真理との邂逅 高級霊のメッセージ

親愛なる友よ、 これまで多くの人達が人間は神の家の外にいるのであって、その中に入るには何か或る特別のことをしなければならない、と貴方達を信じ込ませてきた。貴方達は既に神の家の中に居るのである。   有り難き、吾神なり。 真理に戸は立てられません、リンクフリーです。

モーツァルト ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 k466 第1楽章

 

 

一人の人間としてのモーッアルトが大衆のためではなく、自己の内面の孤独や悲哀を初めて露にするこのように書き上げた、彼の協奏曲中の最高傑作とも言われる作品です。

 

当時の音楽界では協奏曲やアリアは、演奏家や歌手の技法を示すための華やかなものが支流で、聴衆である貴族や裕福な層もそれ以上を望んでいませんでした。

 

ですからこの曲が持つ重苦しさは当然理解されずその後の演奏会では聴衆が激減してしまうほどでした。

しかしモーッアルトの中でもこの作品を熱愛し、ガデンツァさえ書いてしまった作曲家がいます。

 

ベートヴェンです 

 ある日貴族の前を通りかかったベートヴェンは偶然この曲を耳にし「なんという美しい曲だ、とても私にはあのような美しい曲は書けない!」と感嘆の声を上げたということです。

 

 

*****************************************************************************************************

 モーツァルト ピアノ協奏曲の最高傑作か?

お勧め、動画 

 モーツァルト k466  内田

 Mozart: Concerto for piano and Orchestra (d-minor) K.466, Uchida                    

 

    思わず、笑ったら、いけないんでしょうね・・・?

    観客の人、笑いをこらえるの大変でしょうね。・・・?

                                                                                                         

 

俺の尻をなめろwww        モーツァルト

 

ベートーヴェン:「なくした小銭への怒り」

 

                             。蒼氓

 

 

 


 

 

 

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain