真理との邂逅 高級霊のメッセージ    無限なる愛と無限なる叡智をあなたへ

汝、汝自身を知れ、知れば。吾は神なり(全ては神)。

その知識は悟りにあらず  

 

その知識は悟りにあらず  

 

あなた方は、せめて一日の内に1時間でもいいですから、時間を決めて、瞑想をしてください。 せめて一日に1時間でも高い状態にいることができるのか、 あるいは10分でも、14、15分でもいいし、あなた方はその波動を 高める時間は、いくらでもあるのです。

「わたしは、忙しくて、瞑想する時間がないのです。」と、低い状態を 思う時間はあるのに、自分の波動を高める時間がないということは、 嘘になりますね。

瞑想ということは、その意識を高めるということなのです。  

その瞑想というものは何かと言いますと、

この念仏というものと、 瞑想というものは同じなのです。

仏を念ずることが、念仏なのです。 即ち、神を念ずることが瞑想なのです。

念仏と瞑想とは同じものです。

親鸞上人」が、その一例です。 皆様方は、日本の有名な「親鸞上人」は、知っていると思います。 親鸞上人は、非常に知識の高い、博識を持っていました。

彼の読んだ書物は、荷馬車の二合分もあったと言われています。  

一生懸命、勉強して、本を読みましたが、悟らなかったのです。 「悟らなかった。」

どんなに知識を得ても、悟るものではないということを、 彼は悟ったのです。

 

最終的になにを選ばれましたか。念仏を選んだのです。 「その知識は悟りにあらず」と言ったのは彼なのです。

 

 

 

                                                                                                    知花敏彦

*****************************************************************************************************

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain