真理との邂逅 高級霊のメッセージ

親愛なる友よ、 シルバーバーチは言う。 いかなる分野の仕事にたずさわっていても同じことです。人に役立つことをするチャンスは決して見逃してはなりません。                                                                         神はあなた方の中にいます。あなた方は神の中にいるのです。  有り難き、我は神なり。 

我見我欲をなくす。自我をなくす努力。

 

宗忠によれば、われわれは通常の我見我欲があるがために、唯一の「活きもの」である心が晦(くら)まされていることになる。

そこで彼は、そうした有るもの(分別)を払い去って一物も残らぬほどにする

「常払(じょうばら)い」を間断無く努めることによって、無に到ることが出来る、とした。

無に到ってもなお止めなければ、有り難く嬉しく面白いことの、何に譬えようもないほどの妙味がある。これが天心に到るということである。天心は天地の心、天地の活きもの、即ち天照太神一体である。

彼によれば、われわれは皆もともと無い所から出て来た身であり、心の根本である無を常々養うことこそ、天照太神の御霊(みたま)を養うことである

彼は「活きものは無の中に有る」とも言っているが、日頃彼がどのような心境でこの無を実現していたかに就いては、次の言葉がある。

 

今世界中で、私ほど無念無欲の場で勤めている者はあるまいと思う。

私が今ここでこうしている時、胸中をさっぱり払い去って一念も無く、すべて体中なんにも無い

心はまるで天にお返し申している故、活きものはまるで天地に満ち満ちて有る。が、有り難いことには、またスゥーとここに戻って来るのである。」

 

黒住宗忠がいかに無の境地を体得してそれを養ったかに関しては、彼自身の言葉に即して述べてきたことで、おおよそ窺うことが出来るであろう。

 

*****************************************************************************************************

 

 

こんなに素晴らしい書物は滅多にない。是非購入することをお勧めしたい。

本書は浄土宗の僧侶の書いた法然の教えに関する書物ではあるが、本山博やヨガナンダと通ずるような内容だった。

神(阿弥陀仏)への熱烈な敬愛の念を常時保持して、神への融合を図ることを提案している。『』を阿弥陀仏へ投げ入れることを念仏の本質とする。

投げ入れるためには阿弥陀仏への異常なほどの愛が必要であり、その愛の強さゆえ自我への愛が滅却されるという仕組みだ。

ひたすら念仏を実行し、神への愛が強められて、霊的に少しでも阿弥陀如来と一致してくると、霊的な視野が開け、阿弥陀仏がおられる霊界のことが少しずつ見えるようになってくるという。

***************************************************************************************************** 

黒住宗忠という神道の神人は、らい病(ハンセン氏病)患者に「有り難い」を1日百回言うよう指示しましたが治らず、1日千回でも治らず、1日1万回唱えさせたところ、7日で完全治癒の奇跡が起こりました。

 

ところで、私の「中臣の祓」または「大祓詞」、6月ですでに35回を超えていました。1日百回というのもやりたいのですが、それには6時間はかかり、なかなかできません。 先に述べました、江戸末期の、神人と讃えられた偉大な神道家、黒住宗忠は、天照大神と一体となる体験(天命直授)を得た後の修行時に、1ヶ月1万回以上、日によっては千回以上、大祓詞を唱えたといいます。

 

これは、普通の者には想像もできないことです。白川流の「中臣の祓」または「大祓詞」を1回唱えるのに30分はかかりますので、連続で千回なら最低500時間必要です。不眠不休で約21日間かかります。その間、トイレ・食事・洗面の時間は入れてありません。

*****************************************************************************************************

参考、

 

 自我我欲をなくす。自我をなくす努力。

 

    肉体的自我の滅却、(霊主肉従)霊的真我見えてくる。  

  

   天照太神=霊太陽か。

 

    

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain