真理との邂逅 高級霊のメッセージ    無限なる愛と無限なる叡智をあなたへ

光輝く愛の奇跡の言葉をあなたへ。親愛なる友よ、静穏の中、心奥の心の声で【霊読】御読みください。 愛はあらゆる力ではあるが、謙譲である。愛は空虚な誇示をすることなく、その業蹟を誇ることもない。第十三話 94  たとえあらゆる智識を得、どんなことでも為しうる信仰を行じようと、胸(ハート)に愛がなければ、あなたたちのなすことは何らあなたたちの為にはならない。  第十三話 90               慈悲深い神は、こんな私でも真理の光をさずけて下さる。      蒼氓。      吾は神なり

1980年代の末、有名な天才アインシュタインの娘リーゼルは、父から彼女に宛てられた1400通の手紙を、父親の死後20年間は内容を公開しないという指示を添えて、ヘブライ大学に寄付しました。

 

 

アルベルト・アインシュタインから娘への手紙:

 

1980年代の末、有名な天才アインシュタインの娘リーゼルは、父から彼女に宛てられた1400通の手紙を、父親の死後20年間は内容を公開しないという指示を添えてヘブライ大学に寄付しました。

 

これはリーゼル・アインシュタイン宛ての手紙の中の1通です。

 

アインシュタイン 「私が相対性理論を提案したとき、ごく少数の者しか私を理解しなかったが、

 

私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも、世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。

 

必要に応じて何年でも何十年でも、私が下に説明することを社会が受け容れられるほど進歩するまで、お前にこの手紙を守ってもらいたい。

 

現段階では、科学がその正式な説明を発見していない、ある極めて強力な力がある。それは他のすべてを含みかつ支配する力であり、宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、しかも私たちによってまだ特定されていない。

 

 

この宇宙的な力は愛だ。

 

 

科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、彼らはこの最も強力な見知らぬ力を忘れた。

愛は光だ。 それは愛を与えかつ受け取る者を啓発する。

愛は引力だ。

なぜならある人々が別の人々に惹きつけられるようにするからだ。

愛は力だ。 なぜならそれは私たちが持つ最善のものを増殖させ、人類が盲目の身勝手さのなかで絶滅するのを許さないからだ。

愛は展開し、開示する。 愛のために私たちは生き、また死ぬ。

 

愛は神であり、神は愛だ。

 

この力はあらゆるものを説明し、生命に意味を与える。

これこそが私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。

 

それは恐らく、愛こそが人間が意志で駆動することを学んでいない宇宙の中の唯一のエネルギーであるため、私たちが愛を恐れているからだろう。

愛に視認性を与えるため、私は自分の最も有名な方程式で単純な代用品を作った。

「E = mc2」の代わりに、私たちは次のことを承認する。 世界を癒すエネルギーは、光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ、

 

愛には限界がないため、愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った、と。

 

私たちを裏切る結果に終わった宇宙の他の諸力の利用と制御に人類が失敗した今、私たちが他の種類のエネルギーで自分たちを養うのは急を要する。

もし私たちが自分たちの種の存続を望むなら、もし私たちが生命の意味を発見するつもりなら、もし私たちがこの世界とそこに居住するすべての知覚存在を救いたいのなら、

 

愛こそが唯一のその答えだ。

 

恐らく私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる憎しみと身勝手さと貪欲を完全に破壊できる強力な装置、愛の爆弾を作る準備はできていない。

 

しかし、それぞれの個人は自分のなかに小さな、しかし強力な愛の発電機をもっており、そのエネルギーは解放されるのを待っている

 

私たちがこの宇宙的エネルギーを与えかつ受け取ることを学ぶとき、愛しいリーゼル、私たちは愛がすべてに打ち勝ち、愛には何もかもすべてを超越する能力があることを確信しているだろう。

 

なぜなら愛こそが生命の神髄クイントエッセンス)だからだ。 私は自分のハートの中にあるものを表現できなかったことを深く悔やんでおり、それが私の全人生を静かに打ちのめしてきた。

恐らく謝罪するには遅すぎるが、時間は相対的なのだから、私がお前を愛しており、お前のお陰で私が究極の答えに到達したことを、お前に告げる必要があるのだ」。

                                                                                  

                                                                                  

                                                                                       お前の父親

 

                                                       アルベルト・アインシュタイン

 

 ****************************************************************************************************

備考、

 

          アインシュタイン博士、光栄です。

私の真理探求も、あなたの文章と共鳴しています深い感動をおぼえました。

                                                                                                 微妙玄通。

 

****************************************************************************************************

 

究極的に言うならば全ての魂は愛により作られた器であり、思考(霊)も、愛によるものです。だから、一言でいえば愛しかないということです。

言葉を変えていえば、愛は無限。愛は普遍です。愛は大調和です。

相対性も、(霊の進化)も愛によるものです。

全ては愛によるものです。

愛がなければ、何物も存在しません。

 愛一元の世界、全ては大愛。

このブログも、愛ゆえに書いています。

 

                                            現時点での私の探求結果です、アインシュタイン博士。

                                                                                                                          

                                            僭越ながら書かせてもらいました。 soubo     

 

 

                     

 ****************************************************************************************************

 

                人間は完全さを理解することができない

 

 私たちは、宇宙を創造しそして支配しているものは、男性神でもなく、女性神でもなく、とにかく形ある存在ではないと説いているのです。

 

人間的な存在ではないのです。

 

 

宇宙は法則によって支配されており、その法則は規模においても適用性においても無限なのです。

 

それは無限の愛と叡智から生まれたものであり、したがって完璧であり、

 

 

あやまったり失敗したりすることが絶対にないのです。

私は生命とは霊のことであり、霊とは生命のことであり、初めもなく終わりもないと説いております。

霊を物質の中に閉じこめてしまうことはできません。

物質というのは霊のいたってお粗末な表現でしかありません。

 

物質界に生きる人間は視覚と聴覚と触覚と嗅覚と味覚の五つの感覚でしか物事を判断することができませんから、

 

その五感を超えた生命の本質を理解することはまず無理なのです。

 

そうした限界の中で生きているかぎり、その限界の向こう側にあるものが理解できるわけがありません。

 

そこで次のような結論となります。 すなわち宇宙は自然法則によって表現されていること、その法則の背後にある叡智は完全であること、

 

しかし人間は不完全であるためにその完全さを理解することができないということです。

 

人間が個体性をそなえた限りある存在である以上、個体性のない無限の存在を理解することはできないのです。

 

 

                                                    シルバーバーチ霊訓 7

 

****************************************************************************************************

参考動画、  

             

             シルバーバーチの霊訓 一巻八章 愛の力 - YouTube

 

            人間の言語では、表現できない愛。

        神の意志表現。

 

          

                                                                                                            蒼氓。

 

***************************************************************************************************** 追記3/29

  

 

    愛は神であり、神は愛である。

 

しかしそのことが何であるかを知っている者はいない、ただわれわれだけがそれが実在であることを知っている。

 

 

              心身の神癒

             マクドナル・ドベイン

               仲里誠吉

 

***************************************            

 追記3/29

 

       愛は神であり、神は愛である     

 

 

     この力はあらゆるものを説明し生命に意味を与える。

     愛は展開し、開示する愛のために私たちは生き死ぬ。

 

 

 

                   抜粋、 アルベルト・アインシュタイイン

***************************************

追記3/29

 

 愛=何であるかを知っている者はいない。   愛=神=無限=知りえるわけがない。

ただわれわれだけが実在であることを知っている。 愛=実在=存在=属性の一部は知              

                             りえる。

 

*****

私的考察。

 たった、これだけの文書でも、感動的な内容が含まれている、まさに奇跡です。

 

                                  蒼氓。

***************************************

 

 

追記、11/18

 

 

 

     心身の神癒 冒頭。 イエス様の御言葉。

 

 

1

 

💮神は愛であり、愛は神である。

 

しかしそのことが何であるかを知っている者はいない、ただわれわれだけがそれが実在であることを知っている。

あなたたちは恐らくそれについていろいろと理論を立てて来たであろう。

ー しかし、そのようなことは決してしてはならないのである。

外部からの種々様々な意見に染まることなく、真理自体を開顕させるべきであり、又、こうであると最終的に断定してしまってはならない。

 

断定してしまえば真理に至る道が閉ざされてしまうからである。

 

 

 

 

 

 

                                           

*****************************************************************************************************

 

 

追記11/30                                      

💮この言葉は革命的です。凄いです!!

                             (イエス様のお言葉)  

    

非常に、深遠な御言葉です。                               

                                蒼氓。                                          

 

              微妙玄通。    

 

 

2019年2月 追記、

              無限なものを、どうして断定できよう。 

                                                                   

                                                                              蒼氓。                          

****************************************************************************************************

 

追記、

2019年2月、本当に、この言葉は深遠で素晴らしい言葉です。

                     もし、愛が無かったら、何もない(不毛な)世界です。

                                                                                     

                                                                                                 

ここまで、書かせてもらった、(父) 神にただ、感謝あるのみです。

 

                                                                                                                蒼氓。

****************************************************************************************************

 さらに、こう続く。

 

 

愛は全宇宙の中心である。この中心より絶えざる愛の流れがすべての魂、生きとし生けるものを通じて流れている。花々を通じ、動物たちを通じ、人間と天使たちとを通じて、この愛が中心の泉より絶え間もなく流れ、愛自身の真実の姿を永遠に表現(あら)わしている。

 

 

愛は鉱物における親和力である。愛は花々における本質である。愛は動物の本性となって現れ、人にあって愛は愛情となって表れる。このことを完全に悟った時その人の全存在は愛に満たされ、肉体の全細胞が活力を得るのである。

 

世に愛の他には如何なる力もない。愛は天と地とにおける唯一・真実の力である。なぜならばそれは久遠であり、到るところに常在するからである。外なるものは過ぎ逝くが、愛は久遠に実在する。それは神の全存在であるからである。

 

 

愛について理論を立てるのは、愛の一側面にしか過ぎない知的面を論(あげつら)うにすぎない。愛とは何かと理論を捏(こ)ねることは愛の力を失わせることである。あなたたちは愛なる無限生命によって創造(つく)られた者なのである。

 

愛をこのように理解し把握して始めて愛はその真性を現すのである。

 

 

 

                  心身の神癒 : 主、再び語り給う                                               

                          M.マグドナルド・ベイン著 ; 仲里誠吉訳                                                                                    

                                           霞ケ関書房, 1972   

 

 

  

  

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain