読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、自ら思い立って真理探究を志し、行為と想念でもって意思表示をすれば、その人物がそれまでに到達したレベルに相応した知識と教えを授かるように法則が働いて、その波動と調和し始めます。そのレベルには限界というものはありません。なぜなら人間みずからが無限の霊性を宿しており、真理も無限に存在するからです。  シルバーバーチのスピリチュアルな法則より。

「スウェデンボルグの霊界からの手記」 私は生きながら死後の世界を見てきた エマニュエル・スウェデンボルグ 今村光一抄訳・編

では、もっとわかりやすく説明しよう。霊界の太陽から流れでる霊流が、霊界の生命の源であることはすでに述べたとおりだ。

この霊流には、霊界の上、中、下、の三世界に直接、太陽から注がれるもの(直接霊流)と、

太陽ー上世界ー中世界ー下世界の経路をへて各世界に注がれるもの(間接霊流)のふたつのものがあることを思いだしてほしい。

私は、この霊流について説明したとき、霊流は霊界内の下世界にまでしか達しないかのようにわざといっておいた。しかし、私は、いまは、霊流は下世界から、さらに人間界まで達しているのだと訂正しよう。

人間の生命は、宇宙の空間にひとりだけ離れてポッンと存在しているのではないことは誰にでもすぐわかる。

人間の生命は、その根源において生命の始原とつながることによって命が継続しているのだ。

それでは、その生命の始源とはなにか。これがほかならぬ(霊界の太陽)なのだ。自然界の太陽は熱や光を自然界に与え、自然界の生命をはぐくみ、生命の活動を助けることはできる。だが、生命の源始そのものとなることはできない。

なぜなら自然界の太陽は、霊界の太陽の、この世における相応物、いわばこの世における代理人、代用品にしか過ぎないからだ。この世の太陽自身がその源は霊界の太陽なのである。・・・

 

第4章 霊界とこの世は一つの世界だった 230p

 

*****************************************************************************************************

参考、

      スピリチュアリズム

 

神の愛の二通りの伝達 。 神の愛の伝達ルート

神=直接的,一人一人に直接的に与えられる(霊性レベルに応じて)

神=間接的、愛のヒエラルキーに応じて間接的に与えられる

(イエス→高級霊→上位の霊・守護霊・指導霊・私)

                      霊界の太陽(霊流)=神の愛

 

****************************************************************************************************

 

 

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain