真理との邂逅 高級霊のメッセージ

親愛なる友よ、 これまで多くの人達が人間は神の家の外にいるのであって、その中に入るには何か或る特別のことをしなければならない、と貴方達を信じ込ませてきた。貴方達は既に神の家の中に居るのである。   有り難き、吾神なり。 真理に戸は立てられません、リンクフリーです。

限りない成長の原動力。「内省との対話」

内省と対話

 

組織の一体感が希薄である、コミュニケーションが難しくなった、セルフコントロールできない人が増えている等と、仕事を進めるうえで困難な状況が増えてきています。

こういった現状を変えていくには、一人ひとりがまず自分を知り、他人を知ることが出発点となります。

特に組織をリードするマネジャーにとっては不可欠なことで、自分を見つめること、すなわち内省の習慣が大切です。

しかし、ただ自分を見つめるというのは容易ではなく、自分の行動という事実をベースに振り返ることが有効です。

内省する時に重要なのは、次の2点です。

 

1. 事実と感情を峻別して振り返る人の記憶は五感をベースにした感情とともに埋め込まれているので、まずは事実と感情をわけることから始めます。客観的事実を取り出すことができれば、なぜその時に自分の中にその感情が沸き起こったのかを振り返り、分析することが可能になります。自分の中にある固定観念に気づく第一歩なのです。

 

2. 過去と現在それぞれの感情を振り返る客観視を始めると、「今思うに・・だった」という気持ちが生まれてくることがあります。

今度、同じ状況になったら次はこうしようという、より良い行動への気づきが生まれます。 このプロセスは自分でも行えるのですが、より効果的に行う手段が対話です。

1対1でもよいのですが、自分が振り返った内容を開示することによって多くのフィードバックを得ることが可能になるので、できれば複数の人に投げかけることが望ましいと言えます。

話し手は自分の内省のプロセスを開示し、それに対して聴き手は自分と対比しながら、問い返したりフィードバックを行ったりします。

 

このサイクルを繰り返していくことによって、自らの経験に学ぶ「経験学習」のサイクルが身についていきます。内省したことを日々の実践の中に活かすことによって、もう一段高いレベルの経験が生まれ、新たな内省が可能になりますこの時、①内省がルーチン化することを避けるために、常に定期的に新たな刺激(視点)を外から呼び込んでくるしかけはとても大切で、これが限りない成長の原動力になります

 

 

備考,

 

内省したことを日々の実践の中に活かすことによって、もう一段高いレベルの経験が生まれ、新たな内省が可能になります

 

   ①内省がルーチン化=マンネリ化、ワンパターン。

 

私的考察、

     マンネリ化は全ての事において、成長を妨げる。

 

     幽界において、いついてしまうと、もはや成長はありえない。

 

     マンネリ化恐るべし。 

                               蒼氓 。

 

***************************************

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain