真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、歩み入る者に、霊的真理を、去り行く人に幸せを、住まう者に霊性の進化を。   蒼氓。

スピリチュアルリズム 黄金期前期の優れた霊媒・霊能者たち

 

D・Dホーム(1833年1886年

ホームは、スピリチュアリズム史上最大の霊媒の一人です。物品引き寄せ(アポーツ)と直接談話現象以外の、あらゆる心霊能力を持っていたと言われます。彼の能力はアメリカ在住中に発見され、ヘアー教授やエドマンズ判事による検証をうけました。1855年、英国に渡り、その卓越した霊能によって英国中において大反響を巻き起こしましたホームは優れた人格の持ち主で,生涯にわたって一度も霊能による報酬を受け取りませんでした。

ウィリアム・クルックスは、ホームの霊現象を徹底し観察実験し、それが本物であることを認めました。1868年にはホームは何度も空中浮揚を行いました。それを多数の目撃者が証言しています。

 

 ***************************************************************************************************

 

備考、

ウィリアム・クルックス卿、は19世紀最大の物理学者の一人でタリウム元素の発見や放電管の発明など歴史的な科学的業績を残しています。それによって王立学士院の院長に選ばれています。彼は、1907年にノーベル化学賞を受賞しています。こうした物理学の研究の一方で、D・Dホームやフローセンスクックなどの心霊現象の研究にも打ち込みました。そのクルックスは初めは徹底した懐疑論者でしたが、優れた霊媒による驚異的な心霊現象に直接触れることによって、やがて霊の存在を確信するようになっていきました。彼は1896~1899年の3年間、SPRの会長を務めました。

 

***************************************************************************************************** 

備考の備考、

この方はすごい人で、19世紀最大あるい歴史上最高の科学者(物理学)との声も多い。シャルル・リシェーも尊敬していた方のようです。また、風貌も威厳がありますね。

                             管理人。

 ****************************************************************************************************

 

 参考文献↓


*****************************************************************************************************

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain