読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、自ら思い立って真理探究を志し、行為と想念でもって意思表示をすれば、その人物がそれまでに到達したレベルに相応した知識と教えを授かるように法則が働いて、その波動と調和し始めます。そのレベルには限界というものはありません。なぜなら人間みずからが無限の霊性を宿しており、真理も無限に存在するからです。  シルバーバーチのスピリチュアルな法則より。

シルバーバーチは語る  12章 死後の世界

 

シルバーバーチはよく死後の世界の素晴らしさを語る。そして、われわ人間の睡眠中によく訪れているという。ただ、脳を中核とした意識には、特殊な能力を具えた者を除いてほとんど思い出せないという」

 

私たちがお届けする霊の世界からの贈り物を十分に理解なされば、私たちをして、こうして地上に降りて来る気にさせるのは、あなた方のためを思う気持意外の何もでもないことが分かっていただけるはずです。いったい誰が、ただの酔狂で、素晴らしい光の世界からこの地上界に降りて参りましょう。

 

あなた方はまだ霊の本当の素晴らしさをしりません。肉体の牢獄から解放され、痛みも苦しみもない、行きたいと思えばどこえでも一瞬にの間に行ける、考えたことがすぐに形をもって目前に現れる。追求したいことに幾らでも専念できる。お金の心配がない・・・こうした世界は地上には譬えるものがないのです。その楽しさは、あなたがたはまだ一度も味わったことがありません。

 

肉体に閉じ込められた者には、美しさの本当の姿を見ることができません。霊の世界の光、色彩、景色、樹木、小鳥、小川、渓流、山、花、こうしたものがどれほど美しいかあなた方はご存じない。それでいて、なお死を恐れます。

人間にとって死は恐怖の最たるもののようです。が実は、人間は死んで初めて生きることになるのです。あなた方は自分では立派に生きているつもりでしょうが、実際にはほとんど死んでいるのも同然です。霊的なものに対しては死人のごとく反応を示しません。小さな生命のともしびが粗末な肉体の中でチラチラと輝いていますが、霊的なことには一向に反応を示しません。ただ、徐々にではあっても成長はしています。私たちの働きがけによって、霊的な勢力が物質界に増えつつあります。霊的な光が広まれば、とうぜん暗闇が後退していきます。

 

 

        シルバーバーチは語る  12章 死後の世界 抜粋

 

                          スピリチュアリズム普及会 

                          許可をえて転載しています。

*****************************************************************************************************

備考、

   詳しくは本文をお読みください。

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain