真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、自ら思い立って真理探究を志し、行為と想念でもって意思表示をすれば、その人物がそれまでに到達したレベルに相応した知識と教えを授かるように法則が働いて、その波動と調和し始めます。そのレベルには限界というものはありません。なぜなら人間みずからが無限の霊性を宿しており、真理も無限に存在するからです。  シルバーバーチのスピリチュアルな法則より。

利他的実践・無私の奉仕こそが、最高に価値あるもの

 

霊的成長は、純粋な利他的実践によってなされます。無私の奉仕という霊的実践によってなされます。そこでシルバーバーチをはじめ霊界の人々は、地上のーー「霊的摂理の生き方をしているか」「純粋な奉仕実践をしているか」という点に関心を向けているのです。地上人の目からは、どれほど素晴らしいと思える行為や政治改革なども、人類の霊性進化に寄与するものでないかぎり、価値は認められません。

霊界の人々の視点は、常に地上的利害関係を一切超越した「霊的成長」という一点だけに向けられているのです。

 

「私はどの主義にも属しません。私は、ラベルはありません。名目に惑わされてはいけません。その目的としているものは何か、何を望んでいるのか、そこが大切です。なぜなら、敵と味方の双方に誠実で善意の人がいるからです。(中略)

 

つまり霊的真理を知ることによって覚悟を決め、物的生活のあらゆる事柄に奉仕と無私の精神で臨めるようになれば、地上に平和と和合が招来されます。それは主義・主張からは生まれません。

 

                     シルバーバーチの霊訓(11)

*****************************************************************************************************

 

「私たちは人間がとかく付けたがるラベルにはこだわりません。政党というものに関与しません。私たちが関心を向けるのは、どうすれば人類にとってためになるかということです。」

 

                     シルバーバーチの霊訓(5)

 

*****************************************************************************************************

 

   共産主義者の中にも、霊性の高い人はいる

 

そうした霊界人の見方をすれば、唯物論者の代表である”共産主義者の中にも霊性の高い人はいるということになります。主義・主張は何であれ、人類のためを思い、純粋な利他愛の実践に全身全霊で打ち込んでいる人は、最も価値ある生き方をしていることになります。信じている主義それじたいは間違っていても個人的な心の動機によって、善し悪しが決まるのですその人の動機が純粋で、人類の霊性進化に貢献する歩みとなっているならば、どのような組織に属していても、霊界人の認めるところなのです

 

それは、逆に言えば、たとえスピリチュアリストであっても、自分のためだけに生きているならば、唯物論者よりも霊的に劣るということがあるということです。スピリチュアリストであっても一切のごまかしはききません。今この時も、純粋に心の底から、人類のために貢献したいと思っているかどうかが、霊界の人々にチェックされているのです

 

「そのための道具となる人であれば、いかなる党派の人であっても、いかなる宗派の人であっても、いかなる信仰をもった人であっても、時と場所選ばず働きかけて、改革なり改善なり・改良なり、一語にしていえば奉仕のために活用します。」

 

                      シルバーバーチの霊訓(5)

 

      

         スピリチュアリズム普及会  第一公式サイト  抜粋。

 

 

*****************************************************************************************************

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain