真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、自ら思い立って真理探究を志し、行為と想念でもって意思表示をすれば、その人物がそれまでに到達したレベルに相応した知識と教えを授かるように法則が働いて、その波動と調和し始めます。そのレベルには限界というものはありません。なぜなら人間みずからが無限の霊性を宿しており、真理も無限に存在するからです。  シルバーバーチのスピリチュアルな法則より。

「一心法界三昧」弁栄上人は24歳のとき筑波山に二ヶ月こもって日夜念仏を唱える修行をおこなった。」

 

 

米麦そば粉で飢えをしのぎ、口で念仏を唱え、阿弥陀仏の姿を心に思い浮かべ礼拝すること、毎日、ついに一心法界三昧を会得した。

 

弁栄上人の説明によると「一心法界三昧」とはこの宇宙に存在する森羅万象のすべてが自分の心の中にあることを悟ることだという。

 

自己と他人の区別、自己と環境、さらに時間と空間の制限を越えた世界、二元性を超えた法界と自己の心が溶け合って一つになったのが法界心である。その法界心そのものになったというのである。

 

一つだから、自他の区別はなく、そこには内側も外側も中間もないのである。

 

我々がなぜ心の中に宇宙のすべてが存在する事が見えないかというと自我の観念に覆われているからだと言う。

 

我々は肉体や思考や感情を自己と思い込んでいるのである。今まで自分の外側に見ていた森羅万象が内も外も区別がなくなり、あるがままに映し出されていることを大円境智と呼ぶ。

 

*****************************************************************************************************

 不殺生の行為

蛇が衣を這い上がり、猿が無心に戯れる中、弁栄聖人は体はやせ衰え垢だらけ、髪も髭もぼうぼうになって窟に篭り、一日に十万回の念仏を称え、虚空を我が心とした我々のような凡人にはいくら想像しても想像できない境地だという。

 

 

 

 

 

 

弁栄上人は明治の人であり、その教えは仏教用語に満ちており、我々凡人には難解である。その霊性の高さは計り知れない。尊敬する人物の一人であります。   蒼氓。

 

*****************************************************************************************************

 

「預言ができるとか、病気がなおるとか、そんな奇蹟がなんの価値がありましょう。凡夫が仏になる。これほど大きい奇蹟がまたとありましょう。    山崎弁栄聖者。

*****************************************************************************************************

f:id:muratakazuhiko:20151130122803j:plain