真理との邂逅 高級霊のメッセージ    無限なる愛と無限なる叡智をあなたへ

永遠の愛の奇跡の言葉をあなたへ。親愛なる友よ、静穏の中、心奥の心の声で【霊読】御読みください。 もはや遥かなる神なるものを説く者達に聴くことをやめよ、吾が裡なるみ霊に耳を傾けよ、そこにこそ真理は宿る。 第九話 43 無智なる者は生命なきものを崇拝め、賢明なる者は神の中に生きる。 第十一話 28      愛こそは唯一の実在にして常在である。然らばこの「常在なるもの」は一切の条件に制約されない永遠そのものであることを悟得するがよい。 第一話 77

「まったく赤の他人にスピリチュアリズムの教えを説くにはどうすればよろしいでしょうか」

 

 

 

これに対してシルバーバーチが「難しい質問ですね」と言うと、司会のハンネン・スワッファーが「それは相手によって違いますよ」と口添えする」するとシルバーバーチが改めてこう説いた。

 

「人それぞれに要求するものが異なることが、まず理解しないといけません。

霊的成長度が一人ひとり異なるからです。ある人は聞かれなくなった声を聞きたい(霊言)と思い、触れられなくなった手をもう一度しっかりと握りしめたい(物質化現象)と思います。今なお愛が続いていることを確認したいのです。そういう人にとっては、自分を愛する人だけが関心の的であり、それはそれなりに、やむを得ないことです

 

またい一方には、自分の個人的なことよりも、科学的な関心を寄せる人もいます。宗教的観点から関心をもつ人もいます、哲学的観点から関心をもつ人もいます。まったく関心を見せない人もいます。こうした人それぞれに対応した答えがあります。

 

私たちの側から申し上げられることは、次のことだけです

*1*生命は墓の向こうでも続いていて、あなたは個性をもった霊としてずっと存在し続ける。--このことは間違いない事実であり、筋の通ったものであれば、どんな手段を講じてもよいから、わたしたちの言っていることが本当かどうか試されるがよろし。

 

最終的には、理性ある人間ならばだれしも納得いくはずです。理性を欠いた人間には、つける薬はありません、と」

***************************************************************************************************** 

  地上人類への最高の福音 シルバーバーチの霊訓

         9章霊の優位性の自覚にもとずく修養的生活

           トニー・オーツセン著 近藤千雄著

 

 

*****************************************************************************************************

  

     

               

                    

                                                                              

 ****************************************************************************************************

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain