真理との邂逅 高級霊のメッセージ

親愛なる友よ、 シルバーバーチは言う。 いかなる分野の仕事にたずさわっていても同じことです。人に役立つことをするチャンスは決して見逃してはなりません。                                                                         神はあなた方の中にいます。あなた方は神の中にいるのです。  有り難き、我は神なり。 

(2)実際の死の直後の体験談

 

7)サミュエル・フィリップ霊の体験談(1863年パリの交霊界より)

 

仏人サミエル・フィリップスは、生前から立派なスピリチュアリストとして奉仕と信仰と犠牲の人生を歩んできましたその人間性と生き方は、まさにスピリチュアリストの鏡とも言うべきものでした1862年12月、50歳で世を去りました。

 

その彼が、交霊会で死後の世界について詳しく述べています。地上人生を優れたスピリチュアリストとして歩んだ霊性の優れた人間が、死の直後、どのような体験をするのかを明らかにしてくれています

 

フィリップ霊

 

 死は何の苦痛も動揺もなく、まるで眠りのように訪れました。私には、死後の世界への恐れは全くありませんでしたし、地上人生に何の未練もありませんでした。そのお陰で私は、地上生活で抱えてきた問題にもう悩まされることはもうなかったのです。

肉体と霊体の分離は、何の努力も必要とせず、痛みもなく、無意識のうちに行われました。

私にはこの眠りがどのくらい続いたのか分かりませんでしたが、それはほんのわずかな時間でした。私はこれまで味わったことのない喜びに満たされて、穏やかに目覚めました。もはや痛みを感じることもなく、喜びに満ちていました。私は起き上がって歩こうとしましたが、なぜか力が入らず、動くことができません。どうして動けないのか分からないまま、心地よい状態の中で起き上がれずにいましたが、私が地上を離れたということは間違いのない事実でした。自分の身に起こった出来事のすべてが夢のようでした。

部屋の中で、私の妻と何人かの友人が跪(ひざまず)いてすすり泣いているのが見えました。彼らは間違いなく、「私が死んだ」と思っているようでした。私は彼らに、「死んではいない」と伝えたかったのですが、なぜか一言も言葉が出てきませんでした。

そろそろ、私のこの夢のような状態も終わろうとしていました。ずっと昔に亡くなった私の愛する者たちや一目見ただけでは誰だか分からない人たちなど、さまざまな人々が私を取り囲んでいました。私を見守り、目覚めるのを待っているのが分かりました。

私は意識を失ったり取り戻したり、覚醒してはまた眠りに引き戻されるといったことを交互に繰り返しました。そして私の(霊的)意識は、だんだんはっきりしてきました。それまで霧を通して見ていたかのようにぼんやりしていた光が、輝きを増してきました。意識を取り戻し始めた私は、やがて「もはや自分は地上世界にいない」ということを理解しました。もしスピリティズム(スピリチュアリズム)を知らなかったら、私のこうした意識の混濁状態は、間違いなくもっと長いあいだ続いていたことでしょう

 

私の遺骸は、まだ埋葬されていませんでした。私は自分の肉体を哀れむように眺めていました。そして、そこから解放されたことを心から喜びました。自由になれたことが、本当に嬉しかったのです。私は、あたかも悪臭を放つひどい環境から抜け出た人のように、楽に呼吸をすることができました。絶舌に尽くしがたいほどの幸福感が私の心を占め、全身に広がっていきました

 

私は、かつて愛した人が今ここにいてくれるということに、喜びでいっぱいになりました。彼らを見ても、少しも驚きませんでした。全く自然に感じたからです。ただ、長い旅の後に彼らに再会したように感じたのです。

 ひとつとても驚いたのは、言葉を発しなくても意思の疎通ができるということでした目を見交わすだけですぐに相手に思いが伝わり、互いの考えてることが理解できるのです。

こうしたことがあったにもかかわらず、私はまだ地上的な思いから完全に解放されたわけではありませんでした。地上で苦しんだあらゆる記憶が、ことあるごとに思い出されたからです。しかし私は自分が置かれている状況の中で、幸せをかみしめ心の底から感謝することができました。

私は地上で多くの肉体的苦しみを体験しましたが、精神的苦痛はそれ以上のものでした。私は多くの人々から悪意や憎悪を向けられ、そのためにしばしば耐え難い苦しみにとらわれることもありました。人間というものは、こうしたとても苦しい思いをすると、ずっとその苦しみの不安から逃れられなくなってしまうものなのです。

私の心に強く刻まれた苦しみや不安は、なかなか消え去るものではなく、時として「本当に解放されたのだろうか?」と自分に問いかけました。まだ人々が私を罵倒する不愉快な声が聞こえるような気がしたのです。私は、地上にいたときに味わった苦しみが再びこの身に起こるのではないかと恐れて、我にもなく震えてしまいました。自分の体に触れてみて、夢を見ているのではないことを何度も確かめました。

そしてついに地上生活の困難から救い出されたと確信を得たとき私は大きな重荷を下ろしたような気がしました。「これは事実なんだ、一生私を苦しめ続けた心配ごとからようやく救われたのだ!」と叫びました。そして、神に心から感謝いたしました。私はまるで、突然莫大な遺産を相続した貧乏人のような気分になりました

貧しい暮らししか知らない人間は大金持ちになったにもかかわらず、それが実感できなくて、しばらくの間は貧乏暮らしの不安におびえるものです。

 

ああもし人間が死後の世界の真実を理解できたなら、どれほど素晴らしいことでしょう。そうすれば逆境にあっても、死後の世界の確信から、強さと勇気を持つことができるのです。神が、摂理に従順であった子供に(人間)のために用意してくださった幸福を知れば、地上で生活する間はどんな苦しみでも我慢できるものです。

死後の世界について何も知らなかった人も、そこでの喜びを分かれば、地上で心を動かされてきた楽しみなど、いかに価値のないものであったかを悟るようになるのです。

 

*****************************************************************************************************

 備考、

 ああ、し人間が死後の世界の真実を理解できたなら、

 どれほど素晴らしいことでしょう。 

 そうすれば逆境にあっても、

 死後の世界の確信から、強さと勇気を持つことができるのです。

 神が、摂理に従順であった子供に(人間)のために用意いてくださった幸福を知れば

 地上で生活する間はどんな苦しみでも我慢できるのです。

 

          素晴らしいメッセージ有り難うございます。

*****************************************************************************************************

                                                スピリチュアリズム普及会より。

 

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快楽の追及に人生を費やした、ある遊び人の後悔

1962年4月19日 ボルドーにて。 

 

「私を体に結びつけていた鎖が切れたらしく、前よりも辛さは薄らいだように感じられる。とうとう自由になったわけだが、罪滅ぼしをしなくちゃいけないのは合点がいかない。でも、これ以上、苦しみを長引かせたくなかったら、無駄に使った時間を埋め合わせなくてはいけないわけだ。誠実に悔い改めさえすれば、神がそれを見て私を許してくれるに違いない。

私の為に祈ってください。どうか、お願いします。

友人たちよ、「私は自分さえよければ」と思って生きてきた。そして今、贖罪をし、苦しんでいる。私が怪我をしたトゲで、あなた方もまた怪我をしないように、神の恩寵を祈るばかりだ。主に向かう大道を、どうか歩いていってください。そして、私の為に祈ってください。ああ、私は、神が、(貸して)くださった財産を自分だけの為に使ってしまった。何ということだろう!

動物的な本能に従う為に神が与えてくださった知性とよき感情を犠牲にした者は、まさしく動物と同じで、厳しい扱いを受けても文句を言えない。人間は自分に(委託)された財産を節度をもって使わなければならないのだ。人間は、死後に、自分の持っている永遠の観点から生きなければならない。したがって、物質的享楽への執着から離れる必要がある。食事は活力を得る為であるし、贅沢は、社会的地位に見合った程度に留めるべきなのだ。生まれつき備わっている嗜好や傾向性も、理性によって統御されなければならない。そうでなければ、浄化されるどころかますます物質的になってしまうからだ。欲望は紐のように人間を締めつけるものだ。欲望を募らせて、さらにその紐をきつく締めてはいけない。生きるのはよいが、遊び人として生きてはならない。霊界に還った時に、それがどれ程高くつくか、地上の人間達には決して分からないだろう。地上を去って神の前に出ると時は、素っ裸にされて何一つ隠すことは出来ない。地上で何をしたかが、全て明るみに出されるのだ。だから、1*つまらない欲望に振り回されることなく、ひたすら善行積むことをお勧めする。思いやりと愛に満ちて生きてほしい。そうすれば、そちらからこちらに来る時も、らくに境界を越えることが出来るはずだ」

 

霊媒の指導霊からのメッセージ:「この霊は正しい道に戻りつつあります。というのも、悔い改めを行っているだけでなく、自分が辿った危険な道を辿らないようにと、あとから来る者達に教えているからです。間違いを認めること自体、既に大した事ですが、他者に奉仕することで、さらに善に向かって一歩進むことが出来ればもっとよいのです。だから、この霊は、幸福とまでは言えないけれど、もう苦しんではいません。彼は悔い改めを行いました。あとは、もう一度、地上に転生し直して、償いを果たしさえすればよいのです。ただし、そこに至るまでには、まだ経験しなければならないことが沢山あるでしょう。

自らの霊性のことなど考えず、ひたすら官能的な生活を送り、やることといったら新たな快楽を発見するだけ」という生活を送った人間が、霊界でどのような状況に置かれるか、あなた方には分かったでしょうか?

物質的な影響は墓の彼方まで付きまとい、死んだからといってすぐ欲望が消えるわけではないので、地上にいた時と全く同様に、自分の欲望を満足させる手段だけを探し続けるのです。霊的な糧を探したことのない彼らの魂は、霊的な糧しかない霊界にあって、果てのない砂漠の中を彷徨う人間と同じように、完全な空虚のなかを、あてもなく、希望もなく彷徨い続けることになりのです。

肉体を喜ばせることばかりして、精神的なことに一切関わることがなかったので、当然のことながら、死後も、霊が本来果たすべき仕事には全く無縁となります。肉体を満足させることは当然出来ず、かといって、どのように霊を満足させればよいかも分からないのです。したがって、彼らは、そうした状況に飽き果てて、ついに神の方に目を向けることを決心するまでは、そのような精神的な拷問の中に身を置き続ける他ないのです

 

 

      天国と地獄 

   (アラン・カルデックの「霊との対話」)

         アラン・カルデック著 浅岡夢二

 

 ****************************************************************************************************

 

 


 備考、

1*つまらない欲望に振り回されることなく、ひたすら善行を積むことをお勧めする。

思いやりと愛に満ちて生きてほしい。

 この、文章は現代人がおちいりやすい事が書いてあるので載せました。

 

  明けましておめでとうございます。いつもご愛読ありがとうございます。

 

  あなた様の、理性が受け入れることだけ信じてくれればよいのです。

  けして強制はいたしません。        

                            

 なれないことをしているので、誤字、脱字はお許しねがいます。

                              蒼氓。

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

「スウェデンボルグの霊界からの手記」 私は生きながら死後の世界を見てきた エマニュエル・スウェデンボルグ 今村光一抄訳・編

 

  宗教が説く地獄界は架空の話だった

 

現生で悪いこと、不道徳な生涯を送った者は死後は地獄へ投げ入れられ、そこで永遠の罰を受けるーーーこれは西洋も東洋も問わず世界中の宗教などが説いている”地獄の教え”だから、私がわざわざとり上げて紹介するまでもないことであろう。

しかし、これは私にいわせれば、宗教の上での必要からつくったつくり話で、少しも根拠のない仮空の話である。私の記す地獄は、これとはまったく違った地獄であり、その地獄は別に現世の悪業の報いとして投げ込まれる地獄でもなければ、また地獄に住むというサタン(悪魔の大王)やデビル(区鬼)などにより、霊界の中のひとつの世界として現実に存在する地獄であるからである。

人間の死後精霊となった者のうち、どんな者が地獄にへいくかを一口にいうと、つまり霊に眼ざめず、霊界の存在が見えない精霊たちだということになる。だが、彼らとて宗教の説くように現世で悪業を重ねたために、神のようなものによって罰として地獄に送られるわけではない。彼らは彼らの欲するところによって自ら地獄にいくに過ぎない。ただ、これら霊に真にめざめることのできない精霊の中には、確かに現世で悪業を行っていた者はすべて含まれるから、その点では結果的に、表面的には宗教の教えと同じことのようになるように見えるが、実際の理由は宗教のいうところとはまったく違うのである。地獄へいく精霊は、現世にあったとき、たとえば物質的欲望、色欲、世間的名誉欲とか支配欲などといった人間の外面的、表面的感覚を喜ばすことばかりに心を用い、本当の霊的な事柄を極端にないがしろにした者である。これらの者は霊的事物にはまったく眼が開かれなかったため,精霊界に入ってもやはり開かれない者が多い。このようなわけで、彼らの精霊としての心は、霊界の太陽の光や霊流を自分の内部に吸収することができない。そして精霊界にどんなに長い期間いても、彼らは霊界の太陽の光や熱の与える幸福や霊的理性の輝きを感ずるようにはならず、逆にそのあいだに、地獄界の火に心をひかれ、地獄界の区霊たちに親しみを感ずるようになる。この結果として、彼らは自分の希望するところに従って、その自然の区霊的な心の命ずるままに地獄界に入っていくのである。

これは、人間でも似たもの同士が集まるのと理由はまったく同じなのである。

 

     以後次回に続く

*****************************************************************************************************

 

備考、

 

まったく地獄界は、スザマシイところである。この地獄界ですら、我々が勉強するために存在しているのである。神の叡智は計り知れない。       

                      蒼氓

 

 

  

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

 

 

食べるものさえない飢えた子供たちを見て見ぬフリなんて僕はなんて奴なんだ!

 

容赦のない夏の日差し 

割れたビンの先 

人々の魂

彼らは風に耐えながら生きている

何処にも行く場所がないから

それを君にも知って欲しいんだ!

僕は鏡の向こうの男に問いかけた

「心を改めてみないか」

簡単なメッセージだろう?

より世界を良くしたいと思うなら

まず自分から行動し考えろ

僕は鏡の向こうの男に問いかけた

「心を改めてみないか」

こんなに簡単なメッセージはない

より世界を良くしたいと思うなら

自分自身を見つめ直して、自ら変化を起こせ!

僕は鏡の中の男に問いかけた

「心を改めてみないか」

このメッセージはすごく単純だ!

(より世界を良くしたいなら)

(まず自分から動くんだ)

(最後まで君が道を正すんだ!)

心の目を閉ざさないで

僕ら一人一人が世界を変えるんだ

簡単なメッセージだ!

・・・・・・・・・・・

 

***************************************

「自分の行動を見つめ直して この世の中を変えよう」というメッセージです

彼は最後まで音楽で世界を変えようとメッセージをこめて歌っています。

  michael jackson  man ln the mir (日本語字幕 ) マイケルのメッセージです。

 youtubu 動画。

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

「スウェデンボルグの霊界からの手記」 私は生きながら死後の世界を見てきた エマニュエル・スウェデンボルグ 今村光一抄訳・編

  歴史上の著名人、異邦人とも会えた

 

 

私は霊界で多くの歴史上の人物や世にあるときには知らなかった異国の人、アジアの人などにも会う機会がかなりあった。そして、彼らと自由に談話をすることができた。人間の世では、言葉の違いのため話をかわすことができない人たちとも霊界では自由に話ができる。(訳者注)。この中には話が数時間から数日に渡るものなどがあっつたが、いまとくに私の印象に強く残っているものを記そう。

私はひとり霊と、現代の教会関係者たちの霊に対する認識の足りないことについて話合った。彼はいった。「さればわれ、汝の言よりして近時教会者流は古代教会におけるごとき心明けく、悟り開かれたる人なきを知れり。宗教はもとアジアに起こりてのち数多の国々に伝えられぬ。アジアには悟りの人まだ多からん」私はそこで霊のことについて彼と語った。彼は、その言に喜ぶことひとかたでなく、「汝の言語の一々に霊的意義を含めり、なんぞ現時の教会者流は、その意義を解かさんか、われには不審多し」と首をかしげつつ嘆いた。そして、つぎのように続けた。「霊界、霊のことを世の人に知らしむべし、それ以外に世を救う途なし」彼との談話中、ほかの霊が割って入り邪説をさしはさむことがしばしばだったが、彼はこれも一切意に介さないようで、さらに語った。「かくいう霊多きこと別段怪しむに足らず、彼ら肉体の生涯にありしとき、このことにつき学者、教会者流など眼あれども見えず、まだ無学者の如し」  

                        

 

                          第3章霊界と地獄界の謎が解けた150p

(訳者注)スウェデンボルグは、生前人びとに歴史上のどんな人物とも霊界で自由に交信できると公言。求められると人びとの前でこれを実地にやってみせたため、当時ヨーロッパ中に不思議な人物として有名になった。

 

*****************************************************************************************************

 

 

備考、

人間の世では、言葉の違いのため話を交わすことができなかった人たちとも自由に話しができる。

「霊界、霊のことを世に知らしむべし、それ以外に世を救う途なし」・・・すべて現時の学者、教会者流など眼あれども見えず、まだ無学者の如し」。・・・これが現実なのです、間違った宗教、間違った教義、写真を拝んだり、銅像を拝んだり、拝金主義、唯物論、が多くはびこっています。利益第一主義が多くの悪を生んでいるのです。

 

                                蒼氓。

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

アメイジンググレイス(素晴らしき恩寵)と(イギリスの牧師)ジョン・ニュートン

 

   Amazing Grace(素晴らしき恩寵

 

 

                                             

                   恩寵=神の恵み

 

 

驚くべき恵み(なんと甘美な響きよ)、

私のように悲惨な者を救って下さった。

かつては迷ったが、今は見つけられ、

かつては盲目であったが、今は見える。

神の恵みが私の心に恐れることを教え、

そして、これらの恵みが恐れから私を解放した

どれほどすばらしい恵みが現れただろうか、

私が最初に信じた時に。

多くの危険、苦しみと誘惑を乗り越え、

私はすでに辿り着いた。

この恵みが、ここまで私を導いてくださった。

だから、恵みが私を家に導くだろう。

神は私に良い事を約束して下さった。

私の言葉は私の希望の保障である。

彼は私の盾と分け前になって下さる。

私の命が続く限りに。

そうです、この体と心が滅び、

私の死ぬべき命が終わる時、

私は、来世で得るものがあります。

それは、喜びと平和の命です。

地上はまもなく雪のように白くなり、

太陽は光を失うだろう

しかし、私を御許に召して下さった神は、

永遠に私のものになる。

 

***************************************************************************************************** 

 この曲の歌詞を書いたのは、ジョン・ニュートン。(イギリス:1725年~1807年)

彼は青年時代は相当な荒くれ者で、黒人奴隷売買の死後に身を売り、奴隷船の船員になりました。

 

黒人奴隷船

アフリカで黒人達を拉致し、動物以下の扱いで船に詰め込み売買していました。

奴隷船では、黒人奴隷の暴力はもちろん、レイプ・殺人も日常的にあるような荒れ狂った毎日だったようです。ニュートンは酒、金と暴力に溺れ、神に背いた毎日を過ごしていました。

しかし、彼に転機が訪れます。

 

大嵐で死を直面

1743年3月に22歳の彼が乗っていた船が大嵐に遭遇して、難破寸前まで追い詰められます。数週間も沈没と、餓死の恐怖を味わったそうです。死に直面したニュートンははじめて自分が歩んできた人生を悔い、神に許しを求め、改心します。奇跡のように助かったニュートンはそれを転機に病を訴え、奴隷商人をやめ、必死に聖書を読みはじめ、

聖職者(讃美歌の作詞家)としての道を歩みました。

ニュートンが50代半ば頃にはじめてこのアメイジン・グレイスを発表しました。後ほど、曲が加えられ、今の曲になったという話です。

この歌詞は、彼が22歳の時、海で死に直面して神に救われたときの心情を表していると言われています。

 

この不滅の名曲の歌詞に秘められているのは1748年にあの海で遭難していた22歳のニュートンの悔恨と回心の思いです。

 

最後に、82歳を迎えた1807年12月21日、ジョン、ニュートンは神の 御許へ旅立って行きました。晩年、彼はこんなことを述べていたそうです。

 

”M ymemory is nearly gone,but l reme mber two things,that  lam a

great sinner, and that Christ iz a great Saviour".

 

「薄れかける私の記憶の中で、二つだけ確かに覚えているものがある。

一つは私が愚かな罪びとであること。

もう一つはキリストが偉大なる救い主であること。」

 

*****************************************************************************************************

アメーイジンググレースとジョン ニュートン

簡単に紹介させて頂きました。    映画化もされているようです。

 

 

 参考↓


 

 参考↓


 

 参考↓


 

 参考↓


 

 参考↓


 

 感動曲↓  youtube

         感動の歌戦争孤児だった少年が歌う平和の歌「イマジン」(日本語字幕)

   

***************************************************************************************************** 

参考、

 凡夫が仏になる。これほど大きい奇跡がまたとありましょう。

 

                              山崎弁栄上人。

 

         まさしく素晴らしき恩寵です。

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

 

 

 

 

「シルバーバーチのスピリチュアルな法則」 宇宙と生命のメカニズム  フランク・ニューマン署     近藤千雄訳

 

「要するにスピリチュアリズムの根本理念は、地上人類を物質的に豊かすることではなく。

いったい自分とは何なのか、宇宙とは何なのか、そして全てを創造した大霊とは何なのかについての理解に必要な摂理と実在についての知識をもたらすことです」

 

「地上がそれを必要とするのは、それを知ることこそが人生の全体像をつかみ不可解なことを理解しやすくするからです。

その理解さえ得られれば、あまりにも長いあいだ進歩のブレーキとなってきた、誤った教えが生み出す幼稚で悪逆な行為に苦しめられることがなくなるでしょう

 

「それが理解できない人はいるでしょう。そんなものは必要ないと考える人もいるでしょう。子供と同じで、まだオモチャが手放せない人もいますから、そういう人にはそういう人なりの教えかたが必要です

 

霊的真理の普及を目指すこのスピリチュアルリズム計画の背後の全体像を、ぜひ理解してください」

 

「スピリチュアルリズムは地上を長いあいだ取り巻いてきた暗闇、今の時代になってつらい思いとともに次第に分かってきた悪逆非道の原因を根絶することが目的なのです。

 

そうした邪悪の根源には霊的摂理の無知があります。

 

唯物主義とそれが生み出す私利私欲の悪癖を吹き飛ばしさえすれば、地上界を最大の呪いから救うことができるということを、もうお分かりいただけると思います」 

 

                       第一章自分とは何か(49p)

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain