真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、自ら思い立って真理探究を志し、行為と想念でもって意思表示をすれば、その人物がそれまでに到達したレベルに相応した知識と教えを授かるように法則が働いて、その波動と調和し始めます。そのレベルには限界というものはありません。なぜなら人間みずからが無限の霊性を宿しており、真理も無限に存在するからです。  シルバーバーチのスピリチュアルな法則より。

偉大なクルックスを尊敬していたフランスの世界的生理学者シャルル・リシェ(1913年ノーベル生理学賞、医学賞受賞)はそのことについて

 

 

 

「博士ともあろうお方が、何ということを!博士は道を間

 

違えられた!」と嘆いたそうですが、そのときのことを何

かのスピリチュアルリズムの文献でこう述べています。

 

「当時の科学的常識を絶対と思っていた私はクルックス博

士の見解を自分で実験して本当かどうかを確かめてみよう

などという考えを抱く余裕などカケラもなかった」。

 

 

人間というのは、人のやったことは頭から嘲(あざ)笑う

だけで平気でいられるものだ。

 

恥ずかしい話だが、私もその一人だった、博士が写真を公

表して、霊が物質化してその姿を写真に撮らせたこと、し

かもその物質化像にも脈拍があったという報告を読んだ時

 

いかに尊敬申し上げている高名な物理学者とはいえ、私は声に出して笑ってしまった。

 

そのリシェーは、そののちに交霊会に出席し、霊界の歓迎

 

(驚異的現象)に圧倒され、

 

「神よ!私が間違っておりました!」

 

と叫んでしまったようです。

 

そして一級のスピリチュアリストの一人になって、スピリ

チュアリズムの普及に大きな貢献をされています。

 

*****************************************************************************************************

 

 

備考、ウイリアム・クルックス、1907年ノーベル化学賞受賞、19世紀最大あるいは歴史上最高の科学者(物理学者)の声も多い。

シャルル・ロベール・リシェ、(1913年ノーベル生理学賞、医学賞受賞、)

*****************************************************************************************************

備考、ウイリアム、クルックス、シャルル、リシェ。簡単に紹介しました。後は自分で調べてください。クルックス博士はすごく威厳のある面持です。

*****************************************************************************************************

 当時の心霊現象は物凄かったようです。空中浮遊、エクトプラズム。

 

参考、  D.Dホーム。 ケイティー・キング。

f:id:muratakazuhiko:20151130122803j:plain