真理との邂逅 高級霊のメッセージ

友よ、歩み入る者に、霊的真理を、去り行く人に幸せを、住まう者に霊性の進化を。   蒼氓。

(2)実際の死の直後の体験談

 

7)サミュエル・フィリップ霊の体験談(1863年パリの交霊界より)

 

仏人サミエル・フィリップスは、生前から立派なスピリチュアリストとして奉仕と信仰と犠牲の人生を歩んできましたその人間性と生き方は、まさにスピリチュアリストの鏡とも言うべきものでした。1862年12月、50歳で世を去りました。

 

その彼が、交霊会で死後の世界について詳しく述べています。地上人生を優れたスピリチュアリストとして歩んだ霊性の優れた人間が、死の直後、どのような体験をするのかを明らかにしてくれています

 

フィリップ霊

 

 死は何の苦痛も動揺もなく、まるで眠りのように訪れました。私には、死後の世界への恐れは全くありませんでしたし、地上人生に何の未練もありませんでした。そのお陰で私は、地上生活で抱えてきた問題にもう悩まされることはもうなかったのです。

肉体と霊体の分離は、何の努力も必要とせず、痛みもなく、無意識のうちに行われました。

私にはこの眠りがどのくらい続いたのか分かりませんでしたが、それはほんのわずかな時間でした。私はこれまで味わったことのない喜びに満たされて、穏やかに目覚めました。もはや痛みを感じることもなく、喜びに満ちていました。私は起き上がって歩こうとしましたが、なぜか力が入らず、動くことができません。どうして動けないのか分からないまま、心地よい状態の中で起き上がれずにいましたが、私が地上を離れたということは間違いのない事実でした。自分の身に起こった出来事のすべてが夢のようでした。

部屋の中で、私の妻と何人かの友人が跪(ひざまず)いてすすり泣いているのが見えました。彼らは間違いなく、「私が死んだ」と思っているようでした。私は彼らに、「死んではいない」と伝えたかったのですが、なぜか一言も言葉が出てきませんでした。

そろそろ、私のこの夢のような状態も終わろうとしていました。ずっと昔に亡くなった私の愛する者たちや一目見ただけでは誰だか分からない人たちなど、さまざまな人々が私を取り囲んでいました。私を見守り、目覚めるのを待っているのが分かりました。

私は意識を失ったり取り戻したり、覚醒してはまた眠りに引き戻されるといったことを交互に繰り返しました。そして私の(霊的)意識は、だんだんはっきりしてきました。それまで霧を通して見ていたかのようにぼんやりしていた光が、輝きを増してきました。意識を取り戻し始めた私は、やがて「もはや自分は地上世界にいない」ということを理解しました。もしスピリティズム(スピリチュアリズム)を知らなかったら、私のこうした意識の混濁状態は、間違いなくもっと長いあいだ続いていたことでしょう

 

私の遺骸は、まだ埋葬されていませんでした。私は自分の肉体を哀れむように眺めていました。そして、そこから解放されたことを心から喜びました。自由になれたことが、本当に嬉しかったのです。私は、あたかも悪臭を放つひどい環境から抜け出た人のように、楽に呼吸をすることができました。絶舌に尽くしがたいほどの幸福感が私の心を占め、全身に広がっていきました

 

私は、かつて愛した人が今ここにいてくれるということに、喜びでいっぱいになりました。彼らを見ても、少しも驚きませんでした。全く自然に感じたからです。ただ、長い旅の後に彼らに再会したように感じたのです。

 ひとつとても驚いたのは、言葉を発しなくても意思の疎通ができるということでした目を見交わすだけですぐに相手に思いが伝わり、互いの考えてることが理解できるのです。

こうしたことがあったにもかかわらず、私はまだ地上的な思いから完全に解放されたわけではありませんでした。地上で苦しんだあらゆる記憶が、ことあるごとに思い出されたからです。しかし私は自分が置かれている状況の中で、幸せをかみしめ心の底から感謝することができました。

私は地上で多くの肉体的苦しみを体験しましたが、精神的苦痛はそれ以上のものでした。私は多くの人々から悪意や憎悪を向けられ、そのためにしばしば耐え難い苦しみにとらわれることもありました。人間というものは、こうしたとても苦しい思いをすると、ずっとその苦しみの不安から逃れられなくなってしまうものなのです。

私の心に強く刻まれた苦しみや不安は、なかなか消え去るものではなく、時として「本当に解放されたのだろうか?」と自分に問いかけました。まだ人々が私を罵倒する不愉快な声が聞こえるような気がしたのです。私は、地上にいたときに味わった苦しみが再びこの身に起こるのではないかと恐れて、我にもなく震えてしまいました。自分の体に触れてみて、夢を見ているのではないことを何度も確かめました。

そしてついに地上生活の困難から救い出されたと確信を得たとき私は大きな重荷を下ろしたような気がしました。「これは事実なんだ、一生私を苦しめ続けた心配ごとからようやく救われたのだ!」と叫びました。そして、神に心から感謝いたしました。私はまるで、突然莫大な遺産を相続した貧乏人のような気分になりました

貧しい暮らししか知らない人間は大金持ちになったにもかかわらず、それが実感できなくて、しばらくの間は貧乏暮らしの不安におびえるものです。

 

ああもし人間が死後の世界の真実を理解できたなら、どれほど素晴らしいことでしょう。そうすれば逆境にあっても、死後の世界の確信から、強さと勇気を持つことができるのです。神が、摂理に従順であった子供に(人間)のために用意してくださった幸福を知れば、地上で生活する間はどんな苦しみでも我慢できるものです。

死後の世界について何も知らなかった人も、そこでの喜びを分かれば、地上で心を動かされてきた楽しみなど、いかに価値のないものであったかを悟るようになるのです。

 

*****************************************************************************************************

 備考、

 ああ、し人間が死後の世界の真実を理解できたなら、

 どれほど素晴らしいことでしょう。 

 そうすれば逆境にあっても、

 死後の世界の確信から、強さと勇気を持つことができるのです。

 神が、摂理に従順であった子供に(人間)のために用意いてくださった幸福を知れば

 地上で生活する間はどんな苦しみでも我慢できるのです。

 

          素晴らしいメッセージ有り難うございます。

*****************************************************************************************************

                                                スピリチュアリズム普及会の許可をえて転載しています。

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2)実際の死の直後の体験談

 

1)テッド・バットラー霊の体験談(1964年2月10日の交霊会より)

 

イギリス人、テッド・バトラーは交通事故で死にました。

その彼が1964年2月10日の交霊会に現れました。彼はリーズで、妻と買い物をしていました。その時・・・

 

テッド・バトラー霊)

私は道路を横切ろうとしていました。すると急に何かが私に当たりました。それはブレーキが効かなくて坂道を転がり落ちてきた車だと思います。私は壁に叩きつけられて気を失いました。苦しかったという記憶はありません。何かが私の方にやってきたのを覚えています。それが、すべてです。その出来事は突然に起こったのです。

 

グリーン女史(*交霊会の司会者)は確認した。

「あなたは、どのようにしてご自分の状態に気がついたのですか?」

分かりません。私が覚えているのは、大勢の人々が立って何かを見下ろしていたことだけです。私もその人たちと同じように覗き込みました。するとそこには、私と瓜ふたつの男性が倒れていました。最初、私はそれが自分だとは分かりませんでした。「これはまったくの偶然の一致だ。彼は私にそっくりだ、まるで双子のようだ」と思いました

その時、私の妻が涙を流して立っているのが見えました。彼女は私がすぐそばに立っているのに気づかないようでした。それから死体は救急車に乗せられました。そして妻と数人の看護婦もその車に乗り込みました。私も一緒に乗り込み、妻の横に座りました。しかし、それでも彼女は私がいることに気づきませんでした。私は徐々に、「目の前に横たわっているのは自分の死体なのだ」ということが分かり始めました。

 

私たちは病院に着きました。私の遺体は遺体安置所に置かれました。私はそこが好きになれず、すぐ家に戻りました。妻はすでに家に帰っていて、隣のミッチェン婦人が彼女を一所懸命に慰めていました。それから葬式が行われました。もちろん私もその場にいました。私は、「葬儀の騒ぎといい葬式の出費といいまったく馬鹿げたことだ私はちゃんとここにいるにに・・・・」と思いました。誰も私に気がつきませんでした。年老いた牧師が聖書を読み上げていました。

私は、もし誰か今の私の状態を知ることができるとするなら彼以外にはないだろうと思ったので、彼のそばに立っていました。そして肘で彼の横腹をそっと押し続けましたが、彼は全く気がつきませんでした、彼は葬儀をそのまま続けました。

私は数週間家の周りをうろついていたに違いありません。

 

       スピリチュアリズム普及会 第一公式サイトより

 ****************************************************************************************************                                 

                      普及会の許可をえて転載しています。

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

 

第14章 実在に目覚めたスピリットからの助言

 

・スピリットの語る「死後」の世界

死後順調に目覚めて向上し、人類の啓発の為に役立ちたいという願望のもとに、我々のサークル活動に協力しているスピリットが数多く出現して、生命の実相と死後の世界について語ってくれている。

 

かつては、メゾジスト派の牧師で、その後我々のサークルの一員として、娘さんと共に出席しておられたイェイツ氏が、死後僅か五日後に出現し、さらに数ヶ月後にもう一度出現して語ってくれた。以下は、その時の記録である。

 

 

1920年10月27日

スピリット=ウィリアム・イェイツ

 

 

「また参りました。もっとも、この場にはしばしば来ておいります。誰だお分かりでしょうか。ドクター・イェイツです。

今夜はこうして皆さんと対座してお話が出来ることを、大変嬉しく思います。それに何よりも、このサークルがずっと活動をずっと活動を続けておられることが有り難いです。招霊会が開かれる時は必ず来ております。今夜も、勉強の為に、大勢のスピリツトを連れて来ております。その賑やかな情況をお見せしたいくらいです。

 

地上の人間にとって、生命とは何かということは大変な問題です。そのことを勉強し物質に宿っての存在について学んでくださると有難いのですが・・・。肉体を離れたこちらへ来るスピリットの多くが、無知の暗黒の中へ入ってしまうのは残念なことです。信仰心しか持たないから、そういうことになるのです。神を賛美し、歌い、そして祈ることばかりしております。近づこうにも近づけません。

 

地球を取り巻くように存在する物的波動のエーテルの界層は、「自縛霊」と呼ばれるスピリットの住む暗黒の世界です。利己主義と無知が生み出す暗黒です。そこから脱け出すには霊的理解力(悟り)が芽生えて、霊的視力が使えるようにならなければならないのですが,その為にはまず、生命の実相について知り、自分の幸せだけを求める信仰を捨てなくてはなりません。

その種のスピリットは、地上時代に人の為に汗や涙を流すことがなかった者たちです。「人の為」ということがどうゆうことであるかを知らないまま、自分の為にだけ生きてきました。自分以外の人ことを考えるまで霊性が発達していないのです。

その暗黒界の様相は、実際に見て頂く他はありません。私は二人の親戚のものに案内してもらったのですが、自殺者ばかりが集まっている境涯狂信者が通う教会ばかりが立ち並ぶ境涯、スラム街、拝金主義者ばかりの街などなど、それはそれは凄絶なを極めております。しかし、その事実自体も問題ですが、もっと問題なのはそうした境涯のスピリットの出す波動が、地上の類似した人間の波動と合致して、生活を破綻に追いやっている現実です。

 

このように、地球のすぐ回りに無知の世界が存在し、死後そこで目を覚ます者が多いのです。どんなに善人であっても、どんなに真面目な人生を送っていても、ただこれだけでは十分ではありません。死後の世界についての知識がないと、目覚めたあとしばらくは暗闇の中にいます。その後、いつ霊的覚醒が訪れるかは、その人が地上で悟った(霊性)の程度(霊格)いかんによります。

 

不思議なのは、地上生活において他人の為に役立つことをしたその行為によって、死後に落ち着く家と環境が築かれているということです。当然、清らかな人生を送った人には清らかな環境が待ち受けておりますが、先ほど申したとおり、霊的摂理についての知識にか欠けていると、すぐにそこえ行き着くことが出来ずに、いわば、道に迷ってしまうことがあるのです。

面白いことに、自分のことしか考えない人生を送った人の霊界の家は、自分一人がやっと入れるような、小さな、ケチ臭い形をしております。連れ添う人も見当たらず、自分一人の侘しい環境の中に自分を見出すことになわけです。そうした侘しさに耐え切れなくなって、神に救いを求めるようになった時こそ、向上のチャンスの到来です。高級霊の手配によって、まず地上時代の利己的な生き方が生み出した結果を見せつけられ、良心の呵責を覚え始めます。自分が害を及ぼした相手がまだ地上にいる場合は、その人の背後霊の一人として、その償いが済むまで援助してやらねばなりません。既に他界している場合は、そのスピリットを探し求めて、何らかの形で償いをしなくてはなりません。そうした段階を経てようやく、もう一段上の階層へと向上していくことになります信仰というものは、何の役にも立ちません。大切なのは行為です。地上にいる間に霊的存在として為すべきことを実行し、そして神が創造なされたこの森羅万象の不思議さに目覚めなくてはいけません存在の全てが神なのです。あなた方人間も、神の創造物の一つであり、花もそうであり、動物もそうです。そうした神の顕現を嵩めずして何を嵩めるのでしょう。我々は、神という存在のまっただ中にいるのです。

 

宗教的ドグマと信仰を携えて霊界入りしたスピリットは,相も変わらず神を讃える歌を歌うばかりの生活に明け暮れており、「自分とは何なのか」「いずこより来ていずこに行くのか」「真実の生命は一体どこにあるのか」といった疑問を抱くことがありません。霊的に居眠りの状態にあるのです。その大半が未だ地上にいるつもりで、歌い、そして、祈るばかりです。かつての家族や友人が見当たらなくなったことになんの不審も抱きません。

そうしたことを、私はこちらへきて二、三ヶ月して知りました。私にも住居があります。親戚も友人もいますが、地上時代とまるで違います。私よりずっと早く他界したのに,未だに死んだことに気づかず、暗闇の中での生活している者が大勢いますそういう人をなんとか救ってあげないといけないのです。

 

今夜は、こうして皆さんと一緒に時を過ごすことが出来て、嬉しく思います。この仕事は,是非とも続けてください。皆さんの目には見えないかも知れませんが、毎回この部屋には、精神的に自由を奪われたスピリットや無知なスピリットが大勢連れてこられて勉強してます。

 

地上人類は、これから暫く困難な時代へに入るでしょうこれまでの罪悪と利己主義がその困難を生み出すのです。現代人はお金と我欲の為にのみ生きております。いつかはその生活概念を変えなければならなくなるでしょう。平和は、その後になります。今はまだ、お互いが闘争状態にあります。人間が最も控えねばならないのは、取り越し苦労です。不安を抱くと、オーラが不安の波動に包まれます。内部に神性が宿ることを自覚して、自信を持つことです。人格を備えた神ではなく大宇宙の根元である生命体としての神の力、創造力、愛の力が宿るということを自覚して、不安を追い払うのです

 例えば、スピリットに憑依されるのではないかと不安が生じた場合は、「自分は自分の身体の主なのだー他の何者にも入らせないぞ」と自分に言い聞かせて、それを何度も繰り返すのです。そのうち霊的な力が湧き出て、それが身を守るようになります。それと同時に、邪心や悪感情を心に宿さないようにすることも大切です。(ウィックランド博士に向かって先生、妻と相談の上、私の葬儀をパーティーにしてくださったことにお礼申し上げます。あれを葬儀だと思った人は、まずいないと思います。まさしくパーティーでした。。私はずっとあの場にいました。皆さんに黒い喪服でなく、明るい白の衣服を着てくるようにお願いしてくださったことにも感謝いたします。

これからの葬儀はすべて、あのようであってほしいと思います。喪の悲しみの念は、スピリットに余計な悲しみと苦しみと陰鬱さを呼び寄せます。その陰鬱さから、何年も抜け出せないでいるスピリットが大勢いるのです。 では、この辺りで失礼します」

 

             迷える霊との対話

 ****************************************************************************************************

 参考、

  ウィックランド博士はシルバーバーチの交霊会にもたびたび招待されている。

 

                                  蒼氓。

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

 

実在に目覚めた霊からの助言

 

       妻の背後霊が語る「生命の実相

 

かなり以前の話になるが、妻の親友にラックマンドという女性がいて、その人の子供が、生後二年半で発作を起こして精薄児になってしまった。

霊感の鋭かったラックマンド夫人は、それがスピリットによるものと直感し、妻と共に憑依現象の研究を始めた。

さて、ラックマンド夫人が他界する一年ほど前に、妻との間で一つの約束が出来ていた。それは、どちらが先に死んでも、死後の存続を実証してみせる、ということだった。その約束どおり、夫人は、二週間後の夜に物質化して、妻の枕元に立った。が、その容姿があまりにも地上時代そのままなので、妻は、一瞬それがスピリットであるとは気ずかなかったという。が、夫人がかがみ込んで妻の頬に手を触れた時に、我に返った妻は、「まあ、ラックマンドさん!」と叫んで起き上がった。すると夫人が、

「アンナ、スピリットが地上に戻ってくるのは本当よ。あたしは、これからあなたの霊能を発達させてあげる。招霊会の仕事は続けてね」と言った。

その後、夫人は、交霊会に再び物質化して出現し、前回と同じように「スピリットが戻ってくるのは本当よ。招霊会は続けてね。あたしが、あなたの霊能を発達させてあげる」と述べた。以来ラックマンド夫人は、妻の背後霊団に加わって、おもに身体の保護を担当し、同時に度々出現して語っている。次がその一つである。

 

 

1920年9月29日

スピリット=ラックマンド夫人

 

「地上の人間は、なぜこうも神また生命について正しく理解しないのでしょうか。やたらに神という言葉を口にしないで、或いは自分で為すべきことを神にお願いしないで、神とは「理解」という名の光であることを知るべきです。そう理解すれば、利己主義も、取り越し苦労も、争いごともなくなるはずです。

 

例えば、拝金主義がなくなるでしょう。金さえあれば幸せになるかに考えるようですが、そもそも幸せとは何かをご存知ありません。買いたいものが買え、食べたいものが食べられ、飲みたいものが飲める程度が幸せと考えて、その為に先立つものは金と考えるようですが、そうなることは身体の健康にとっては害にしかならないことを知りません。人類が進歩すれば、大自然に顕現している驚異的な神の御業を理解することこそ、幸せの道であることを悟るようになるでしょう。花の一つ一つが、神の顕現なのです、花の香りも神の顕現なのです。神がその存在を知らしめる為に発散なさっているのです。手で触れなくても、その美しい花から輝き出る(と私は言いたい)香りを通して、神の存在を知ることが出来るのです。たとえ目には見えなくとも、分かります。大気中に広がっているからです。

花の一つ一つが、神の御業です。同じものが人間にこしらえますか。絵の具で同じ色が描けますか。あの香りが出せますか。それにまた、なぜ品種ごとに個性のある花を咲かせて、なぜゴチャゴチャにならないのでしょうか。赤い花が、なぜ緑色になったりしないのでしょうか。

 

花や植物の世界から動物への世界を見てきますと、男と女の世界に見られないもの、すなわち絶対的忠誠心ともいうべきものがあることが分かります。

人類は万物の霊長であるべきところを、懐疑心と教義によって、雁字搦めにされております。自分を聖なるものと信じている人が多いようですが、勝手にそう思っているだけです。

日常生活において、それに相応し努力はしておりません。

日曜日に教会へ行き、神へ祈り、「あなたに忠実に生きております」と申し上げながら、教会に通わない人のことを悪い様に言います。本当は、その人たちの方が自分に正直に生きている場合があるのです。その意味では、神におべっかばかり言っているクリスチャンよりも、よほど真摯に生きております。

人間に憑依する自縛霊は、いわば人工の「悪魔」です。利己心がそういうものを生み出しているのです。生命の実相を知らないまま肉体から離れた後、地上時代に信仰していたことと何もかも違うことを知って戸惑い、挫折し、憎しみを抱き、彷徨して歩いているうちに、同じ波長の人間に憑依してしまうのです。

 

その種のスピリットには気をつけないといけません。精神病の研究に熱心に取り組んでいるようですが、肝心の霊的原因を知らずにいます。霊的実相を知らないまま彷徨っている自縛霊の憑依が全ての原因なのです。そのことを知らずに、精神病者はすぐに隔離されますが、モルヒネを打たれて閉じ込められるだけのことで、他の人間に害を及ぼさないことになっても、本人には何の意味もありません。

ラックマンドでした。失礼します」

 

        迷える霊(スピリット)との対話

       スピリチュアル・カウセリングによる精神病治療の30年

        カール・A.ウィックランド(著)近藤千雄(翻訳)

 ****************************************************************************************************

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

 

 

 

 

 

 

迷える霊(スピリット)との対話ースピリチュアル・カウンセリングによる精神病治療の30年 C.A.ウィックランド (著)近藤千雄(翻訳)

 

事実というものは頑固であるーー米国の医学博士が30年にわたって実際に行った精神病治療のプロセスを通し、スピリチュアルリズムよる病気の治療とヒーリングの効果を科学的に実証していった貴重かつ希有な真実の記録。

 

スピリチュアリズム史上、これほどまでに学術的な記録を私は他に知らない。その価値と重要性はこれからも永久に失われることはないだろう」ーー近藤千雄

 

本書を世に出すに当たって、著者の私には主義・主張や信仰上の説を広めようとする意図は、さらさらない。

 

三十余年にわたって、正常・異常の両方の心理学を実験・研究してきた成果と、そこから引き出される見解を疲労しようとするものである。

それが、とかく曖昧である死後の生命と、それが現実の生活に関わっている側面に光を当てることになると思うからであり、良識ある人ならばきっと、その重大性を認識されるものと確信する。

 

*****************************************************************************************************

 

 

 

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

 

 

 

 

「人間の魂は居眠りをしております」

 

大部分の人間の魂は居眠りをしております

活動していないということです。

内在する神性の火花を煽(あお)らないことには、魂に啓発は出来ないのです。

その点火の触媒になるのが、危機的体験、悲しみであり、別離であり、病気なのです。

人生は相対性の原理で出来上がっております。

スペクトルの両極、コインの両面、あなた方人間が”善”と呼んでいるものと”悪”と呼んでいるもの、という具合です。

いかなる経験にも、魂を目覚めさす上で役立つものを含んでおります。

バラ色の人生ではダメなのです。

 

先ほど述べたような触媒によって、魂の琴線に触れるところまで行かないとダメなのです。 

       

      シルバーバーチ霊訓(十一)

 

 

*****************************************************************************************************

メッセージ、

   霊性成長に関する摂理。霊主肉従の自己コントロールを。

        霊主肉従=利他的思いが湧き上がってくる。

        肉主霊従=利己的な思いが湧き上がってくる。

  くわしくは、

スピリチュアル・リズムブックス弟2章 霊的真理の実践内容。(霊的人生の実際)

***************************************************************************************************

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain

「私の名はシルバーバーチではありません。これは私がバイブレーションを下げて地上世界とコンタクトを可能にしてくれる一種の変圧器の役目をしている、かつてインディアンだった霊の名前です」

 

いずれにせよ、名前はどうでもよいことです、私しに関する限り名前は何の価値もありません。

 

これまで一度も地上時代の名を明かしたことがありません地上時代の私はインディアンではありません。

 

このインディアンより遥か古い時代の別の民族の者です。

 

霊的進化の末に二度と地上世界に戻ってくる必要のない段階にまで到達いたしました。

 

霊界の上層部には"神庁”と呼ぶべきものが存在します。それに所属するのは格別に進化を遂げた霊、高級神霊です。その仕事は立案された創造進化の計画を円満に進展させることです。

 

その神庁からお呼びが掛かり、これまでの進化で私が得たものを一時お預けにして、可能な限り地上圏に近付き、その高級霊メッセンジャーとして働いてくれないか要請を受けたのです。

 

私の役目はその指導霊達の教えを取り次ぎ、一人でも多くの受け入れる用意の出来た人間にお届けすることです。

 

私は喜んでその要請をお引き受けしました、それが半世紀近くにわたって携えてきた私の使命だったのです。

 

 

        シルバーバーチ霊訓(12)落穂集

***************************************************************************************************** 

備考、

あまりにも、意識が高いので、霊界の上段階の審神者(さにわ)を使っておろしたのです、いかにスバラシイカお解かりですか。     

                                                                                                                         蒼氓。

*****************************************************************************************************

 

 残った命、人のために

よど号」拘束経て決意。 

 

 

7月18日 聖路加国際病院名誉院長、105歳

日野原重明さんがあの世え帰られました。

 

*****************************************************************************************************

 

再期の自分の生涯を顧みて、自らが生まれてこうなったことは意味があると考えられるように、今日を生きることである。

 

しかし何より大切なのは、生きることについて、これまで以上の「深さ」を求めることではないだろうか。

 

自分のためにではなく、人のために生きようとするとき、その人はもはや孤独ではない。

 

 

  日野原重明名言集103歳になってわかったことより。

 

f:id:muratakazuhiko:20151130123509j:plain