真理との邂逅 高級霊のメッセージ    無限なる愛と無限なる叡智をあなたへ

永遠の愛の奇跡の言葉をあなたへ。親愛なる友よ、静穏の中、心奥の心の声で【霊読】御読みください。 もはや遥かなる神なるものを説く者達に聴くことをやめよ、吾が裡なるみ霊に耳を傾けよ、そこにこそ真理は宿る。 第九話 43 無智なる者は生命なきものを崇拝め、賢明なる者は神の中に生きる。 第十一話 28      愛こそは唯一の実在にして常在である。然らばこの「常在なるもの」は一切の条件に制約されない永遠そのものであることを悟得するがよい。 第一話 77

神は愛であり、愛は神である。

 

心身の神癒より 

第一話

 

1①神は愛であり、愛は神である。しかしそのことが何であるかを知っている者はいない、ただわれわれだけがそれが実在であることを知っている。あなたたちは恐らくそれについていろいろと理論を立てて来たであろう。ー しかし、そのようなことは決してしてはならないのである。外部からの種々様々な意見に染まることなく、真理自体を開顕させるべきであり、又、こうであると最終的に断定してしまってはならない。断定してしまえば真理に至る道が閉ざされてしまうからである。

 

💮愛は全宇宙の中心である。この中心より絶えざる愛の流れがすべての魂、生きとし生けるものを通じて流れている。花々を通じ、動物たちを通じ、人間と天使たちとを通じて、この愛が中心の泉より絶え間もなく流れ、愛自身の真実の姿を永遠に表現(あら)わしている。

 

3愛は鉱物における親和力である。愛は花々における本質である。愛は動物の本性となって現れ、人にあって愛は愛情となって表れる。このことを完全に悟った時その人の全存在は愛に満たされ、肉体の全細胞が活力を得るのである。

 

4世に愛の他には如何なる力もない。愛は天と地とにおける唯一・真実の力である。なぜならばそれは久遠であり、到るところに常在するからである。外なるものは過ぎ逝くが、愛は久遠に実在する。それは神の全存在であるからである。

 

5愛について理論を立てるのは、愛の一側面にしか過ぎない知的面を論(あげつら)うにすぎない。愛とは何かと理論を捏(こ)ねることは愛の力を失わせることである。あなたたちは愛なる無限生命によって創造(つく)られた者なのである。愛をこのように理解し、把握して始めて愛はその真性を現すのである。

 

地上における偉大なる魂たちは、処は異なり行き方は違っても、すべてこの愛を現しているのである。

 

7種々様々な意見が外部から来る。ー しかし自分自身以外から出て来る意見によっては真理を把握することはできないのである。故に真理に関してはどのような結論をも下してはならない。真理は測ることのできないものであり、久遠なるものだからである。わたし自身は常に存在し、久遠なるわが神性をそのままに現している。

 

8あなたたちはこのことを受け容れなければならない。しかし、それが何であるとか、何でないとか決め込んでしまってはならない。

 

銘記するがよい、この〔神性という〕強大なる力があなたたちの中で展開しようとして待機している。あなたたちはその力が造り成した器であり、あなたたちの魂はその力が流れるための器なのである。このことを自覚することが神人となる秘密である。

 

 

                                       心身の神癒―主、再び語り給う―より

 

 ****************************************************************************************************備考、

 

 

①まさに、奇跡の言葉です。全く正しい言葉です・・・

 

神は愛であり、愛は神である。

しかしそのことが何であるかを知っている者はいない、ただわれわれだけがそれが実在であることを知っている。あなたたちは恐らくそれについていろいろと理論を立てて来たであろう。ー しかし、そのようなことは決してしてはならないのである。外部からの種々様々な意見に染まることなく、真理自体を開顕させるべきであり、又、こうであると最終的に断定してしまってはならない。断定してしまえば真理に至る道が閉ざされてしまうからである。

  

 

 

          まさに、奇跡というほかない・・・。

 

***************************************

 

参考、追記。2019-2

 

 

宇宙は法則によって支配されており、その法則は規模においても適用性においても無限なのです。 それは無限の愛と叡智から生まれたものであり

 

 

 摂理の背後=無限の愛と叡智=父、大霊、神。

 

             2019年2月8日 記す。

                           蒼氓

 

  

 

*****************************************************************************************************参考、 

 

デイヴィスの宇宙

 

デイヴィスの宇宙は、💮中心に大太陽(大神霊)があります。そのまわりに、六大星雲があります。太陽系は、この中の第五太陽圏に属しています。最も外側の第六太陽圏は、まだ生成途中です。

 

生成途中の第六太陽圏の、1つ内側の第五太陽圏に太陽系があるのです。

太陽系では、太陽から遠い惑星ほど精妙な原子で構成されていて、一番外側の冥王星は、まだ彗星状としています。

そして、外側の天王星海王星冥王星を除いた六つの惑星には、人類と似た生命が住んでいるのです。

太陽から遠い惑星ほど、進化しています。

それは、惑星の原子と同じ精妙な原子で、身体が構成されているからです。 デヴィスは、霊界と宇宙を同一視しています。そして、霊界を7つに分けています。第一界は、最も未発達な霊の世界で、水星・金星・地球・火星の住人の霊の世界です。地球人の高級霊は、第二界に入っている者もいるそうです。

第三界は、木星土星の住人の霊の世界です。それ以上の霊界は、地球人の想像を超えた大宇宙霊界です。

 

 

*************************************** 

 

 

デイヴィスの生い立ち

 

1826年、デイヴィスは、ニューヨーク州の貧しい靴家に生まれました。このため、教育はほとんど受けることができませんでした。生まれつき、霊感がありました。1843年、17歳の時、彼が住む「ポキプシーの町で開かれた、メスメリズムの講演会に出かけていきました。この講演会で催眠術にかけられた時、彼は催眠状態で透視や読心術ができることに気がつきました。さらに実験を続けると、人の体が透けて見えるようになり、内臓や脳が微妙な色彩を持って見えるようになりました。そして、暗くなっている部分が病気の原因であると透視できたのです。この能力を生かして、最初は病気の治療を始めました。これは、「ポキプシーの預言者」として評判になりました。催眠状態になると、不思議な声がするようになったので、2年ほどで治療はやめました。

 

その後、就寝中に、ギリシャの医者ガレンと、スウェーデンボルグが出現するようになりました。この2人から、たびたび指導を受けるようになったのです。そして、「自然の摂理」「自然の黙示」「人類に告ぐ」などの本を出版しました。

スピリチュアリストの活動が盛んになると、これを支持し、自らもスピリチュアリストを名乗りました。 が、

哲学的思想を持たないで、物理的な心霊現象のみに傾倒する人々が現れました。デイヴィスは彼らを非難し、一線を画すため、

1880年、自分の思想を「調和哲学」と主張しました。 その後、1910年に死去するまで、出版を続けました。

                        

f:id:muratakazuhiko:20151130141844j:plain

  アンドリュー・ジャクソン・デイヴィス(1826~1910)

 

   💮見事に共鳴しています。

 

 

***************************************

 

参考、

 

アルベルト・アインシュタインから娘への手紙

 

 

1980年代の末、有名な天才アインシュタインの娘リーゼルは、父から彼女に宛てられた1400通の手紙を、父親の死後20年間は内容を公開しないという指示を添えて、ヘブライ大学に寄付した。

これは、リーゼル・アインシュタイン宛ての手紙のなかの1通である。

「私が相対性理論を提案したとき、ごく少数の者しか私を理解しなかったが、私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも、世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。

必要に応じて何年でも何十年でも、私が下記に説明することを社会が受け容れられるほど進歩するまで、お前に、この手紙を守ってもらいたい。

現段階では、科学がその正式な説明を発見していない、ある極めて強力な力がある。

それは他のすべてを含み、かつ支配する力であり、宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、しかも私たちによってまだ特定されていない。

 

この宇宙的な力は、愛だ。

 

科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、彼らは、この最も強力な見知らぬ力を忘れた。

愛は光だ。それは愛を与え、かつ受け取る者を啓発する。

愛は引力だ。なぜなら、ある人々が別の人々に惹きつけられるようにするからだ。

愛は力だ。なぜなら、それは私たちが持つ最善のものを増殖させ、

人類が盲目の身勝手さのなかで絶滅するのを許さないからだ。

 

愛は展開し、開示する。

 

愛のために私たちは生き、また死ぬ。

 

 愛は神であり、神は愛だ。

 

この力は、あらゆるものを説明し、生命に意味を与える。

 

これこそが、私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。

 

それは恐らく、愛こそが人間が意志で駆動することを学んでいない、宇宙のなかの唯一のエネルギーであるため、私たちが愛を恐れているからだろう。

 

愛に視認性を与えるため、私は自分の最も有名な方程式で単純な代用品を作った。

「E = mc2」の代わりに、私たちは次のことを承認する。

 

世界を癒すエネルギーは、光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ、

 

 

愛には限界がないため、愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った、と。

 

 

私たちを裏切る結果に終わった、宇宙の他の諸力の利用と制御に人類が失敗した今、私たちが他の種類のエネルギーで自分たちを養うのは急を要する。

 

もし、私たちが自分たちの種の存続を望むなら、もし私たちが生命の意味を発見するつもりなら、もし、私たちがこの世界と、そこに居住するすべての知覚存在を救いたいのなら、

 

愛こそが唯一のその答えだ。

 

恐らく私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる憎しみと身勝手さと貪欲を、完全に破壊できる強力な装置、愛の爆弾を作る準備はできていない。

 

しかし、

 

それぞれの個人は自分のなかに小さな、しかし強力な愛の発電機を持っており、そのエネルギーは解放されるのを待っている

 

私たちがこの宇宙的エネルギーを与え、かつ受け取ることを学ぶとき、愛しいリーゼル、

 

私たちは愛がすべてに打ち勝ち、愛にはなにもかもすべてを超越する能力があることを確信しているだろう。

 

 

なぜなら、愛こそが生命の神髄(クイントエッセンス)だからだ。

 

 

私は自分のハートのなかにあるものを表現できなかったことを深く悔やんでおり、それが私の全人生を静かに打ちのめしてきた。

 

恐らく謝罪するには遅すぎるが、時間は相対的なのだから、私がお前を愛しており、お前のおかげで私が究極の答えに到達したことを、お前に告げる必要があるのだ。

 

                    お前の父親 アルベルト・アインシュタイン

 

 

 *************************************** 

 追記、2019年2月

 

人間は完全さを理解することができない

 

私たちは、宇宙を創造しそして支配しているものは、男性神でもなく、女性神でもなく、とにかく形ある存在ではないと説いているのです。

人間的な存在ではないのです。

宇宙は法則によって支配されており、その法則は規模においても適用性においても無限なのです。

それは無限の愛と叡智から生まれたものであり、

したがって完璧であり、 あやまったり失敗したりすることが絶対にないのです。

 

私は生命とは霊のことであり、霊とは生命のことであり、初めもなく終わりもないと説いております。 霊を物質の中に閉じこめてしまうことはできません。 物質というのは霊のいたってお粗末な表現でしかありません。

 

物質界に生きる人間は視覚と聴覚と触覚と嗅覚と味覚の五つの感覚でしか物事を判断することができませんから、

 

その五感を超えた生命の本質を理解することはまず無理なのです。

 

そうした限界の中で生きているかぎり、

その限界の向こう側にあるものが理解できるわけがありません。

そこで次のような結論となります。

すなわち宇宙は自然法則によって表現されていること、

その法則の背後にある叡智は完全であること、

しかし人間は不完全であるためにその完全さを理解することができないということです。

人間が個体性をそなえた限りある存在である以上、個体性のない無限の存在を理解することはできないのです。

 

 

 

                                          シルバーバーチ霊訓 7

 

 

 ****************************************************************************************************

  

 

参考、 

    ①共鳴しています。

 

**************************************  

 

アルベルト・アインシュタイン(独: Albert Einstein1879年3月14日 - 1955年4月18日)は、ドイツ生まれの理論物理学者である。

 

特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績などにより、世界的に知られている偉人である。

「20世紀最高の物理学者」や「現代物理学の父」等と評され、それまでの物理学の認識を根本から変えるという偉業を成し遂げた。

(光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって)

1921年ノーベル物理学賞を受賞。

 

*************************************** 

 なお、ここまで書けたことを、(書かせてもらった)ことを神に感謝いたします。

 静穏の中、無心に、ただひたすらに・・・

                                蒼氓。

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain