真理との邂逅 高級霊のメッセージ    無限なる愛と無限なる叡智をあなたへ

光輝く愛の言葉をあなたへ。親愛なる友よ、静穏の中、心奥の心の声で【霊読】御読みください。これまで多くの人達がーー人間は神の家の外にいるのであって、その中に入るには何か或る(特別の)ことをしなければならない、とあなたたちを信じ込ませてきた。しかし、わたしはあなたたちに告げるが、あなたたちは既に神の家の中に居るのである。あなたたちはこの真理に目覚めなければならないのである。          心身の神癒 第9話-50  慈悲深い神は、こんな私でも真理の光をさずけて下さる。      蒼氓。      吾は神な

わたし自身は何らかの主張をする者ではない。わたしは神の息子ら娘らに対し、真理に耳を傾けよ、と叫ぶ荒野の中の声にすぎない。そのためにこそわたしは生まれた、と聞かされている。

訳者はしがき 本書の原題は『貴下が行使し得る高次の力』であるが、邦訳書名を『神癒原理』とした。 著者は、ヒマラヤ山脈の彼方で大師より直々に教えられた「神癒の原理」を、僅か140頁半の小型本の中に圧縮して伝えておられる。したがつてその叙述は簡潔・…

吾を死より挙げ給いし父のみ霊汝等の中に住み給う。

第六話 吾を死より挙げ給いし父のみ霊汝等の中に住み給う 1 わたしを『死』より挙げ給もた父なる神のみ霊があなたたちの中に宿ってい給う。 2 この言葉の重大性が多分あなたたちにはよくは解っていないであろう。しかしそれは全く同一のみ霊が多の中に顕現し…

第十四話   それは永遠の赦しを意味する。

75 弟子は幾度赦したらよいか、七度か、とペテロは聞いた。 (その時の)わたしの言葉は七度の七十度(たび)であったことが(聖書に)録(しる)されているではないか。 それは永遠の赦しを意味する。 天にましますあなたの父は、あなたたちが赦しを求めた…

第二話 86~90

86 「もしあなたたちにわたしが解るならば、わたしの父をも又理解するであろう。しかしもしわたしのわたしの父が解らなければ、どうしてわたしが解ろうか、どうしてわたしの言葉が理解できようか」。とわたしは言ったことがある。 87 わたしは神我より語るが…

第二話 81~85

81 あなたたちは毎瞬々々神のみ心の中で創造することができるのである。そしてそれは実に、「今」である。あなたたちが神のみ心の中で「今」創造したものはすでに確立している。故に明日は明日自らが処理するであろう。 82 泣く者とともに徒に泣くことはなく…

第二話 76~80

76 あなたたちが今見ているところのものを見、聞いていることを聞く人々は祝福(さいわい)である。 77 わたしは勝利の力を与えられている。なぜならば子は父の中に住み、父は子の中に住んでいるからである。まことにも輝かしいこの真理を只の言葉で説明するこ…

永遠の名曲 天国へ架ける橋 Bridgeo Over Troubled Wdter

Bridge Over Troubled Water の和訳と歌詞 日々の仕事より時間を割き、静寂の中に入り、わたしと偕に黙想するがよい。わたしは常にあなたたちと偕にある。あなたたちを通して顕現するわたしの臨在をあなたたちは感ずるであろう。あなたたちは慰められ、歓び…

第二話 71~75

71 今宵わたしが懸っているこの人体は、現にあなたたちが見ているように青年の姿であり、顔貌は活力に満ち、肢体はあらゆる細胞を再生す力で満ちている。それは私の意識が今彼の意識と一つになっているからである。わたしが彼に懸っているこの瞬間、愛するこ…

第二話  66~70

66 キリストは世に降誕した神の子であり、世がその相貌を変えるまで世に留まる。故に天において成就されている父の意志は地上においてもまた成就するであろう。 67 神に対する呼び名のひとつに『われわれの父』というのがある。これはわたしの知るものうちで…

第二話 61~65 わたしは愛によって父なる神と一体である。汝魂を尽くし、情念(ハート)を尽くし、心を尽くし、力を尽くして汝の神なる主を愛すべし。汝の隣人を己自身のごとくに愛すべし。

61 神我は父なる神、すべてを支配し給うみ霊、生ける大生命のみ子であり、すべての魂の中に宿っている。聖霊とは、「吾れは生命なり」と悟了したキリスト意識の完全なる顕れである。何ものもあなたたちを襲うことはできない、なぜならばわたしは裡なる征服者…

第二話 24~27     愛する人々の死

あなたたちは自分達の間から偉人が死んでいくのを損失だと思う。 しかしそうではないのである。 なぜならばこれら偉大なる精神の所有者達はますます偉大になっていき、あなたたちを置去りになど決してしていないからである。 彼らはこれまでよりも猶多く実在…

第二話 30~34  神意識とは一体自分にとって何を意味するのか

30 神意識とは一体自分にとって何を意味するのか 『 神意識とは一体自分にとって何を意味するのかを、今、考えてみるがよい。それはわたしの中にあるのと全く同様にあなたたちの中にある意識なのである。 意識に違いはない。ただ違うのは、 自覚、すなわち意…

第2話17~22 わたしと父とは一体であるーーこのことは生ける神の偉大にして強力なる真理である。

第2話 17 子供達は物事を本能的に知る。子供の知りたいと思う多くの無理からぬ疑問が、その子供達を導くべき筈の大人の無智のために、答えられないままに放置されている。これらの疑問は改めて尋ね直されることもなく、恐らく一生答えをえないままに終わって…

第2話12~16 一切が自分の意識を通じて自分自身の生活に現れてくる、なぜなら意識こそが自分の中にまします父なる神ご自身であるからである。これがわたしの常に自覚していることである。これが又あなたたちも自覚しなければならないことである。

第2話 12 本ものは霊の界層にあるのであって、そこにこそあなたたちは真我として実在するのである。外側ものは写しにしかすぎず、五官を通じて外界に反応する心の技巧のために真我がボヤけさせられているのである。 13 裡なる実相を、その驚くべき愛と平安と…

第2話 6~11 わたしは止むを得ずしてあなたたちの言葉や表現法を用いなければならないのであるが、これは霊的真理を伝えるには全く不適当である。

第2話 6 先づ始めに、『吾在り』(4)、そして又『永遠に在るべし』を徹底的に学ぶことである。あなたたちの現在の状態は霊的進歩のための機会である。あなたたちの今在る状態は極めて必要なものなのである。およそ存在するものことごとく霊であり、霊の他に…

第六話 71~75 なぜならわたしたちの神は人間心の中で造り上げられたあらゆる神々を超越してい給うからであり、わたしたちの父にして母なる神はおよそ人間の考え及ぶ最上の観念をも超越してい給うからである。

71 此の事があなたたちを誘い、終わりなき光の流れに乗らしめ、遂にその本源に到達するまで、前へ前へと進ませるのである。 72 父なる神は、われわれが父なる神の謙虚さを似て拝する時始めてその偉大さを現し給い、かくして父はその至上無二の愛もて一切のも…

第2話 1~5 わたしの語る言葉は永遠の真理に満ちているため深遠である。

第2話 ・・・・・・しかして声、天より来れり 1 わたしの講話はありのままに記録されるので、わたしの語ることは覚えやすくなる。 話したことを全部記憶しておくのは難しいし、言葉の背後にある意味を(聞く人)心に伝えるのも難しい。しかしよく注意をすれ…

平安と愛なんじらと共に在れ 。 116 わたしは世の光である。わたしに従う者は決して闇の中を歩むことがない。彼は命の光りを享け楽しむであろう。

116 わたしは世の光である。わたしに従う者は決して闇の中を歩むことがない。彼は命の光りを享け楽しむであろう。 117 かつてパリサイ人たちは(わたしに)云った、「あなたは自分で自分を証しようとしてしている。あなたの証拠は無効だ」と。それは今でもこと…

わたしは世の光である。わたしに従う者は決して闇の中を歩むことがない。彼は命の光を享け楽しむであろう。

第1話 113 あなたたちは自分を取り巻いている闇の中でさえ自分に遺された資産を得ることができるのである、なぜならば世を照らす光りがあなたたち自身の中に(もとから)あって、それを消すことは決してできないからである。 114 われわれの胸が真理を理解し…

すべての聖なる業は神の愛に基く。

第1話 89 愛は力であり、生命の真の顕現である。愛はその源泉より絶えざる流れとなって注ぎ出て、真に実在しうる唯一の力である。 90 愛は身体を貫流する生命エネルギーである。愛とは胸の中にある大いなる力が激発した激情である。愛はすべての生ける魂の中…

霊的なるものの中に生きることは実在の中に生きることである、

第1話 50 霊的ななるものの中に生きることは実在の中に生きることである、それも衝動的にではなく、又、(自己限定もせず、他より)限定もされずに(生きること)である 無限の中にどうして時間や空間のある筈があろう。 神のましまさぬ処といってはないので…

第9話 1~5

第9話 吾を見し者は父を見たるなり わたしの祝福、わたしの平安はあなたたち一同の許に留まる。 わたしを信ずる者はわたしではなく、わたしを遣わし給うた方 を信じているのである。 わたしを観る者はわたしを遣わし給うた方を見ているのである。 1 この言葉…

恐怖は化学変化をもたらし身体を悪変化する効力を有つ。

第1話 81 十字架を見詰めてその与える教訓を知るがよい。 あなたたちがたとえ責め苛なまれ、 手足に釘打たれて十字架につけられようと、 あなたたちは父なる神を否認せずに押し通せるであろうか。 あなたたちの力は常にあなたたちと偕に在る神、 すなわち愛…

訳者註4 イエス自らが、各人に内在する主(神)の意味であることを、くり返しくり返し強調し、宣言しておられる。

仝上=同上 訳者註4 神学者の説によれば、旧約聖書時代の神ヤーウェー(Yahaweh)という聖名の意味を示す定句ではあるが、その意味する処は、厳密ににいえば不明瞭であるという。その全文は I am that(又はwhat) I am. とされ、ヤーウェーの原義は(存在する…

 心身の神癒 : 主、再び語り給う   M.マグドナルド・ベイン著 ; 仲里誠吉訳  

第1話 5 愛について理論を立てるのは、愛の一側面にしかすぎない知的面を論(あげつらう)うにすぎない。愛とは何かと理論を捏ねることは愛の力を失わせることである。あなたたちは愛なる無限生命によって創造られた者なのである。 愛をこのように理解し、把…

天使の誕生はあなたたちの中に在るのである。これが神の愛である。

第1話 10 空間とは何か。あなたたち自身とあなたたちに影響を与えつつある(他の人々の)心との間の想念伝達(テレパシー)がどんなに早いものであるかを、あなたたちは今学びつつある。これらの想念には距離というものは全くないのである。 11 『何時からあ…

人生に必ず終焉があるなら、我々も人生が続く限り、愛と希望の色でそれらを彩らなければならない。

Marc Chagall (マルク・シャガール)の言葉 人生に必ず終焉があるなら、我々も人生が続く限り、愛と希望の色でそれらを彩らなければならない。 この愛には、生活の社会理論とそれぞれの宗教の本質がある。 私にとって、芸術と人生における完成は聖書の源に由…

愛こそは唯一の実在にして常在である。

1話 77 愛こそは唯一の実在にして常在である。 然らばこの「常在なるもの」は一切の条件に制約されない 永遠そのものであることを悟得するがよい。 78 闇は光の不在にすぎない。あなたたちの胸(ハート)が愛によって満ちておれば魂の中には闇はありえない。…

神には善とか悪とかいうものはなく神は今の今完全無欠に現れてい給う。

72 わたしは愛によってこそ神の子なのである。故にあなたたちも愛によって神の息子、娘とならねばならない。それ以外の方法で真の神の息子、娘となることはできない。 73 あなたたちは生まれ乍らにして神の子女である、神の霊たる神我があなたたちの中にある…

キリストはあなたたちの中に在るのであって、外部からのものは何ら役には立ちえない。

第1話 69 キリストはあなたたちの中に在るのであって、外部からのものは何ら役には立ちえない。ひとつの魂が進化すれば全人類が高揚する。それは全人類がひとつになるためである。 70 現在のみが唯一の要因であって過去も未来も存在するものではないーーと、…