真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、自ら思い立って真理探究を志し、行為と想念でもって意思表示をすれば、その人物がそれまでに到達したレベルに相応した知識と教えを授かるように法則が働いて、その波動と調和し始めます。そのレベルには限界というものはありません。なぜなら人間みずからが無限の霊性を宿しており、真理も無限に存在するからです。  シルバーバーチのスピリチュアルな法則より。

「霊的知識の真実性を判断する規準は何でしょうか。自分自身の霊的才覚が決めるものでしょうか。」

 

「*1真実性を理解する判断力を各自が発達させるしかありません。それは一気呵成にできるものではありません。

 

霊力をグラスに注いでもらって、それを飲むというわけにはまいりません。それを身につける努力をしなくてはなりません。

 

他人が代わりにやってあげるわけにもまいりません。あなた自身が一人で開拓しなくてはなりません。援助してもらうことはできますが、自分の意志で求め、自分の意志で探り、自分の意志で成就するのです

 

サークルのメンバー ーーーいつも同じ答えに戻ってくるようですね。つまり、何事につけても、当人の霊的才覚の発達がカギを握っているということです。

 

そうですとも。摂理は完ぺきです。摂理の働きが狂うということは絶対にありません。かならず摂理どおりになるのです。償いも完ぺきです、報いも完ぺきです。公正も完ぺきですし行きわたらないところは絶対にありませんし、あらゆる面で完ぺきです。

完全なる叡智によって編み出されたものだからです

 

あなたが手にするものは、あなたの努力に相当するものだけです。あなたの霊性の進化は、それ相当の努力をした分だけです。

 

今あなたが置かれているレベルは、これまでに努力してきた、その成果です。

 

それより高く上がれませんし、またそれより低いところえ下がりたいとも思わないでしょう

 

           シルバーバーチ新たなる啓示

 

*******************************************************************

備考、*1真実性を理解いする判断力が弱いと邪教に傾倒するのではないでしょうか。本人達は正しいと思っている。

(偶像崇拝など)理性の麻痺、恐ろしいことです

                               蒼氓。

 

 

***********************************************************************************************

 祈り

      祈りとは唯一つしかない。

即ち「どのように奉仕したらよろしいかお教え下さい」これである。

この神と人類への奉仕の願い、これより大きな仕事はない、

これにまさる愛はなく、これにすぎる宗教も哲学もない。

どの道で奉仕するかは問うところではない・・・・・道はそれぞれ違っても

肝心なことは唯一つ いかにひたすら奉仕するか、このことである。

 

   (桑原啓善編著「シルバーバーチに聞く」より)

                   

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain