真理との邂逅 高級霊のメッセージ    無限なる愛と無限なる叡智をあなたへ

光輝く愛の奇跡の言葉をあなたへ。親愛なる友よ、静穏の中、心奥の心の声で【霊読】御読みください。 もはや遥かなる神なるものを説く者達に聴くことをやめよ、吾が裡なるみ霊に耳を傾けよ、そこにこそ真理は宿る。 第九話 43 無智なる者は生命なきものを崇拝め、賢明なる者は神の中に生きる。 第十一話 28              世は父の御手の下にあるのに、世は父のことを殆ど知らない。 第十二話 43

「魂が真の自我に目覚めるのは太陽が光輝いてる時ではありません」

 

 

バラ色の人生の中では霊性は発揮されません。

 

危機、挑戦、困難障害、妨害の中にあってこそ発揮されるのです。

それが、魂に潜在する神性を自覚する唯一の*1触媒を提供してくれるのです。

 

これは、霊的叡智を求める求道者のすべてに言えることです。断腸の思い、悲痛、苦痛を体験しないことには、そのあとに訪れる恩寵の有難さが十分に理解できません。

 

人のために役立とうとする人間は試練を覚悟しなければなりません。時には力の限界までしごかれることもあります。」   

   

人間一人一人に神の計画があるのです、偶然の事故、偶然のチャンス、偶然の一致というものはありません。

 

全てが大自然の摂理によって動いており奇跡も摂理への干渉も有り得ません。

摂理そのものが完璧にできあがっているのです。

なぜなら完全な叡智によっつて生み出されているからです。

 

          シルバーバーチの霊訓(10)

*****************************************************************************************************

 補足、

「もしも人生が一本調子のものだったら、もしも光だけで闇がなかったら、もしも楽しいことばかりで苦しいことがなかったら食べるものに事欠かず空腹というものを知らなかったら、その光も、楽しいことも、食べられることの有難さも分からないはずです。人生の目的と可能性についての理解をもたらしてくれるのは、その両極性です。

*****************************************************************************************************

 

備考、

*1触媒(しょくばい)とは特定の科学反応の反応速度を速める物質で自身は反応の前後で変化しないものいう。 

 

恩寵=神の恵み、慈しみ。  

   断腸の思い、悲痛、苦痛を体験しないことには、

            そ のあとに訪れる恩寵の有難さが十分理解できません。 

*****************************************************************************************************

 
 苦渋を味わうということは、その反対である喜びを味わえるということです。

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain