真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、自ら思い立って真理探究を志し、行為と想念でもって意思表示をすれば、その人物がそれまでに到達したレベルに相応した知識と教えを授かるように法則が働いて、その波動と調和し始めます。そのレベルには限界というものはありません。なぜなら人間みずからが無限の霊性を宿しており、真理も無限に存在するからです。  シルバーバーチのスピリチュアルな法則より。

魂の成長は地上の苦難をプラス思考で乗り越えることによってなされます。

 

スピリチュアリズムの教えーー苦しみ・困難は必要不可欠なもの

 

スピリチュアリズムを知った私達であっても、苦しみは何とか避けたいと思うものです。苦しみを避けたいと思うのは地上人の本性ともいうべきものです、それはごく当然の在り方でしょう。一般の人々は、苦しみや困難がないことが幸せであり、苦難があることは不幸であると考えています。苦しみは人生から幸せを奪い取る敵であり、何とかそれを避けたいと願っています。多くの人々が宗教に係わりを持っていますが、その人達が求めるものは、苦しみのない幸せな人生です。シャカの仏法も、生・老・病・死という避けられない人生苦を、いかに克服すべきかというところから出発しています。このように苦しみは、私達地上人生の中で大きな部分を占めています。

 

ところが、高級霊訓では、苦しみに対して全く違った見方をしています。違っているどころか180度も反対のことを言っています。私達地上人の常識を根本から覆すことを述べているのです。「シルバーバーチはしばしば、「苦しみを避けてはいけません。ありがたいものとして受け入れなさい」と言っています。

霊訓を読むとき私達はよく、地上人と霊界人の視野の違いの大きさに驚かされることがあります。たとえばその一つが死についての考え方です。私達にとって愛する人との死別は、悲しみの絶頂とも言うべきものです。が、それに対して霊界の人々は「どうして死をそんなに悲しむ必要があるのですか。どうして死をそんなに悪く考えるのですか。死は肉体という牢獄から魂を解放してくれる喜ばしい時なのです」というように、想像もつかないような返事をするのです。そして同じように、私達が地上で味わう苦しみ・困難についても、ありがたいものだと言うのです。この世の多くの宗教は、苦しみを取り除くことを売り物にしていますが、それに比べて、スピリチュアリズムは何と違っていることでしょうか。

 

高級霊の発言や教えは、常に霊界という永遠的な観点からなされます。私達地上人が幼児であるなら、霊界の高級霊は無条件に親であり大人なのです。その視野の広さ、全体を見通した判断力は私達とは比べものになりません、そのような高級霊が、苦しみは魂の成長に不可欠な条件であると言っているのです

 

 

       スピリチュアリズム・ニューズレターバックナンバー 2号

 

 ****************************************************************************************************

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain