真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、歩み入る者に、霊的真理を、去り行く人に幸せを、住まう者に霊性の進化を。   蒼氓。

「宮沢賢治の詩を丹波哲郎流に」

 何か困難にぶつかるたびに、気持ちを前向きに切り替えてゆくこと。

その心掛けが幸せになる第一歩だと私は思っている。

そんな私が昔からことあるごとに思い出す座右の銘宮沢賢治の詩である。

その詩があまりに好きなので、私流にアレンジして作ってみた。

 

 

 

金もいらず  噂も気にせず

名誉にも 人の脅しにも

負けぬ自由な心を持ち

こだわることもなく

決してあせらず

いつも静かにほほえんでいる

一日に一房のブドウと

一枚のアジの開きと

一杯のうどんを食べ

あらゆることを神様におまかせし

そしてわが事を忘れ

人様の事を思い

霊界のお花畑の隅にいて

東に恋に破れた者あらば

行ってもっといい人がいると慰め

西に不幸な母あれば

行ってしみじみ話しを聞いてあげ

南に死にそうな人あれば

大霊界の話をし

北に喧嘩口論があれば

地獄に行くしかないと言い

日照りのときは木陰をさがし

寒さの冬はゆっくりと寝て

みんなにやんちゃ坊主と呼ばれても

あかるく、すなおに、あたたかい

そうゆう者に私はなりたい

 

                 丹波哲郎

 

*****************************************************************************************************

あかるく、すなおに、あたたかく。

霊界の宣伝マン、         丹波哲郎

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain