真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、自ら思い立って真理探究を志し、行為と想念でもって意思表示をすれば、その人物がそれまでに到達したレベルに相応した知識と教えを授かるように法則が働いて、その波動と調和し始めます。そのレベルには限界というものはありません。なぜなら人間みずからが無限の霊性を宿しており、真理も無限に存在するからです。  シルバーバーチのスピリチュアルな法則より。

相手を拝む心

 

 

前回の続きです。

 

無心の心の持ち主となれ。茶の心とはこれである。無心に点ずる茶は、招いた人の心と和する。調和とは無心の心。

 

無心とは我(が)のない心、人のことを悪く言わず、自分をよく見せようとしない心である。それは自分よりも相手のためになろうとする奉仕の心、たとえ相手が泥棒であっても、その人のために祈る心、下着まで脱いで与えた良寛の心、この心は必ず相手に通じ、泥棒は翌朝謝りに来たのである。

 

故に調和とは、相手を尊敬する心、奉仕する心、無私の心、どん底からの慈愛心は、相手を師とし仏として拝む心から。それは向上心に立った強い自省の心から生まれてくる。

 

何も恐れる必要はない。誰も憎む必要はない。誰もこれを避ける必要はない。来る人はすべて目に見えぬ糸でつながれた縁ある人々である。だからこれに奉仕せよ。

 

感謝の心だけで胸襟を開いて交われ、世は相見互いの気持ちで、相手のことだけを考えて奉仕に徹せよ。

 

        スピリチュアルな生き方原点

   

       脇長生・講述  桑原啓善・筆録  でくのぼう出版   

 

*****************************************************************************************************

備考、「自分がして欲しいことを相手にしてあげなさい。」イエス・キリスト

  

「好感を覚える人を愛することは、やさしいことです。そこには徳性も神聖さもありません。好感のもてない人を愛するーこれが魂の霊格の高さを示します。」

                          シルバーバーチ霊訓(1)

 

自分を忘れ、他人のことを思えば思うほど、それだけ自分が立派になるのです。

(利他愛の実践)            霊性進化の道ースピリチュアリズム

*****************************************************************************************************

 素晴らしいお言葉、 ニーバの祈り。

            

 「神よ変えることの出来ない事柄については、それをそのまま受け入れる平静さを、

    変える事の出来る事柄については、それを変える勇気を、そして、この二つを

     違いを見定める叡智を、私にお与えください。」

              ニーバーの祈り ライン ホールド・ニーバー

                   (アメリカの神学者・雑誌編集者)

****************************************************************************************************

備考、だれにでも、経験があるでしょう。「もう変えられないことあれこれ悔やんだり悩んだこと」「勇気がなくできなかったこと」「そして色々ごちゃごちゃになって立ち尽くしてたこと」そんな時、思い出したい言葉です。困難に直面して,立ち止まった時、先に進めなかった時、その状況を受け入れて勇気を持って一歩踏み出す、人生とは常にその繰り返しかもしれません。

                  素晴らしいお言葉です。感謝します作者に。

*****************************************************************************************************

f:id:muratakazuhiko:20151130122803j:plain