真理との邂逅 高級霊のメッセージ

親愛なる友よ、あなた方は、今、即、神の中におり、神はあなた方の中におられます。それが分かりますと、唯一神のみの実在、神一元という悟りに到達致します。                                                          神はあなた方の中にいます。あなた方は神の中にいるのです。すでに神の中に居るのだから、 神との 一体感でしょう。神との分離感はありえません。  有り難き、我は神なり。 

「エメラルド・タブレット」

 

 

伝説によると、半神半人なるヘルメス・トリスメギストスは、

「火」と「霊」によって、叡智の神から「ことば」が与えられ、

それを緑玉の一枚の板に刻みつけたと言われています。 それが、エメラルド版であり錬金術の原理・伝説の源泉である と言い伝えられてきました。 実際の記述に関しては、原典がエジプト語かシリア語か ギリシャ語であるか、また起源がギリシャ・インドの哲学か、 シリアの魔術か、占星術か、アラビアの叡智にあるかなどは はっきりとわかっていません。 それでも、この大いなる秘儀の伝承を巡って研究者たちは集まり、 様々な形で論評を発表し、翻訳を試みたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでは、1680年に翻訳されたもので イギリスの錬金術師であり、自然哲学者、物理学者、天文学者、数学者 近代の大科学者の一人と評されている アイザック・ニュートンの訳を紹介します。

 

 

 

 

アイザック・ニュートン」の訳を紹介します。

 

「エメラルド・タブレット

( Translation of Issac Newton c. 1680)

 

そは真実なり、偽りなしの、確かなまさに真実。

唯一なるものの奇跡の実現にあたっては、

 

①下なるは上なるのごとし、上なるは下なるのごとし。

 

そして、万物は一者の適合により一者より来る。なんとなれば、

万物は適合によってこの一者に起因す。

 

「太陽」はその父「月」はその母、「風」はそれを胎内に宿し、

「大地」はその乳母である。

 

全世界の、あらゆる完全性の父はここにいる。

その作用と力は完全である。

それが地に転換されれば、甘美にも偉大なる

手腕によって、地より火を、粗雑より精妙をわかつ。

それは地上より天へと昇って再び地へと戻り、優れたもの劣ったものの

作用因を身に付ける。

この手段により、汝は全世界の栄光を手に入れるであろう、そしてそれが故にこそ、すべての曖昧は汝より去るであろう。

その作用はすべての作用を超越している。それゆえ、それはいかなる精妙なるものをも征服し、いかなる堅きものをも貫き通す。

かくして世界は創造された。

これそのものが、かつ、これが成し遂げること。それが、驚くべき適合である。

手段と過程はここに記された。

我はヘルメツ・トリツメギストスと呼ばわる、全世界の哲学の三部分を持つからである。 太陽の作用について私が言ったことは、完了し終わった。

 

End

 

***************************************

 

概説

マクロコスモスとミクロコスモスの対応は、

人間のなかに大宇宙の本性や能力が内在しており、また大宇宙そのものが一つの人間であるとして、両者が類比関係にあり、互いに影響をおよぼす動的な関係にあることを意味する