真理との邂逅 高級霊のメッセージ

親愛なる友よ、 シルバーバーチは言う。 いかなる分野の仕事にたずさわっていても同じことです。人に役立つことをするチャンスは決して見逃してはなりません。                                                                                           歩み入る者に、霊的真理を、去り行く人に幸せを、住まう者に霊性の進化を。   蒼氓。

「地上で死を悼んでいる時、こちらの世界ではそれを祝っていると思ってください。あなたがたにとっては〝お見送り〟であっても、私たちにとっては〝お迎え〟なのです」

その日の交霊会の終りに、最近一人娘を失ったばかりの母親からの手紙が読み上げられた。 その手紙の主要部分だけを紹介すると─── 〝私は十九歳のひとり娘を亡くしてしまいました。私も夫も諦めようにも諦めきれない気持ちです。 私たちにとってその娘が全て…

知識は大切な財産です。なぜならば、生きるための、知恵が生まれるからです。判断力が生まれるからです。 silver birch(6)

お金は盗まれることがあっても知識は絶対に盗まれません。叡智も盗まれません。そうした貴重な真理は一端身についたら永遠にあなたのものとなります。 silver birch(2) 手にした霊的知識という杖が困難に際して支えになってくれます。その杖にすがることです…

霊界での暮らしこそが我々にとって真の生活

生活 霊界での暮らしこそが我々にとって真の生活で、地上と同じように(といってもレベル・美質の点で段違いだが)家や庭園で暮らし、海や山などの大自然、動物や小鳥が存在する。 なぜなら元々こちらこそが実在の世界だからである(その感度はまるで違う)…

知は力なり

知は力なり 『ルーミー詩撰』 メヴラーナ ジャラールッディーン・ルーミー 知は力なり 1 知識こそは、ソロモンの王国へ通ずる鍵である。 世界は肉体であり、知識はその精神である。 2 世界という器を、知識という水が満たしている。 知識の探求とは、何たる…

心配・不安・恐怖 明日のことを思い煩うな!

心配・不安・恐怖 (明日のことを思い煩うな) (霊界の先祖や肉親から守られるために) あなたが愛し、あなたを愛してくれた人々は、決してあなたを見捨てることはありません。 いわば愛情の届く距離を半径とした円の範囲内で常にあなたを見守っています。 …

物的なものはいずれ朽ち果てる

(物的なものはいずれ朽ち果てる) 私にできることは永遠・不変の宇宙の原理・原則を指摘することだけです。 地上世界のことがすべて探求しつくされ、説明しつくされ、理解されつくしたあとに、なおかつ誰一人として完全に究めることも説明することもできな…

人間の善や悪の道徳性の根源はどこにあるのですか。

道徳的、知的能力 人間の善や悪の道徳性の根源はどこにあるのですか。 「それは、本人に宿った霊のもっている道徳性、それが根源である。その霊が清浄であればある程、その人間は善人の性質を示す」 -では、善人には善霊が宿り、悪人は悪霊が宿ったのも、そ…

聖者の示す奇跡にたまたま話が及んだついでに、師は次のようなことをおっしゃった。

ルーミーというのは先日出版された『スーフィーの聖者ルーミー“その友”に出会う旅』 でリスペクトされている詩聖ルーミーのことで、またの名を「メヴラーナ」といいます。 「メヴラーナ」とは「我が師」という一般名詞だそうです。そのルーミーが話した内容…

私どもが教えんとしていること、

私どもが教えんとしていること、 駆使しうるかぎりの力を駆使して示さんとしていることは、この宇宙が霊的法則によって支配された広大な世界であること、 そしてその法則は、人間みずから見えることより見えないことを望み、聞こえることより聞こえないこと…

「交わる相手や仲間はみな”光り輝く存在”です」

138. 「交わる相手や仲間はみな“光り輝く存在”です」 シルバー・バーチのことばには、常に謙虚さが自ずから滲み出ている。交霊会の自己紹介でも、次のように述べたことがあった。 「私は全知識の所有者ではありません。霊的進化の終点まで到達したわけではあ…

そもそも死というものは、少しも怖いものではありません。死は大いなる解放者です。死は自由をもたらしてくれます。みなさんは赤ちゃんが生まれると喜びます。が、私たちの世界では、これから地上に誕生していく人を泣いて見送る人が大勢いるのです。

************************************************************************************************ シルバーバーチのスピリチュアルな生き方 Q&A 崇高なる存在との対話 スタン・バラード/ロジャー・グリーン共著 近藤千雄訳 *************************…

苦難と悲しみ(苦労の意味)

苦難と悲しみ (苦労の意味) (障害や困難は大きな成長の機会) 障害や困難の克服が、霊的な成長を促進するということは本当です。重い精神病や肉体的な欠陥などのように深刻な問題を持つことは進歩のしるしであって、退歩を意味してはいません。 私の見解…

霊的真理は人の一生を一変させる

(霊的真理は人の一生を一変させる) 私たちは何とかして地上の人々に霊的実相を教えてあげようとするわけです。 すなわち人間は誕生という過程において賦与される霊的遺産を携えて物的生活に入るのだということを教えてあげたいのです。 生命力はいわば神の…

今地上にはさまざまな病気で無数の人がくるしんでいますが、その人たちはみな過去世の過ちの償いをしているのでしょうか。

投書(七)───今地上にはさまざまな病気で無数の人が苦しんでいますが、その人たちはみな過去世の過ちの償いをしているのでしょうか。そうやって苦しむ為に地上へ戻ってきているのでしょうか。 「苦難は生命進化の大道における不可欠の要素です。では苦難の…

「スウェーデンボルグの死後の世界」 ブルース・ヘンダーソン著 訳 鈴木泰之 監修高橋和夫

スウェーデンボルグは数回、古代キリシャの哲学者たちが当時のままに暮らしているアテネと名付けられた天界の共同社会を描いています。 そこは大きな都で、図書館・博物館・大学・法廷などがあり、またいろいろな商業活動もなされています。 そこのスポーツ…

天国に招かれる人間の条件

天国に招かれる人間の条件 では、天国の霊となり、天国的な幸福の中で永遠の霊的生活を送れるのはどんな人間なのか。 ここでこんな質問をしてみよう。 「あなたは、手に抱いた幼い子供に頬ずりしている母親の姿を見て、どんな気持ちになるだろうか」 この光…

1980年代の末、有名な天才アインシュタインの娘リーゼルは、父から彼女に宛てられた1400通の手紙を、父親の死後20年間は内容を公開しないという指示を添えて、ヘブライ大学に寄付しました。

アルベルト・アインシュタインから娘への手紙: 1980年代の末、有名な天才アインシュタインの娘リーゼルは、父から彼女に宛てられた1400通の手紙を、父親の死後20年間は内容を公開しないという指示を添えて、ヘブライ大学に寄付しました。 これはリーゼル・…

宇宙は偶然によって支配されているのではありません。法則と秩序によって支配されているのです。

宇宙のどの方角に目を向けてもーー星雲の世界の広大さや地平線の彼方を知るために望遠鏡を向けても、あるいは顕微鏡で極微の世界の創造物をのぞいて見てもーーそこに存在するものはすべて不変不滅の自然法則によって支配されております。あなたは偶然の産物…

永遠の現在の中に生きております。

永遠の現在 霊界には地上で意識しているような時間はないのでしょうか? 「ありません。 地上の時間というのは、昼と夜と四季を生じさせている地球の自転と公転によって支配されております。 私たち霊は地球の回転の影響は受けません。 従って、昼とか夜とか…

文明は新しい必要を生み出すことによって、新たな苦悩の源になりませんか。

(926)文明は新しい必要を生み出すことによって、新たな苦悩の源になりませんか。 「地上の不幸は、諸君が自分の手で創り出した人為的な欠乏によるものである。自らの欲望を抑制し、自分より富む者を羨望の目を持たずに見ることの出来る者は、地上の数多の…

『天国と地獄』より

スウェーデンボルグは,以下のように言っています。 「もし人間が,『あらゆる善は神から生じ,あらゆる悪は地獄から生じている』という事実を信じれば,善を自分の手柄にすることも,悪に誘惑されることもなくなるでしょう。 また,自分が考えたり行ったり…

祈りは大いなる霊的活動。

3)祈りは、人間の霊性の表現であり、理想に向けての魂の決意表明 一人になって神に語りかけるとき、その言葉(祈り)には、本人のありのままの心の状態が表れます。 祈りは、その人間の内面をそのまま映し出します。 オーラには一人一人の霊性・性格・知性…

わたしはメッセージそのものに全てをかけております。

わたしはメッセージそのものに全てをかけております。 地上の人間はあまりに永いあいだ教えを説く人物に関心を寄せすぎ、超人的地位に祭り上げて、肝心の教えそのものをなおざりにしてきました。 わたしたちはもう、そんな、しょせん人間にすぎない者を超人…

あなたも他の人と同じように、果たす目的があって、この物質界に生まれてきたのです。

自分はいま何をするべきか あなたも他の人と同じように、果たす目的があって、この物質界に生まれてきたのです。 時には内省してみることです。 これが自分にとって本当のやるべき事だろうか、世の中を啓発する上で役に立っているだろうか、知識の蓄積を怠っ…

限りない成長の原動力。「内省との対話」

内省と対話 組織の一体感が希薄である、コミュニケーションが難しくなった、セルフコントロールできない人が増えている等と、仕事を進めるうえで困難な状況が増えてきています。 こういった現状を変えていくには、一人ひとりがまず自分を知り、他人を知るこ…

霊魂の永遠性についてお伺いしたいことがあります。

─霊魂の永遠性についてお伺いしたいことがあります。年輩の霊と若い霊という言い方をする人がいますが、霊が新たにこしらえられることがあるのでしょうか。私たちはどこから来たのでしょうか。すべての霊が再生されたものなのでしょうか。それとも大霊から新…

霊の優位性の自覚に基ずく修養的生活ーこれが最高の生き方です。

別の日の交霊会で、ローマカトリックの信者からの投書が読み上げられた。その筆者はまずスピリチュアリズムに対するローマカトリック教会としての否定的見解を引用したあと、“しかし、もしも霊界との交信が真実であるとしたら、それは地上人類にとって素晴し…

霊的自我に目覚めたその魂にとっては、その時から本当の自己開発が始まるのです。

一点の曇りもなく霊的真理を確信できた人間は真の自我に目覚め霊的可能性を知ることになると私たちは信じているのです。 生命は死後も途切れることなく続くことに得心がいきます。 霊的自我に目覚めたその魂にとっては、その時から本当の自己開発が始まるの…

モーツァルト ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 k466 第1楽章

一人の人間としてのモーッアルトが大衆のためではなく、自己の内面の孤独や悲哀を初めて露にするこのように書き上げた、彼の協奏曲中の最高傑作とも言われる作品です。 当時の音楽界では協奏曲やアリアは、演奏家や歌手の技法を示すための華やかなものが支流…

(霊能者がタバコを吸いすぎたりアルコールを飲みすぎたり、そのほか生活面で真 理に忠実ではなく品行に問題がある場合は、それが霊能にも悪い影響を及ぼすか)

(霊能者がタバコを吸いすぎたりアルコールを飲みすぎたり、そのほか生活面で真 理に忠実ではなく品行に問題がある場合は、それが霊能にも悪い影響を及ぼすか) もちろんです。 いかなる霊媒能力、とくに精神的霊能について言えることは、 その 霊能者の質が…