真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、自ら思い立って真理探究を志し、行為と想念でもって意思表示をすれば、その人物がそれまでに到達したレベルに相応した知識と教えを授かるように法則が働いて、その波動と調和し始めます。そのレベルには限界というものはありません。なぜなら人間みずからが無限の霊性を宿しており、真理も無限に存在するからです。  シルバーバーチのスピリチュアルな法則より。

(暗闇の中でも決して希望を見失ってはなりません)

 

まわりが全て真っ暗であっても、決して希望を見失ってはなりません。そして、

あなた方に協力して、人類の魂を高め、地上の世界をもっと良くしていこうと

している霊団の努力は必ず実を結ぶことを信じてください。その霊団には宇宙

最大の力がついてくれているのです。

 

                    シルバーバーチ霊訓 原文 2

**************************************************************************************************** 

    私事、

 最近、近くに住むおばあさんが(93才)が、 最近トンと見かけないので、どうしたのかなと思っていたら、この間、息子さんと、車に乗るところを見かけたので、近寄って、最近全然見かけないので、心配していましたよ。息子さん、市立病院に入院しているのです。末期ガンで全身転移しています。余命半年です。認知も進んでいるようで、息子のことも解っているのか・・・。昨年辺りまで元気でいたのですが、旦那さんがガンで亡くなり、精神的ショクが大きかったようです。

その体は、痛ましいくらい小さく車に乗っていました。

私、息子さんに、おばあさん僕のこと解りますかね、・・・

私この時、脳裡に、宮沢賢治雨ニモマケズの、南に死にそうな人あれば、行ってこわがらなくてもいいといい。が浮んだのです。私は、息子さんに、頼んで、握手しても、いいですかと、握手をして、とにかく大丈夫だから、大丈夫だからね、大丈夫だよ、と手をにぎりしめ、語りかけました(本当はハグ)してあげたかったのですが。おばあさん、目に一杯の涙を浮かべて泣いているのがみえました。

私は、真理の話など、できる状況ではなく、とにかく安心させてやろうと、脳裡に思ったしだいで行動していたのです。別れぎは、車の窓越しにバイバイ、手を振ってわかれました。

私もこうゆう体験は初めてなのですが、その場その場の出来事なので、あまり考えて行動していなようです。日ごろの考えとか思っていることが行動に現れるみたいです。潜在意識からでるようです。昔の自分からは想像もできないが。心が(意識)が変化しているようです。

 

 

                                 でくの坊。

***************************************************************************************************** 

 

 

 

         Bridgeo Over Troubled Wdter

 

和訳「明日に架ける橋」~サイモン&ガーファンクル youTube

 

この曲は知ってはいたのですが、詩の意味はしりませんでした。

偉い名曲に聴こえるのですが、思わず泣いてしまいました。

私は、この曲をこころを澄ませて聴くと、

この詩は1*Guardian spirits heartの声に聴こえてしょうがないのですが。

 

「明日に架ける橋」

 最後のメッセージ

  Iwillease your mind

 

人生がどんなに大変なことになっても

     僕が君の支えになるから・・・

          大丈夫だから・・・

  

    

                                                 

 

 不思議に最後の言葉大丈夫だから・・・

がおばあさんにかけた言葉と(シンクロ)一致していました。

 

  

苦しみ・困難に遭遇することは、地上人の宿命。 

                     

                                                                   silve birch          

 

備考                                                                                            

  1*  Guardian Spirits heart=守護霊のこころ

***************************************************************************************************** 

                Excite mene of music                 

                  Bridge over Troubled Water to heaven

                           天国へ架ける橋

 

追記、

 後で分かったことですが、この曲はポールサイモンがまだ無名の時、ハーレム地区の教会の中で聴いたゴスベルソングの中にこういう歌詞があったそうです。「あなたが私の名において信じるなら私は深い海の上に架かる橋になってあげよう。」それは荒れ狂う湖を渡って恐れる弟子たちのところえ来てくっださったお方、私たちを救うために十字架の上に身を投げ出してくださって天国の架け橋となってくださったお方、そしてやがては私たちの目の涙をことごとく拭い取ってくださるお方、イエス・キリストのことを歌ったゴスペルソングだったのです。

                                                                                             

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

皆さんが霊的真理の架け橋になられるますようお祈りいたします。

                              蒼氓のでくの坊。