読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、自ら思い立って真理探究を志し、行為と想念でもって意思表示をすれば、その人物がそれまでに到達したレベルに相応した知識と教えを授かるように法則が働いて、その波動と調和し始めます。そのレベルには限界というものはありません。なぜなら人間みずからが無限の霊性を宿しており、真理も無限に存在するからです。  シルバーバーチのスピリチュアルな法則より。

近藤千雄 霊界の存在を確信させた出来事

 

兄は日本の敗戦の翌日、すなわち1945年8月16日に、学徒動員中にトラック事故で15歳で死亡している。

 

疎開先のことで、家は山を4,5分ばかり登った位置にあり、毎日陸軍のトラックが山すそまで迎えに来る。敗戦の翌日とはいえ、実際にはまだ勝ったのか負けたのか定かでないので、軍はその日もいつも通りの作業を行うことにした。

 

兄はいつもただ弁当だけを持参する毎日だったが、その日の朝、母は何を勘違いしたのか、兄を見送ったあとで、ふと「弁当を持たせるのを忘れた!」と錯覚し、大急ぎでおにぎりをこしらえて、兄を追って山を駆け下りた。下りきると、すでにそこにトラックが来ていて、ちょうど兄が後尾から大股で乗り込んだところであった。

 

駆け寄った母が、「ヒデちゃん、ホラ、弁当!」と差し出すと、兄は「あるよ」と言って、それを差し上げて見せた。母は自分の勘違いだったことに気づいたが、食べ盛りのころなので、「二つくらい食べれるでしょ。せっかくだから持っていきなさいよ」と言って差し出した。が兄はまわりの級友たちの手前、恥ずかしく思ったのだろう。「いいよ」と言って受け取ろうとしない。

 

「まあ、持っていきなさいよ」

「いいっていったら」

 

そう言い合っているうちにトラックが出発した。母は仕方なく両手で弁当をもったまま、兄を見送った。それが今生の見おさめになるとも知らないで・・・。

事故の報が入ったのはそれから15分ばかりのちだった。ほとんど即死状態だったという。

 

それからほぼ、10年の歳月が流れて、話は1954年のことになる。私の生涯を決定づけることになる間部詮敦(まなべ・あきあつ)という霊能者が福山市をはじめて訪れた時、うわさを耳にした母が伺った。座敷で先生と挨拶するとすぐに、先生が、

 

「今ここに一人の青年が見えておりますが、何か手に持っていますね。ほう、弁当だと言っています。

 

お母さんには申し訳ないことをしたと言っておられますよ」とおっしゃた。母はその場に泣き崩れた。

 

間違いなくわが子であることを確信しただけでなく、別れのシーンの自分の最後の姿が、兄の目に焼きついていたことを知ったからである。母にとってこれにまさる「証拠」はなく、それが死後の存続を確信する決定的な体験となった。そして、間接的ながら、それが私にも決定的な影響を及ぼした。

                             

                           近藤千雄

*****************************************************************************************************

 

 近藤千雄さんと、モーリス・バーバネル。

f:id:muratakazuhiko:20151130144031j:plain

 ****************************************************************************************************

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain