真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、歩み入る者に、霊的真理を、去り行く人に幸せを、住まう者に霊性の進化を。   蒼氓。

「白い馬」は、魁夷が富士山五合目のブナ原生林

 

     東山魁夷・心象風景(白馬シリーズ)

 

青の旋律

東山魁夷の全作品を貫く基調は青である。

青は清浄、郷愁、静寂、孤独などを感じさせる色である。なぜこんなにも東山魁夷は青に心を寄せるのであろうか。青は赤や黄に比べて全面に出ず、自己主張をしない。外に向かうよりも、内に沈潜する傾向がある。これは魁夷のもって生まれた資質でもあろうが、また、人生を経験して培われた結果でもある。清浄や静寂は、東山魁夷が森や湖、古い町の佇まいに見出したものであるとすれば、郷愁や孤独は、それに感応した画家の心の響きであるようにも感ずる。

 

東山魁夷は若き頃、ヨーロッパに絵の勉強をするために留学しているが留学先を選ぶ際、花の都・パリではなく、薄明かりの地・ベルリンを選んだことからもわかるように、自身の中に常に、南より北を暖色より寒色を希有する傾向があったようだ。

 

白馬の森

 白馬の森ー東山魁夷でご覧ください。

 

 

 

 

出展:改組第4回日展出品

所蔵:長野県信濃美術館東山魁夷

 

ここに描かれた、白い馬も森の木立も、現実のものではなく、私の空想から生まれたものです。さて、この馬は何を表しているのかと、時々、人から聞かれることがあります。私は「白い馬は私の心の祈りです。」と答えるだけで、見る人の想像に任せてきました。あなたはどのように感じられるでしょうか。

 

 東山魁夷は「画集白い馬の見える風景」(1973)で、「夕明かり」に次のような言葉を添えています。

 

         祈りの時が来た

       静かに鳴らせつりがね草

                               

                               東山魁夷

 ****************************************************************************************************

  

絵は私の祈りです、

描く私と、見る貴方、その時、その絵の中には、心と、こころがかよいあうのです。

 

                                                                                                                      魁夷。

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain