真理との邂逅 高級霊のメッセージ    無限なる愛と無限なる叡智をあなたへ

永遠の愛の奇跡の言葉をあなたへ。親愛なる友よ、静穏の中、心奥の心の声で【霊読】御読みください。わたしが今あなたたちにしているこの話はあなたたちの心をあらゆる生命の本源に一層近づけつつあるのである。 十二話70   人は幾度も幾度も人によって傷つけられ、自分自身の愚行によって十字架につけられて始めて彼は、神の分霊を通してすべてのものが「大いなる一体」であることに開眼する。十四 話 34  

第七話  16~25

16 御自身の中に生命を有ち給う父はその生命を子を通して現わし給うたのである。その故にまた子はその生命、父の御意志を現わすのである。 17 わたしの言葉は生き、かつ強力である、しかしまた蜜よりも甘い。 18 父がわたしに与え給う言葉は、世の人の理解を…

感動した文章。

この世界は私に属している。 物も、金も人も、陸も海も、全部私のものだと、若き日の私は考えた。 神の御手による大空の下を、私は大手を振って歩いた。 その頃の私の言葉は、「私が」であった。 歳月は流れ、私の行く道に、一条の光がひらめき、 私の心に小…

第七話 11 ~ 15 聖書は生命の法則を教え、生命の法則を正しく用いさせるために、み霊の導きにより天啓によって書かれたものである。

11 書物や言葉や文字など、すべてそれ自身としての価値はゼロである。み霊が(その人の)想念を不可視のものに繋ぎ、かくて五官の世界を貫き通す手段としての言葉を用いた時始めてそれらのものに価値が生ずるのである。 12 かくして言葉は大いなる値の真珠を内…

第七話 1 ~10 区切りや分離は人間心に生じた無智よりくる観念にすぎない。

第 七 話 吾が言葉は天より来る わたしはわたしの平安とわたしの愛とをあなたたちにもたらす 1 聖書の価値をいっしょに考えてみよう。 2 『聖書』は地上界の律法と天界の律法とを述べたものである。 3 多くの巻に書かれている言葉はイズラエル人の予言者達の…

第六話 113~119

113 天にましますわれらの父よ、御名が崇められんことを、天国の来らんことを、御意の天になるが如くに地にもならんことを。 114 あなたたちはわたしの友人である、わたしが父より拝聴したものはすべてあなたたちに知らせるからである。あなたたちを行かせ、…

文豪、夏目漱石の詩作の最後を飾るにふさわしい絶唱というべき作品。 漢詩 無題

漢詩 無題 夏目漱石 眞蹤寂寞杳難尋 欲抱虚懷歩古今 碧水碧山何有我 蓋天蓋地是無心 依稀暮色月離草 錯落秋聲風在林 眼耳雙忘身亦失 空中獨唱白雲吟 眞蹤(しんしょう)は寂莫(せきぼく)として杳(よう)として尋ね難く 虚懐を抱いて古今に歩まんと欲す 碧…

第六話 108~112

108 知性で理屈立てをしてはならない。知性はその性質上限られたものであり、外面から判断するだけである。み霊は神 来 (金)インスピレーション )によってすべての物事を啓示する。 109 わたしがあなたたちの中に生きていること、人間が神の久遠の子であ…

第六話 101~107

101 このことには何の神秘めかしさもない。これまでに神を見た者は誰一人としていないのであるが、父のみ胸の中にいる神(が自分の父なること)を言明してきた。 102 この言葉を理解しない人達は戸迷いを感じるが、あなたたちは、父御自身が御自分肖である神…

第六話 91~100

91 久遠なる方が在ます。久遠なる方はその子と共に、地を統べ、世を矯正し、もろもろの国民を正確に治めるために来たり給う。それが約束である。この約束は現に果されつつある。今や道が準備えられつつあるのである。 92 人の裡なるみ霊は自由を要求する。も…

第六話81~90

81 何故ならば、母の中にこそ御自分の似姿を形成される父のみ業が見られるからである。こうしてわたしは化身したのである。『わたしは生命である』。 82 何人も父が知らぬ間に肉の身に生れ入る者はなく、何人もまた父が知らぬ間に肉の身を去る者もいない。 8…

第六話 70~80 

70 あなたたちの理想像が明らかとなるにつれて父なる神が益々美しく映じてくる。魂は内なる目の通りのものを示現するのである。 71 此の事があなたたちを誘い、終わりなき光の流れに乗らしめ、遂にその本源に到達するまで前へ前へと進ませるのである。 72 父…

第六話 21~26  あなたたちが今後み霊の意識からのみ機能するようになれば、あなたたちの肉体は一層精妙となり、瞬間的に(内在のみ霊、意識に)服従するようになる。

21 わたしがあなたたちに教えている教理に反してさまざまの分離を惹き起こす人々に気をつけるがよい。分離は人の心の中のみにあるのであって、それ以外にあったためしは決してないのである。そしてこの分離は無智から生れる。 22 あなたたちが今後み霊の意識…

第六話 11~20 先づ根元に唯一無二の本源から流れる唯一無二の生命があり、唯一無二の神霊がありとしあらゆるものの中に御みずからを顕現し給いつつあるのである。

11 あなたたちの中に宿り給う父なる神はあなたたちの意識を通じておんみずからを啓示し給う、なぜならあなたたちの意識が父なる神を表現する手段だからである。"i am(吾は神なり)という力の大いなる秘密があなたたち自身の意識の中にあることを自覚せよ。”i …

ジョセフ・スクライヴェン 讃美歌「いつくしみ深き」の作者

讃美歌「いつくしみ深き」の作者 ジョセフ・スクライヴェン 「 いつくしみ深き 」 (讃美歌312番) は世界的に愛唱されている慰めに満ちた讃美歌です。 作詞者は ジョセフ・スクライヴェン ( 1819~86 ) という人です。 彼はアイルランドの裕福な家庭に生…

第六話 吾を死より挙げ給いし父のみ霊汝等の中に住給う。

第 六 話 吾を死より挙げ給いし父のみ霊汝等の中に住給う。 1 わたしを『死』より挙げ給うた父なる神のみ霊があなたたちの中に宿っい給う。 2 この言葉の重大性が多分あなたたちにはよく解っていないであろう。しかしそれは全く同一のみ霊であって、み霊に区…

第六話 66~70   神には分離はないのである。いかなる所にも分離はありえないのである。

66 わたしが穴をあけるためにやってきた二千年前当時の無智は、今猶その多くが残っている。伝統宗教(複数)には殆ど変化がない。 67 これ程多数の分離、これ程多数の闘争は宗教各派によって惹き起こされてきたのである。しかし今やあなたたちが悟ったように、…

第六話 61~65

61 神の音楽、愛、英知は魂を通じてそれ自身を現す。このようにしてあなたたちはそれが自分の肉体に顕現するのを意識する。わたしの平安と愛とをもたらし、わたしの平安と愛とをあなたたちにの許にとどめる、とわたしが云うのもその為である。 62 あなたたち…

かくてわたしたちは無限なる神の中において共に一体なのである。

神の他に生存しているものはない。 従って神が無限なるためには 神は無限の空間に充ち満ちていなければならない。 故に神はわたしの中に生き、わたしは神の中に生き、 又神はあなたたちの中に生き、あなたたちはわたしの中に生きていなければならない。 かく…

第六話 55~60 彼はこの目的の為にヒマラヤ山中において、訓練を受けて来た。(15)時として七日間、又それ以上も飲食さえせず、より高級の波動が受けられるようになるまで、完全な瞑想に入ったりしたのである。

55 彼はこの目的の為にヒマラヤ山中において、訓練を受けて来た。(15)時として七日間、又それ以上も飲食さえせず、より高級の波動が受けられるようになるまで、完全な瞑想に入ったりしたのである。 56 そのおかげでわれわれは彼を今日まで世界中で用いてきた…

第六話 50~54 もしこの同胞が瞑想し、静かに坐って彼自身の意識の内界に再び入るならば、一切がそこに刻印されているのを発見するであろう、そしてわたしが伝えたものを全部再現することができるのである。この連続講話の後、彼は今まで以上に真理示現の大いなる器となるのであるが、それはこの為なのである。

50 一つの心から他の心、あるいは一つの意識から他の意識への直接交感通信というのがある。離れた所から甲が乙に話しているのを聞くためにあなたたちの世界で用いている仕掛けと丁度同じような直接の通信方法がある。 51 此処でも同じことである。上(霊界)…

第六話  41~45

41 あなたたちがキリストに在って強くなる時、あなたたちの胸(ハート)は平安であり、憐れみと愛とに満ちる。わたしが父を知るが如くにあなたたちも父を知るがよい。わたしは父を、父のすべての愛を、父のすべての栄光を憐れみを英知を、そして力を、人間の…

永遠の名曲 天国へ架ける橋 Bridgeo Over Troubled Wdter

Bridge Over Troubled Water の和訳と歌詞 脳梗塞で倒れた友人 bolla に贈るよ。 こう歌を。・・・ 日々の仕事より時間を割き、静寂の中に入り、わたしと偕に黙想するがよい。わたしは常にあなたたちと偕にある。あなたたちを通して顕現するわたしの臨在をあ…

愛は人間の根源的感情として、全人類に普遍的であり、人格的な交わり、あるいは人格以外の価値との交わりを可能にする力である。

愛(読み)あい(英語表記)love. . 翻訳| 愛は人間の根源的感情として,全人類に普遍的であり、人格的な交わり、あるいは人格以外の価値との交わりを可能にする力である。 ときに憎しみの対立概念とみなされることがあるが、根源的な生命的原理としては、…

第六話 11~15 聖なる神殿(肉体)を毎日神我の生命の力強い、かつ断定的な波動で満たし、周囲の雰囲  気を、肉の感官を超えて、昇華させよ。

11 あなたたちの中に宿り給う父なる神はあなたたちの意識を通じておんみずからを啓示し給う、なぜならあなたたちの意識が父なる神を表現する手段だからである。"i am" (吾神なり)という力の大いなる秘密があなたたち自身の意識の中にあることを自せよ。 "i a…

第六話 16~21 わたしがあなたたちに教えている教理に反してさまざまの分離を惹き起こす人々に気をつけるがよい。分離は人の心の中にのみにあるのであって、それ以外にあったためしは決してないのである。そしてこの分離は無智から生まれる。

16 あなたたちの裡なる意識が少しでも「無限なる意識」から離れれば、無限者は無限ではあり得なくなる。地上における一個の生ける存在であるあなたたちが神から離れるならば、神は無限ではありえなくなる。(人は)自分一人生き得るものではないく、何処にい…

改稿。令和、初日、5月1日の出来事。 今日、わたしは憎しみ(正義)を愛に変えた。そこには、もの凄い心の葛藤があった。それは永遠の赦しを意味する。

改稿。追記あり。 追記5月11日 22 愛はあらゆる非行の上に覆(ベール)をかける。しかし憎しみは闘いをかきたてる。 心の二重性(善・悪・美・醜など)に住むことなく、み霊の位置体性(み霊において万物、万人一体)を求めよ。 23 あなたたちは非行の上に…

第六話 36~40

36 わたしは父によってあらゆるものを引き渡されている。父の他に子を知るものはなく、子の他に父を知る者はない。 37 では、疲れている人々、重荷を背負っている人々よ、みんなわたしの許に来るがよい。わたしはあなたたちに休息を与える。それは嘘ではない…

第六話  31~35 一羽の雀といえども父なる神の御意思によらずに地に落ちることはない。故に恐怖してはならなぬ。わたしが常にあなたたちと偕に居るからである。

31 このようにして神我はあなたたちの中にもまた君臨するであろう、なぜならば、神我は父なる神のみ胸に休息らう一人子だからである。 32 彼はあらゆる王国の王であり、天上をそしてまた地上を制する。 33 一羽の雀といえども父なる神の御意思によらずに地に…

第 六 話   吾を死より挙げ給いし父のみ霊汝等の中に住み給う。    27~31

27 わたしが明白に悟ったのは実にこのことだったのである。わたしはみ霊から語り、そうすることによって一切のものに生命を注ぎ込んだのである。あなたたちがわたしと偕に考え、わたしと偕に感ずるならば、わたしの云わんとすることが了解されよう。 28 生命…

第二話 86~90

86 「もしあなたたちにわたしが解るならば、わたしの父をも又理解するであろう。しかしもしわたしの父が解らなければ、どうしてわたしが解ろうか、どうしてわたしの言葉が理解できようか」。とわたしは言ったことがある。 87 わたしは神我より語るが、あなた…