真理との邂逅 高級霊のメッセージ    無限なる愛と無限なる叡智をあなたへ

永遠の愛の奇跡の言葉をあなたへ。親愛なる友よ、静穏の中、心奥の心の声で【霊読】御読みください。わたしが今あなたたちにしているこの話はあなたたちの心をあらゆる生命の本源に一層近づけつつあるのである。 十二話70   人は幾度も幾度も人によって傷つけられ、自分自身の愚行によって十字架につけられて始めて彼は、神の分霊を通してすべてのものが「大いなる一体」であることに開眼する。十四 話 34 聖なる想念は裡(うち)なる神我(キリスト)の上昇である。第十二話 1 

第八話 122~126

122

父なる神の行き方は完全である。生けるキリストを意識する魂は挙げられて、久遠常在の父と渾然一体となる。

 

123

渾然一体!真理は何と輝くばかりに美しくまた完全であることか、何と単純であることか、しかも又、時間と空間との中に住む者にとっては何と理解の困難なことか。

 

124

キリストが十字架より挙げられた時に救いの業は成就した、すなわち、全人類が父との一体の中に挙げられたのである。

 

125

神我は神の子である。このキリストは人類全体を生動させているみ霊であり、神のにすがたに造られた。地上最高の神の被造物であるあなたたちに生命を与えているみ霊である。

 

126

み霊が肉の体をご自身に着けられたのである、み霊は、久遠なる力の、かの永恒不変の状態の中に完全に住み給いながら、御自身に感官という悪魔を装われたのである。

 

 

 

 

                心身の神癒 : 主、再び語り給う                                                                                                                                          

                           M.マグドナルド・ベイン著 ; 仲里誠吉訳                                                                                                                                                                                                                   

                                           霞ケ関書房, 1972   

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain