真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、自ら思い立って真理探究を志し、行為と想念でもって意思表示をすれば、その人物がそれまでに到達したレベルに相応した知識と教えを授かるように法則が働いて、その波動と調和し始めます。そのレベルには限界というものはありません。なぜなら人間みずからが無限の霊性を宿しており、真理も無限に存在するからです。  シルバーバーチのスピリチュアルな法則より。

「神の御開運を祈る」  太陽の神人 黒住宗忠

ふつうは神に祈願する場合、「神に自分の開運を祈る」のであるが、本章では逆に、「神のご開運を祈る」という超・逆転の発想を紹介している。

 

このコペルニクス的転回の神観は、幕末の神道家・黒住宗忠が提唱したものである。・・・・・なぜ彼が、「神のご開運」という結論に行き着いたのか、を探っていきたい。

 

宗忠は外面的には、大本教出口王仁三郎、天風会の中村天風など波乱万丈の人生を送った人物と比較すると、生涯を岡山で暮らした田舎の一神主にすぎない。

 

ところがよく、調べてみると、宗忠は日常的にイエス・キリストをほうふつとさせる数々の奇跡を行いながら、「何事も心次第」という天風哲学に通底する生命哲学を説き、大愚・良寛のような無欲な生活をした人物であり、「平凡の中の非凡」いや「平凡の中の超非凡」ともいえる隠れた神人なのである。

 

宗忠の死後、高弟・赤木忠春は幕末に京都に進出して、不思議な縁が重なり、皇族や公家の病気治療や祈願などを行った。宗忠が死去して六年後の安政三年(1856)はやくも「宗忠大明神」の神号をいただいている。

 

文久二年(1863)には京都・神楽岡に彼をご祭神とする宗忠神社が建立され、二年後にはなんと、孝明天皇の「勅願所」にまでなっているのである(孝明天皇明治天皇の父君にあたる)勅願所とは天皇が祈願する特別な神社および仏閣のことであり、幕末動乱期において皇室が実質的な祈願をする神社として日本を陰で支えることになる。

 

これは民間の一神道家を祭る神社に対する扱いとしては異例中の異例のことで、日本の歴史上に例をみない。

 

そのため、幕末日本が生んだ不世出の神人として、「仏教弘法大師空海あれば、神道に神人・黒住宗忠あり」と讃えられた。

 

  太陽の神人 黒住宗忠 山田雅春著 より3~4p

 

 

 

*****************************************************************************************************

 

 

参考、 イエスは次のようなことを言われた。

  

 神の国は、見えるような形で来るのではない  。だから、「ここにある」とか「あそこにある」などと言えない。神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ。」

 

 

黒住宗忠教祖、 

 

神仏おのが心にましますに他を祈るこそあわれなりけり

 

祈りても しるしなきこそしるしなれ己が心に誠なければ

 

     

      天照太神 天命直授

             ↑

             、がある太陽を表している。(霊界の太陽)では。

 

 

 

*****************************************************************************************************

 備考、私の尊敬する人物です。             管理人。

***************************************************************************************************** 

f:id:muratakazuhiko:20151130123406j:plain