シルバー・バーチの霊訓(一) アン・ドゥーリー編 近藤千雄訳

悲しみは魂に悟りを開かせる数ある体験の中でも特に深甚なる意味をもつものです。悲しみはそれが魂の琴線に触れた時、いちばんよく魂の目を覚まさせるものです。 魂は肉体の奥深く埋もれているために、それを目覚めさせるためにはよほどの体験を必要とします。 悲しみ、無念、病気、不幸等は地上の人間にとって教訓を学ぶ…