真理との邂逅 高級霊のメッセージ    無限なる愛と無限なる叡智をあなたへ

成長と理解との秘訣は柔軟な心を持つことである。・・・。親愛なる友よ、静穏の中、心奥の心の声で【霊読】御読みください。わたしが今あなたたちにしているこの話はあなたたちの心をあらゆる生命の本源に一層近づけつつあるのである。 十二話70   人は幾度も幾度も人によって傷つけられ、自分自身の愚行によって十字架につけられて始めて彼は、神の分霊を通してすべてのものが「大いなる一体」であることに開眼する。十四 話 34 。 無限の真理=無限の気づき。汝、汝自身を知れ、知れば。吾は神なり(全ては神)。

「スウェーデンボルグの霊界からの手記」 私は生きながら死後の世界を見てきた エマニュエル・スウェーデンボルグ 今村光一抄訳・編

霊界の太陽は生命と秩序の基礎 「われ、いまは霊界の太陽のことを汝に語らん・・・・・太陽はわれら霊にとりては神の如きものにして霊界のすべての基礎は太陽にあり、霊界は太陽によりて存在するものなれば、われ、これを詳しく語らん」私が最初に霊界に入っ…

シルバー・バーチの霊訓(一) アン・ドゥーリ編 近藤千雄訳

問「霊的法則は霊界でも地上でも同じ作用をするのでしょうか。」 答「違います。 こちらでは同一レベルにまで進化した者同士の生活が営まれており、霊格にによる区別がはっきりしているからです。 ですから地上のように比較対照というものがありません。 各…

「スウェデンボルグの霊界からの手記」 私は生きながら死後の世界を見てきた エマニュエル・スウェデンボルグ 今村光一抄訳・編

つねに目の前にある霊界の太陽 ラクダの背に荷を積んだ隊商が、東洋の砂漠を延々と列を連ねて西へ進んでゆく。広い砂漠には視界をさえぎるものとてない。隊商たちには、街道を進むときのような目標はなにもない。彼らに進路を示すものはただひとつ、時間と太…

「スウェデンボルグの霊界からの手記」 私は生きながら死後の世界を見てきた エマニュエル・スウェデンボルグ 今村光一抄訳・編

では、もっとわかりやすく説明しよう。霊界の太陽から流れでる霊流が、霊界の生命の源であることはすでに述べたとおりだ。 この霊流には、霊界の上、中、下、の三世界に直接、太陽から注がれるもの(直接霊流)と、 太陽ー上世界ー中世界ー下世界の経路をへ…

「引き続き霊界での成長につい」

「一つの界から次の界へよじ登っていくのではありません。 自然に成長し、自然に進化していくのです。 程度の低い要素が、程度の高い要素にその場を譲っていくのです。 何度も死に、何度も誕生するのです。 幽体は、肉体の死のような過程で失われていくので…

(122)一番初め霊は未だ自己意識をもっていませんね、それがどうして善悪を選択する自由をもつことが出来るのですか。

彼等の中に、善悪のいずれかへ誘う何か原理とか傾向があるのですか。 「自由意志は、霊が自己意識をもつに応じて現れてくるのである。 もし本人の意志とは別の原因で動かされるなら、霊に自由はないと言えるだろう。彼の選択を決定させる要因は、本人の内に…

「あなたの考えは霊に見抜かれている」

いまのような人間の考えの裏側には霊の考えがあって、それによって操られるなんてことは普通の人にはなかなかわかりにくい。 これは普通われわれは体が働くのは目に見える筋肉の働きで働いていると思いがちだが、本当に体を動かしているのは目に見えない多く…

奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき 。 テイラージル・ボルト

彼女は、右脳の世界は、過去・現在・未来という直線的な時間もなくなり、あるのは「今」だけ、自分が周囲の人々、周囲の世界とつながっていることを実感できて、至福に満ちた世界である!と、説明されています。 左脳は「今」を過去と未来に繋げて反応し、機…

キラキラニコニコ

スピリチュアル サウンドメッセージ 私から、皆様へのメツセージソング ☆彡 キラキラニコニコ \(^o^)/ おはよう~ *************************************** ハイ 元気ですか 心配してますか どんな暮しですか ニ…

103.(嘆きや悲しみがあってこそ魂は強められるのです) 

種が暗い土の中に蒔かれるのは、そこで養分を吸収してそこで生命力を発揮できるようにするためです。 それと同じように、人間の魂も死後の霊的生活にそなえて、この世での様々な体験という魂の養分を摂取するために,この暗い地上世界に送られてくるのです。…

偶像崇拝者とは。

偶像崇拝者とは?。 仏像やマンダラを拝んでいる人達だけが、偶像崇拝者ではありません。肉体を自分だと信じている人達は、みな偶像崇拝者なのです。 なぜなら、肉体は愚かな像だからです。木を切り刻んで作った仏像も、宇宙の塵(原子)で作った肉体も、何ら…

権力欲、拝金主義、唯物論、快楽主義、利己愛、このような者が、テレビなどで毎日にぎわっておます。

もし、今おかれた自分に満足出来ない時、 もし、人と比べて自分を卑下する時、 もし、人生は暗闇ばかりで光があたらないと感じた時、 もし、自分が情けなく思われるとき、 もし、死にたいと、思った時、 もし、神様に文句が言いたい時。 次の言葉を想い浮か…

嫌いな人をほめてみよう。

好きな人の嫌いなところはありますか? いくつ思いつきましたか。好きな人の嫌いなところは意外と見つかります。 では逆はどうでしょう。 嫌いな人の好きなところを挙げるのって難しくないですか? とはいえ「嫌い」でその人に心を閉ざしてしまうのももった…

第十話  心は有効な論理的思考をすることができる。

心は有効な論理的思考をすることができる。 しかしわたしの云う悟りは 論理的思考に先行する、それは心の背後にそして又 心を超えて存在する 一切の 創造の究極因について直接知ることである。 心身の神癒 第十話 7

(64)物質の世界において誰かが奇特な行いをしようとする時、霊界においてそれを支援しようとする霊がすぐさま馳せ参じます善行が無駄に終わることは決してありません。

なぜなら霊界側では人類の向上のために役立つことをする人にいつでも援助の手を差し伸べる用意がなされているからです。 ***************************************************************************************************** (65)あなたにとってま…

 追記要 第十四話   施しをしても自分の善事をトランペットを鳴らして吹聴してはならぬ。むしろ右の手のしたことを左の手に知らさぬことである。

68 施しをしても自分の善事をトランペットを鳴らして吹聴してはならぬ。 むしろ右の手のしたことを左の手に知らさぬことである。 69 なぜならば、心(ハート)の底から為(し)たことは何であれ、あなたたちの父はそれを知り給い、豊かに報い給うからである…

「迷える霊との対話」

ドクター・ピープルズ 地縛霊を前に語る かつてトルコ領事も務めたこともある、j・M・ピープル氏は六十年にわたってスピリチュアリズムの普及に尽くして、九十九歳で他界したスピリチュアリズムの大先輩であるが、私達は家族ぐるみのお付き合もさせて頂いて…

「人は死ぬことができません」

霊魂不滅を認めず死んだらすべてが終わりだと思っていた人が死んだ時はどうなりますか。? 死というのは自然法則に反することで、ありえないことですから、人は死ぬことができません。 ですからそのような人は、いつか目覚めて、事実に直面することになりま…

1980年代の末、有名な天才アインシュタインの娘リーゼルは、父から彼女に宛てられた1400通の手紙を、父親の死後20年間は内容を公開しないという指示を添えて、ヘブライ大学に寄付しました。

アルベルト・アインシュタインから娘への手紙: 1980年代の末、有名な天才アインシュタインの娘リーゼルは、父から彼女に宛てられた1400通の手紙を、父親の死後20年間は内容を公開しないという指示を添えて、ヘブライ大学に寄付しました。 これはリーゼル・…

SACRED LOVE 暗い夜明けでも 凍えそうな真夏も 心にあるのは いつも幸せを歌った君と 愛の日の 永遠を 誓った あのときの僕だよ・・・

愛こそは唯一の実在にして常在である。然らばこの「常在なるもの」は一切の条件に制約されない永遠そのものであることを悟得するがよい。 心身の神癒 第一話 77 わたしは愛によってこそ神の子なのである。故にあなたたちも愛によっつて神の息子、娘とならね…

「地獄は悪業に対する刑罰の場ではない」

まず、もっとも多くの人が持つ疑問はこんな疑問に違いない。 「生命と調和の源であり、世界の創造主ともいえる 「天の理」がなぜ地獄のような存在を許しているのか」。 しかし、その答えは意外に単純である。 一言でいえば 闇がなければわれわれは光の存在に…

「善の実践の重要性」

スウェーデンボルグは仁愛なき信仰を批判します。 彼によると信仰は仁愛と結びついていなければなりません 同様に、善と真理、愛と知恵はひとつです。 それらがひとつであればそこから役立ちが生まれます。 わたしたちは役立ちの生活をすべきです。「悪を避…

人との調和は「我(が)」のない心から

人と対してこれと争い、これを恨む。これでは調和はない。調和がなければ何事もうまくいかない。調和を得るため、意志の力で相手を変えようとしても変えられるものではない。これは我の働き、自惚れ心であって、自分を強く押し出せば出すほど、相手もそれに…

「愛が宇宙を支配しているのです」

よくわからないことが、沢山あります。 私たち霊も所詮、全ての知識を持ち合わせておりません。 しかし、同時に、矛盾を恐れずに申し上げれば、神は完全であるが故に法則も完全です。 いかなる困難が生じても、そして、たとえそれに対して私たちが、あなたに…

「自分自身の中に神仏がいる」 「この世で起きることは偶然ではない」

「自分自身の中に神仏がいる」 「この世で起きることは偶然ではない」 ◇故“政木和三”が語る「神仏」より ・人間の中にいる生命体=神仏 ・肉体人間は朽ちるが生命体は永遠 ・新たな肉体を得たときに以前の肉体の特徴が継承 ・自分の神仏を発露するには複式呼…

「人は神」である

「人は神」である まあこういうわけで、人間とは霊です。言い換えると、人間というものは、肉体というのは、80年間の借り物なんです。そして人間の本体、人間そのものというのは霊なんです。永遠不滅なんです。永遠不滅ということは何かというと、永遠不滅…

自ら思い立って真理探究を志し、行為と想念でもって意思表示をすれば、その人物がそれまでに到達したレベルに相応した知識と教えを授かるように法則が働いて、その波動と調和し始めます。

知識は常に必要です、常に求め続けるべきものです。もうこれで十分だと思って求めることをやめる人は、自分の無能を宣言し、堕落し、錆びついていくことを求めているようなものです。 魂は向上するか堕落するかのどちらかであり、同じ位置に留まっていること…

(あなた方は神の中にいるのです)

(あなた方は神の中にいるのです) (5) キリスト教徒にとって、イエスは唯一で不可欠の仲介者である。 イエスは神と直接に結ばれているが、われわれキリスト教徒は、イエスを通じて神に近づくことが出来る。 それは間違いです。 神はあなた方の中にいます。…

第八話 81~85

81 神我は各人の中における唯一の創造力である。それは父の御意志であり、父の御遺志は天上におけると同様に地上においても成就されるであろう。 82 身体の各器官は全部が全部同じ機能をするものではないが、いずれも同一身体のものである。あなたたちもそれ…

強欲は霊を地上へ縛りつけます

強欲は霊を地上へ縛りつけます 「霊の世界では、思念が全てを作る素材です。 ですから、心に思うことが全て存在するわけです。 貪欲と権力欲を持ったまま霊界へ来れば、それらが霊界では無用なことに気づくまで持ち続けます。 そうした地縛状態から解放され…