真理との邂逅 高級霊のメッセージ

親愛なる友よ、己の生命とは、すなわち神である。何となれば、汝の兄弟に為したるその事は汝の内にまします神に為したればなり。                                                                           神はあなた方の中にいます。あなた方は神の中にいるのです。  有り難き、我は神なり。 

過酷な体験の目的は、慈悲の心を芽生えさせることです。

慈悲の心なしに人を救う仕事は出来ない

 

 人のために生涯を捧げる使命を持つ人は、過酷な試練を体験しなければなりません。 これ以上は耐え切れないと思う、ギリギリの淵まで、追いつめられ試されなければなりません。

地上の誰からも、救いの手は差しのべてもらえないと思える、深さまで落ちてみなければなりません。

そこに至って初めて魂が目を覚まし、霊界から届けられる、豊かさと力と導きと叡智と愛を受け入れる用意が整うのです。

過酷な体験の目的は、慈悲の心を芽生えさせることです。

なぜなら、霊能力者も治療家も慈悲の心なしに、本当の意味で人を救う仕事は出来ないからです。

それしか方法はありません。

太陽がさんさんと輝き、何不自由ない生活の中で、果たして魂の開発が望めるでしょうか。

試練を経ずに、魂の崇高性が発揮できるでしょうか。

何一つ学ぶことのない人生を送って、一体どういう精神的発達が望めるでしょうか。

そのうちあなたも地上人生を振り返って、

” 厄介な問題こそ有難かったのだ。あの苦労があったからこそ、人生の目的を悟り、魂の開発の道が見出せたのだ” と思う日が来るでしょう。

人生の出来事の一つ一つに償いがあり、差し引きがきちんと行われるようになっています。

神が間違うことはありません。

過去を振り返ってみれば、霊的な道を歩む他の全ての人と同じく、あなたの人生も霊に導かれていることが分かります。

 

 

             シルバーバーチ霊訓(11)

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain