真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、自ら思い立って真理探究を志し、行為と想念でもって意思表示をすれば、その人物がそれまでに到達したレベルに相応した知識と教えを授かるように法則が働いて、その波動と調和し始めます。そのレベルには限界というものはありません。なぜなら人間みずからが無限の霊性を宿しており、真理も無限に存在するからです。  シルバーバーチのスピリチュアルな法則より。

霊界における「唯一・共通の宗教」とは

 

では、霊界の宗教とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。ここでは霊界の宗教について、もうすこし詳しく見ていきます。「シルバーバーチの霊訓」等の高級霊界通信を通じて、霊界では全ての人間(霊)が共通の宗教を信じ、共通の信仰対象を持っていることが明らかにされています。さらにその共通の宗教の内容も、具体的に示されています。霊界における「唯一・共通の宗教」の内容を要約すると、次のようになります。

 

霊界では、大霊である、「神」が唯一の信仰の対象になっています。地上の多神教宗教のように多くの神々を信仰対象にすることはありません。大霊という「唯一神」のみが霊界の宗教の信仰対象であり、それ以外に信仰対象は存在しません。

 

*****************************************************************************************************

「イエスを崇拝の対象とするのは間違いです。崇拝の念は大霊に捧げるべきであって、大霊の使者に捧げるべきではありません」

 

    シルバーバーチの教え(上) スピリチュアリズム普及会 p138

 

****************************************************************************************************

霊界の宗教は、霊である「神」大と同時に神が造った「摂理(法則)」を信仰の対象にしています。「神」と「神の摂理」が霊界人にとって信仰対象なっています。神は厳格な摂理を通して霊界と地上界を支配し維持しています。その摂理によって”神の愛”は平等・公平に全ての人間や生命体に行き渡ようになっているのです。霊界人にとって絶対服従すべき信仰対象は「大霊(神)」とその「摂理」であり、それ以外に存在しません。

*****************************************************************************************************

「私たちが忠誠を尽くすのは、一つの教義ではなく、一冊の書物でもなく、一つの建造物でもなく、生命の大霊とその永遠なる摂理です。」

 

  シルバーバーチの教え」(上) (スピリチュアルリズム普及会) p41

 

*****************************************************************************************************

 

*霊界における宗教の信仰対象は「唯一神(大霊)」だけですが、それに関してシルバーバーチは次のような興味深い話をしています。

「私自身、そういう考えに到達するまでには、ずいぶん長い年月が要りました。それというのも、地上時代の私は多くの神を崇拝の対象としていたからです。その考えを改めて、この宇宙には”唯一・絶対の大霊”が存在し、それが果てしない全大宇宙のあらゆる生命現象をコントロールする”永遠・普遍の摂理”として顕現しているという考え否応なしに認めざるをえなくなつたのです。

 

*****************************************************************************************************

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain