真理との邂逅 高級霊のメッセージ    無限なる愛と無限なる叡智をあなたへ

光輝く愛の言葉をあなたへ。親愛なる友よ、静穏の中、内奥の心の声で【霊読】御読みください。 あらゆることのうち最も重大なのは、神のみが生きてい給うのであり、その神が今の今御自身を顕現しつつあるのを認めることである。わたしの中に常に留まっておられるのは父であり、父が父御自身の業をしていらっしゃるのである。この事も又あなたたちは悟らなければならない。心身の神癒 第9話-3                                     

奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき 。 テイラージル・ボルト

 

 

 彼女は、右脳の世界は、過去・現在・未来という直線的な時間もなくなり、あるのは「今」だけ、自分が周囲の人々、周囲の世界とつながっていることを実感できて、至福に満ちた世界である!と、説明されています。

 

 左脳は「今」を過去と未来に繋げて反応し、機能的理論的に人が普通に生きていく上で重要な役割を果たすのですが、同時に「今、ここ」を失いがちになってしまう。  左脳の世界では、自分は個人であり、周りの人々、周りの世界から切り離されています。  そして、左脳は、「私が、私が」と、自己中心的なので、エネルギーの流れから隔離され、一体の孤立した人間になってしまう、と、テイラー博士は説明されています。

 

 テイラー博士は、右脳の世界では、私達人類はみんな兄弟であり姉妹であり、自然のすべてがつながっていて、私達みんなで1つなのです。   

そして、健康な人々は、いつ右脳の世界に入るか、または左脳に世界に入るか選択することができる。  

だから、できるだけ頻繁に右脳の世界に入ることを選択するべきである、とテイラー博士は言っています。  

このことが、より平和な地球を実現させるために必要なのだ!と、強調しているのです。

 

 ***************************************

 

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

 

テイラー,ジル・ボルト 1959年、アメリカ・ケンタッキー州生れ。神経解剖学者。インディアナ州立大学で博士号取得後、ハーバード医学校で脳と神経の研究に携わりマイセル賞を受賞。また、精神疾患に関する知識を広めるべく全米精神疾患同盟(NAMI)の理事を務めるなど活躍する中、37歳で脳卒中に倒れる。

その後8年を経て「復活」、2008年にはタイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれている。インディアナ州のブルーミントン在住 竹内/薫 1960年東京生れ。理学博士、サイエンス作家。東京大学教養学部、理学部卒業、カナダ・マギル大学大学院博士課程修了。小説、エッセイ、翻訳など幅広い分野で活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

内容(「BOOK」データベースより) 脳科学者である「わたし」の脳が壊れてしまった―。ハーバード大学で脳神経科学の専門家として活躍していた彼女は37歳のある日、脳卒中に襲われる。幸い一命は取りとめたが脳の機能は著しく損傷、言語中枢や運動感覚にも大きな影響が…。以後8年に及ぶリハビリを経て復活を遂げた彼女は科学者として脳に何を発見し、どんな新たな気づきに到ったのか。驚異と感動のメモワール。

 

*****************************************************************************************************

参考、

   

スピリチュアルな人生を歩む芸能人・有名人 

 

森公美子:友達が亡くなりまして10日後に出てきたんですけど右脳を使って、私が勝手にその友達の映像を見ている。ところがそれには色々な条件があって静電気が起きていなければいけないとか本当に一杯条件があるんですよ。その条件を満たしたときに出られるっていうことを、その幽霊が私に語るんですよ

 

美輪:お化けも、出たくても条件がそろわないと出してもらえないのよ。

 

森公美子:しかも彼女は合気道やってたでしょ、っていうからうん、やってたやってたって言ったら集中力があるからすっかり見えるでしょ?

っていって。足のない幽霊っているでしょ、あれ集中力足りないんだよねーってその幽霊が私に言ってきて。

 

国分:そんな明るい幽霊なんですか?

森公美子:全然明るかった、途中でお茶飲む?って言ったらいやいや、お化けだから飲まねって。

 

 

出典 オーラの泉森公美子 その3 幽霊とお化け・霊能力 「オーラの泉」出演時の話。

 

  

   備考、

 

   森公美子さんは、霊能力が、すごいらしい、霊能力は遺伝性もあるようです。

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain