分達の物質感官世界で、善にも悪にも同じ力があるように見せかけてしまっている。しかし、これは人間的感覚による理屈づけであって実在の真理ではないのである。

 

75

神には善とか悪とかいうものはなく神は今の今完全無欠に現れてい給う。もしあなたたちが遍在し給う神が善であといい乍ら悪も又存在するというのであれば、あなたたちの理論は間違っているーー遍在する善の中にいかにして悪が存在しえようか。

 

 

76

考え違いが、悪の存在を信じ込ませるのである。理屈を立てずに、神の愛があなたたちを通して現れるに任せよ。そうすれば恐れを抱かしめるもの、真実の表現を妨げるものは本来の無となって解消し去るであろう。よく考えてみるがよい、そうすれば恐れと悪とが造り出されているのは実は自分の心の中であることが分かるであろう。なぜならばそれは遍在している神の中には存在しないし、又存在しえないかれである。

 

 

 

       心身の神癒 : 主、再び語り給う                                                                        

        M.マグドナルド・ベイン著 ; 仲里誠吉訳                                                                                                            

            霞ケ関書房, 1972   

 

 

 

*************************************** 

  参考、

 

 

かんかん【感官】 感覚器官。 「 -のはたらき」

 

 

 参考↓

 

 

 参考↓

 

 参考↓


 

 

 

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain