真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、歩み入る者に、霊的真理を、去り行く人に幸せを、住まう者に霊性の進化を。   蒼氓。

南無阿弥陀仏 とは

南無とはナモ「礼拝・おじぎ・挨拶」を意味するナマス(梵:namas)連声による変化形。礼拝から転じて帰依を表明する意味に用いられ、「私は帰依をしますと」解釈される。

 

阿弥陀仏は、その二つの仏名である。「アミターバ無量の光」と「アミタユース(無量の寿命)の「はかることのできない(無量)というアミターのみを音写したもの。

 

すなわち南無阿弥陀仏」とは「わたくしは(はかりしれない光明、はかりしれない寿命の)阿弥陀仏に帰依いたします」という意味になる。

 

注釈 阿弥陀仏は無色無形です。(光り輝く存在と同じでは)。 

          

光明会山崎弁栄上人(あの世を説かぬ宗教は幼稚な宗教である。)

 

私は弁栄上人の伝記を読み何度も涙したことをここに告白します、素晴らしいお坊さんです。

 

そのあとシルバーバーチに出会いました。

 

備考、弁栄聖者とシルバーバーチの共通てんがひとつあります。それは、決して他を批判しなかった。

 

 下の絵は、弁栄聖人、作。

f:id:muratakazuhiko:20151130132103j:plain